1万円台の激安ロボット掃除機でも超便利で好コスパ

NISA

iDeCo・NISA・年金

保険商品は強制換金で元本割れリスクが高い?~SBI証券iDeCoが保有数量通知を開始

iDeCo商品ラインナップが35本に制限されたことで、SBI証券では29本の商品が除外・強制換金される。そして基準となる2018年4月末時点の保有数量通知が始まった。保険商品は拠出が近い保有分に元本割れリスクが高い旨の注意喚起がされている。
2019.04.19
iDeCo・NISA・年金

楽天証券のつみたてNISAで毎日購入し楽天スーパーポイントを大量ゲット

楽天証券では、自動スイープ機能のマネーブリッジを設定し投信購入資金が引き落とされると楽天SPを貰える。尤も、大量にポイントをゲット可能な毎日積立はつみたてNISAでのみ設定可能。そこで、SBI証券から楽天証券にNISA口座を移した。
2019.06.14
iDeCo・NISA・年金

SBI証券の一般NISAから楽天証券のつみたてNISAに引っ越し手続き

非課税期間が短い一般NISAからつみたてNISAへ変更するのに伴い、NISA開設金融機関をSBI証券⇒楽天証券に変更。変更に必要な勘定廃止通知書を入手するには2~3週間必要なので早めの手続きが吉。手続き完了前に翌年分で買うと変更できなくなる。
2019.06.14
iDeCo・NISA・年金

専業主婦・パート主婦はiDeCoよりもつみたてNISAを第一に活用する

課税所得の無い専業主婦やパート主婦には、資金を拠出する際の税制メリットがないiDeCoよりもつみたてNISAがおススメ。更に、世帯主の男性よりも離婚時に目先の資金に困りやすい主婦には、iDeCoの60歳まで引き出し不可が大きなデメリット。
2019.04.25
iDeCo・NISA・年金

非課税期間が年内いっぱいなのでNISA口座のタイ株ETFを徐々に売却

2014年から従来型NISAで購入してきたタイ株ETFを順次売っている。2015年以降購入分はまだ大丈夫なものの、2014年購入分は今年末で売却益非課税期間が終了するので。世界的な株価急落前にほぼ売ったため、今後は特定口座で拾うつもり。
2019.01.29
iDeCo・NISA・年金

NISA口座開設済でも新規購入できない?~再開設が必要の場合がある

2017年9月までにNSIA口座を開設している金融機関にマイナンバーを届け出ていない場合、2018年に入り新規に買付できない。こうなった原因は継ぎはぎだらけのNISA関連法案。再度取引するには、NSIA口座を再開設する必要がある。
2019.03.20
iDeCo・NISA・年金

【NISA再警告】2018年もNISA購入継続にはマイナンバー提出が条件

NISAを利用している場合に来年以降も継続して利用するためには、9月末までにマイナンバーを提出している必要がある。もし、提出しなければ再提出が必要になる。積立NISAに移る場合も必要なる。どっちにしても必要ならすぐにやった方がいい。
2019.01.23
iDeCo・NISA・年金

マイナンバーを登録しないと2018年のNISA枠が失効する!

NISAを開設していて、来年以降もNISAでの買い付けを予定している場合は、2017年9月末までにマイナンバーカードをNISA開設済み金融機関に提出しないとNISAが失効してしまう。早めの手続きが吉。
2019.01.22