確定申告・税金・国保

確定申告など

確定申告・税金・国保

確定申告~Reader’s Card(リーダーズカード)で国税を支払うなら日曜日がお得

2017年からクレカで国税支払いが可能になっているが、ネックは税抜き0.76%程度の手数料がかかること。但し還元率がそれ以上のクレカで支払えば儲けが発生。2019年3月までは日曜日にジャックスのリーダーズカードで支払えば実質0.79%還元。
2019.02.25
確定申告・税金・国保

無職を卒業!開業届・青色申告承認申請書を提出し個人事業主(ブロガー)になった

税務署に開業届を提出し、長年の無職生活を遂に卒業。同時に青色申告承認申請書も提出。これからはWEBサイト運営業の個人事業主。青色申告が認められるように、ある程度の事業規模と継続性を得られるようにしたい。
2019.02.25
確定申告・税金・国保

【NTT ACR39】マイナンバーカードが認識しない?カードリーダーに挿す向きに注意

確定申告をe-Taxで行うには、ID・パスワード方式もあるが一部機能に制限がある。フルに利用するにはマイナンバー方式が必須。比較的安価な接触型ICカードリーダーを使用する際は、マイナンバーカードを入れる向きを間違えると認識しないので注意。
2019.03.20
確定申告・税金・国保

初めてe-Taxで確定申告ならマイナンバーカード方式よりID・パスワード方式がお手軽な理由

今年からe-Taxを利用した確定申告はマイナンバー方式に加えて、ID・パスワード方式も可能に。更にID・パスワード方式ならスマホからでも可能。電子証明書の有効期限を気にする必要も無くお手軽。引っ越しても引き続きそのまま使えます。
2019.02.15
確定申告・税金・国保

e-Taxで使うマイナンバーカードの署名用電子証明書は引っ越すと失効【確定申告】

マイナンバー方式でe-Taxを利用するには、マイナンバーカードとカード内に2種類の電子証明書の格納が必要。但し、その内の署名用電子証明書は引っ越しすると失効し再設定は原則本人しかできない。確定申告の締め切り間際に慌てないよう早めに再設定しよう。
2019.02.15
確定申告・税金・国保

確定申告をマイナンバー方式e-Taxで行う際の利用可能ブラウザはIEのみ

確定申告書をPCで作成し、マイナンバー認証方式を利用するe-Taxで提出する際に利用可能なブラウザはInternet Exploreのみ。MSの主力はEdgeに移行しPCブラウザシェアNo.1はChromeも、お役所の都合らしい。
2019.02.15
確定申告・税金・国保

不本意だが損出しクロスで税金を取り戻す~特定口座の税金支払いはゼロに

10月以降の内外株式相場の大幅下落を受け、評価損を抱える銘柄が増えてきた。そこで、思い切って損出しクロス取引を実施。特定口座は若干のマイナスで着地の予定。クロス取引に関しては仮装売買を疑われないよう慎重なオペレーションが必要なので要注意。
2019.02.15
確定申告・税金・国保

ブログ収入の税金・国保税負担軽減のため開業届と青色申告承認申請書提出を検討

株式先物取引で所得控除を使い切ることに加え、国保税に関しては基礎控除以外所得控除されず負担が重い。そこで、ブログ関連収入に関して青色申告を検討中。税金・国保税いずれも65万円の所得控除を適用できるのが魅力。尤も、複式簿記など手間もかかる。
2019.02.05
確定申告・税金・国保

受取配当金と株式譲渡益の住民税申告不要書類を自治体に提出してきた

2017年分から株式譲渡益・受取配当金の所得税・住民税で異なる課税方式を選択可能であることが明文化された。早速受取配当金を所得税は総合課税、住民税は申告不要で申告した。添付書類も最小限でとても簡単。ぜひおすすめします。
2019.02.15
確定申告・税金・国保

住民税で上場株式の譲渡・配当所得を申告不要にする際は一部口座のみでも可能

株式配当金・譲渡益を所得税・住民税で異なる課税方式とすることが可能と明確化された。国保税負担の増加を気にせず、配当控除を活用できる。更に、複数の特定口座を開設済なら一部の特定口座分のみ申告することや、住民税の申告不要を一部にすることも可能。
2019.02.02