1万円台の激安ロボット掃除機に大満足

老眼の進行に対抗しスマホのフォントを大きくしたら結構快適

eye

私はアラフィフ。
そして加齢に伴い困っているのが老眼の進行。
本を読んだりスマホを使う際に結構厳しい…
緑内障や飛蚊症まで発症してるし…

40代で緑内障になった~欠けた視野の回復は不可能で完治しないことに凹む
緑内障になった。最初は近視と乱視を矯正している度数が合わなくなったのかもと感じたが、実際は視野が欠けていた。老眼が進行しても離れたものは見えるので、手元以外でも見え方に違和感があれば眼科の受診をおススメします。
緑内障に加えて飛蚊症まで発症~目の病気は恐いし生活が不便になる
緑内障に加えて飛蚊症も発症。重大な病気が原因ではなく加齢によるものだけどやはり凹む。これから先ずっと病気と共存していくことが決まり気が滅入るが、これ以上症状が進行しないように気を付けていくしかない。

そのため最近は本をほぼAmazonキンドルで読むようになりました。
フォントサイズを変更できるのでとても読みやすい。

やはり老眼が進行し本を読む習慣が無くなってきた実家の親にもプレゼント。
本屋に行かずとも欲しい本を買えることもありとても喜んでくれました。
キンドルは家に本が溜まってしまうことを防止できるのがメリットですが、私のように老眼で本を読みにくくなった人にこそおススメのアイテム。

老眼の進行度に合わせてフォントサイズを変更可能だよ

Amazonでは度々実施されるセールに加え、夏のプライムデーセールや冬のサイバーマンデーセール・ブラックフライデーセールで大幅に値引きされることが多いのでセール時に買うのがおススメ。

Kindle Paperwhite 防水機能搭載 wifi 8GB ブラック 広告つき 電子書籍リーダー
Amazon
¥13,980(2021/03/10 11:32時点)
読書のための専用端末 - e-inkディスプレイで、紙のように読みやすい。直接目を照らさないフロントライト方式だから、目に優しく、長時間の読書でも疲れにくい。本数千冊(一般的な書籍の場合)がこの一台に

つい最近あることに気付きました。
「スマホもフォントを大きく出来るのでは?」
です。
「キンドルと同じデジタルデバイスなのだから出来るはず」
と。

試したところ超簡単に出来ました。
何故今までやってこなかったのか…

気付くの遅すぎない?

ちなみに下記の方法は私の愛機シャープAQUOS Sense3(SH-M12)の場合。
AndroidのOSバージョンは10。
尤もAndroidなら他機種でもほぼ同じでしょう。

設定⇒ディスプレイ⇒詳細設定⇒文字フォント設定⇒フォントサイズです。

font

4段階の内でデフォルトは小さい方から2番目。
私は小さい方から3番目の「大」にしてみました。
アプリによってフォントが拡大されるものとされない場合があるものの、よく使うアプリは殆どが拡大されるので結構快適に。

早く大きくすればよかった…

更に画面背景を上記画像の通り黒くしてみました。
白だと輝度にもよりますが眩しく感じてきたので…
前掲設定のディスプレイで「ダークテーマ」を有効にすればO.K.
但しダークテーマにすると、LINEのトーク背景の様に一部自由に設定できない場合もあるのでご用心。

なおiphoneの場合はフォントサイズを変えなくても太字にする(ゴシックぽく?)だけでも大分読みやすくなります。

フォントを大きくすると1画面の情報量は少なくなるからこれもあり

老眼は誰もが避けて通れない現象。
使えるものは工夫しながら使い倒して便利に使っていきたいものです。