有吉ゼミ家を買うで登場した物件一覧はこちら

iDeCo

iDeCo・NISA・年金

高過ぎる信託報酬を払っているSBI証券iDeCo契約者が多く勿体ない

SBI証券のiDeCoオリジナルプランでは、同一ベンチマーク外国株インデックスファンドなのに信託報酬水準に大きな差のある商品がラインナップ。年率0.7%以上も違うので早めの乗り換えを推奨。
iDeCo・NISA・年金

iDeCo新規拠出分は全額先進国株インデックス投信に突っ込み中

iDeCo(イデコ)への拠出金は全額海外株インデックス投信にぶち込み中。そのためiDeCo資産に占める海外株投信の割合が80%を超えてきた。それでも受け取り年齢に達するにはまだ10年以上あるので暴落しても戻ると信じてぶち込む予定。
iDeCo・NISA・年金

満額拠出を続けるとiDeCoの一括受け取り時非課税枠を早晩超える

iDeCoには様々な税制優遇がある。但し調子に乗って限度額いっぱいまで拠出してきたため、早晩受け取り時の非課税枠を超えてしまうことに。このまま満額拠出を続けるか、ぎりぎりまで拠出して最低金額に引き下げるか、併給を活用するかなど悩み中。
iDeCo・NISA・年金

預金保険限度額にはiDeCoや企業型DCの定期預金、財形預金等も含む

iDeCoや企業型DCなど確定拠出年金に加入している人が増えている。運用商品ラインナップの中には殆ど定期預金があるはず。但しDC定期預金は給振口座や貯蓄用口座・財形預金などDC以外の預金も合算して預金保険の対象なので限度額に注意。
2020.12.11
投資一般

コロナ暴落発生以降の株式等売買記録~二番底に警戒も押したら再度買う?

2020年2月半ばに始まったコロナ大暴落の渦中に内外株式を購入しリスク選好度が上昇。いまのところはたまたま上手くいっているが単なる運。ジャブジャブマネーと実体経済の落ち込みによる綱引きがどうなるか。未来は不確定だが復活を願う。
2020.12.11
iDeCo・NISA・年金

【iDeCo】年金改革法成立も65歳まで全員が加入・掛金拠出できるわけではない

今国会でiDeCoを含む確定拠出年金制度が法改正される見込み。加入・掛金拠出可能年齢引き上げなど制度が拡充される予定。iDeCoは65歳まで掛金拠出が可能になるが、サラリーマン以外は全員が65歳まで掛金拠出できるわけではないので要注意。
2020.12.17
iDeCo・NISA・年金

SBI証券のiDeCoが併給に対応~受け取りは一時金と年金を組み合わせ可能

SBI証券のiDeCoで2020年3月に受け取りを請求する加入者から、一時金と年金を併用する併給に対応する。一時金と年金のどちらかでは受け取り時に課税される場合でも併給なら課税されない、もしくは税負担を軽減できる可能性がある。
2020.07.29
iDeCo・NISA・年金

SBI証券iDeCo加入者は要確認!商品名がソックリでも信託報酬には0.6%以上の差

SBI証券iDeCoのオリジナルプランには、商品名が激似というか酷似している外国株インデックス投信がある。尤も、この二つの商品は信託報酬が0.5%以上も違うので、その差がそのまま運用成績の差になる。運用期間が長くなれば成績の差も大きくなる。
2020.12.21
iDeCo・NISA・年金

SBI証券のiDeCoで除外予定J-REIT投信が掛け金増加額ランキング2位と3位

確定拠出年金はラインナップが35本に制限されることになり、SBI証券のプランでは29本が除外される。しかし、除外予定なのに加入者による拠出金増加額上位に入っている商品がある。信託報酬も高い商品なのでスイッチングや割り振り変更を推奨。
2020.12.21
iDeCo・NISA・年金

野村アセットがDC向け一部投信の信託報酬引き下げ~ニッセイアセットも引き下げて!

野村アセットがDC向け一部投信の信託報酬引き下げを発表。こうなると益々ニッセイアセットのニッセイDC外国株式インデックスの割高感が目立つ。SBI証券主導で引き下げ交渉をしてほしいところであるも、競争が働かない環境下では困難か?
2020.07.06