iDeCo・NISA・年金

iDeCoのデメリット~損しても課税?脱退不可・特別法人税復活への懸念

強力な税制メリットがあるiDeCoだがデメリットもある。大きいのは中途脱退不可・資産引き出し不可・損しても課税される可能性。あくまでも年金資産形成の手段なので「やーめた」は不可。また儲けではなく受取金に課税なので、損しても課税の可能性あり。
2018.11.27
iDeCo・NISA・年金

iDeCo(個人型確定拠出年金)のメリット~強力な税制優遇制度

上乗せ私的年金の内、2017年1月に大幅に加入者資格が拡大されたiDeCoへの関心が高い。資金拠出時・運用時・受取時の強力な税制優遇に加え、拠出額変更などの自由度の高さが人気の秘密。手数料無料の金融機関なら全額定期預金運用でもメリット。
2018.11.27
iDeCo・NISA・年金

iDeCo拠出金の引き落としをスルガ銀行にしているけど大丈夫かな?

iDeCo加入先をスルガ銀行からSBI証券に変更しても、拠出金引き落とし銀行はスルガ銀行のまま。加入先を変更し資産を移換しても銀行は変更の必要なし。しかし、スルガ銀行の信用不安が高まる中でそのままにして、まさかの事態に巻き込まれるのも面倒。
2018.11.20
日々のこと

読売新聞を購読中止して年間5万円弱を節約~最大の障壁は猫ピッチャーだった

毎月の固定費削減の一環として新聞を1紙購読取りやめ。対象の読売新聞を止めるための最大の障害がまさかの猫ピッチャーでした。家族は毎週日曜日の猫ピッチャーを楽しみにしていたのです。単行本を全て買い、今後も買うことで購読中止を実現。
2018.12.07
お気に入りのモノ・コト

Googleマップ(無料地図アプリ)とスマホホルダーでカーナビを代替

愛車のカーナビが不調で買い替え検討も高過ぎ。そこで、千円ほどでホルダーを買いスマホで代替してみた。右左折時に方位が滅茶苦茶になることや電池持ちが悪化する問題があるも、たった千円の出費と思えば十分。
2018.12.07
iDeCo・NISA・年金

結局公的年金は損なの?得なの?~年金の基礎を知り将来に備える④

公的年金は将来無くなる、もしくは受取年金額が大幅に減るから保険料を払うのは損と考え滞納するのは早計。確かに支払う保険料を取り戻すには相当長生きしないといけないが、いざという時に障害年金や遺族年金が支給される。滞納していれば受給できないが。
2018.11.27
iDeCo・NISA・年金

サラリーマン以外の私的上乗せ年金~年金の基礎を知り将来に備える③

自営業者などの1号被保険者は、サラリーマンと比較し圧倒的に公的年金の受取額が少なく自助努力が必要。できれば国民年金基金やiDeCoを満額拠出したい。また、隠れた最高の年金は付加年金。ぜひとも加入をおススメ。主婦はiDeCoよりつみたてNISA。
2018.11.27
お気に入りのモノ・コト

Officeの次期バージョンは課金制に移行することがほぼ確定か?

MSのOfficeは旧製品も新製品も同日に延長サポート期限が到来。これが意味するのは同日に課金制モデルへ完全移行するということ。MSの収益には大きく貢献するであろうが、利用者、特に個人には大きな負担。単体ソフトのみなどの低価格プランが欲しい。
2018.12.07
iDeCo・NISA・年金

サラリーマン等が貰える私的上乗せ年金(企業年金)~年金の基礎を知り将来に備える②

サラリーマンや公務員などの2号被保険者は、公的年金の国民年金・厚生年金に加え、福利厚生の一環として独自の私的年金が設置されている場合がある。制度的に企業側が給付年金額に責任を持つ確定給付型、責任を持たない確定拠出型に分かれる。
2018.11.27
iDeCo・NISA・年金

私は何号被保険者?どの公的年金に加入する?~年金の基礎を知り将来に備える①

日本に居住する成人(働いていれば未成年も)公的年金に加入する義務を負う。年金不信は高まるばかりであるも義務となっているので、この際制度をちゃんと理解してお得な制度を見つけるのも手。まずは、公的年金制度の基礎を学ぼう。
2018.11.27