iDeCo・NISA・年金

iDeCo(個人型確定拠出年金)の運営管理機関変更は運がいいとラッキー~手数料・商品で判断

一旦加入したiDeCoの運営管理機関(金融機関)を変更する手続き自体は超簡単。新運管に書類を出すだけ。しかし、新旧運管への手数料支払いが発生し、移換手続き中の相場変動からも隔離される。尤も、高コストの運管に加入中なら変更がおススメ。
iDeCo・NISA・年金

専業主婦・パート主婦はiDeCoよりもつみたてNISAを第一に活用する

課税所得の無い専業主婦やパート主婦には、資金を拠出する際の税制メリットがないiDeCoよりもつみたてNISAがおススメ。更に、世帯主の男性よりも離婚時に目先の資金に困りやすい主婦には、iDeCoの60歳まで引き出し不可が大きなデメリット。
お気に入りのモノ・コト

月刊「磯・投げ情報」が廃刊になっていて凹む~海悠出版が破産してた

温泉地リゾートに移住したら絶対にやりたいのが海釣り。そこで、伊豆の多くの釣り場を紹介している月刊「磯・投げ情報」を書店で立ち読み。しかし、書店の店頭から消えた後に発見したのは廃刊と出版社破産の事実。微力ながら定期購読していれば良かった...
2018.11.19
投資一般

GMOあおぞらネット銀行の口座を開設~高金利を享受しつつ少しはペイオフ対策

GMOあおぞらネット銀行の口座を開設。主目的は高金利を享受しつつのペイオフ対策。但し弱点も。決定的なのは、他ネット銀行と違いグループ外証券へのリアルタイム入金に対応していないこと。2019年からステージ制導入で簡単に3回まで振込手数料が無料に。
iDeCo・NISA・年金

iDeCo+(プラス)は勤務先が掛け金を上乗せ拠出してくれるお得な制度

勤務先に全く企業年金が無く、従業員数が100人以下などの条件を満たす場合、自らの掛け金に企業による上乗せ拠出可能な制度がiDeCo+。条件はいくつかあるが、企業にとっては手薄な福利厚生制度を拡充でき、従業員も上乗せ年金を得られる。
iDeCo・NISA・年金

マッチング拠出とは?前払い退職金とDC拠出の選択性への対処方法

企業によっては、企業型DCに企業からの拠出金だけでなく、従業員負担で拠出するマッチング拠出制度を設けているケースがある。また前払い退職金制度との選択制の場合も。税制上はマッチング拠出有利も、退職後のライフスタイルを考慮し選択するのがいい。
お気に入りのモノ・コト

「足踏み(足ツボ)マット・青竹踏みが頻尿に効く」を信じ試してみた

歳をとり、夜中にトイレに起きる頻尿が気になりだした。たまたまTVを見ると、足踏みマットが頻尿に効くとの特集。早速購入し試すも効果はまだ不明。しかし、足つぼマッサージ効果もあり、血行が良くなり冷え性対策になった。
2018.12.07
iDeCo・NISA・年金

iDeCoの拠出限度額一覧~サラリーマン(2号被保険者)は複雑

1号・3号被保険者のiDeCo拠出限度額はシンプル。しかし、2号被保険者は勤務先の企業年金の有無により複雑。勤務先に企業型DCがあっても、規約の内容によっては重複してiDeCoに加入できる場合がある。
2018.11.27
iDeCo・NISA・年金

確定拠出年金(DC)の企業型・個人型(iDeCo)間の違いと退職時DC資産の取り扱い

同じDC(確定拠出型年金)でも、企業型と個人型(iDeCo)では制度や拠出限度額などが大きく違う。また、企業型DC加入者が退職した際のDC資産を移換する場合は、退職後の勤務形態や新会社の年金制度により移管金の扱いが異なり面倒。
2018.11.27
日々のこと

生命保険を解約しても、解約前に払い込んだ保険料はその年の生命保険料控除対象

生命保険料控除は既に解約していても、払い込んだ分は生命保険料控除の対象となる。解約したことで新たに生命保険料控除をあてにする場合は、解約・新規契約した年は十分に生命保険料控除のメリットを享受できない場合があり要注意。
2018.11.27