1万円台の激安ロボット掃除機に大満足

税金や国保はaupayのスマホコード決済が安心でお得~対応していれば

mobiletax

税金や国保はスマホコード決済で支払う

支払いたくないけど支払わざるを得ないのが税金や国保保険料(国民健康保険税)。
どうせ支払わざるを得ないなら少しでもお得に支払いたい。
そう考えて私は住民税や国保等の支払は可能な限り当初Yahoo!公金決済、その後はクレカチャージしたnanacoで支払ってきました。

少しでも負担を減らしたい

但し、
Yahoo!公金決済は手数料率が高く、下手するとクレカの還元率を上回ってしまう
nanaco支払いはnanacoへのクレカチャージで次々とポイント還元対象外に、更には還元ポイント数に上限設定や登録可能クレカの制限
等により、お得度がどんどん薄れてきました…

nanacoクレカチャージ新規登録はセブンカードのみに~クレカ有効期限到来で強制終了
2020年3月12日より、nanacoにクレカチャージするための事前登録可能なクレカはセブンカードのみになる。チャージ手段は沢山あった方が便利なのに、門戸を狭くする理由がよくわからず。セブンカードの発行が増えるかも未知数。
リクルートカードを使った電子マネーのクレカチャージも遂に改悪
楽天カード、Yahoo! JAPANカード(JCB)に続いてリクルートカードもnanacoをはじめとする電子マネーチャージのポイント付与制度を改悪する。尤も、月間3万円まではこれまで通り1.2%を還元してくれるので、十分に太っ腹だと感じます。

そうした中で最近気付いたのがスマホのコード決済を利用した請求書支払いの方法。
○○payのアプリで請求書のコードを読み取りアプリを介して支払う方法です。
Yahoo!公金決済と違い手数料が不要、というか逆にポイント還元(チャージ時に還元を含む)してくれます。

aupayが対応していれば安心でお得

aupayが安心だけど対応自治体がまだ少ない

○○payのサービスは乱立気味ながら、請求書支払いに対応しているpayはそれ程多くありません。
paypayやLINEpay、aupayといったところ。

この内で対応している自治体が多いのはpaypayとLINEpay。
都内の自治体も多くが対応済み。
但しこの二つのアプリは起源が日本ではないため、特に金融サービスで使うにはセキュリティが不安…
そのため私は利用していません。
尤も既に利用しているなら対応自治体が多いので便利でしょう。

この二つは対応自治体獲得がとても先行してるよ

なおpaypayではpaypay残高からの支払になり還元率は0.5~1.5%(基本は0.5%)。
LINEpayではLINEpay残高 or VISA LINE payカードのチャージ&ペイ。
但しLINEpay残高からの支払ではポイント還元されないので要注意!

となるとaupayですが後発なためか対応している自治体がとても少ない…
少しずつ増えてはいるものの残念ながら私の居住地は未だ対応せず…
なおaupay請求書払い詳細対応先はaupayのそれぞれのサイトをご参照。

対応先紹介ページでは週明け毎に新たな対応自治体を追加公表しているみたい

aupayでの請求書支払いなら決済上限額も数十万円と大きいですし、後記の通りクレカチャージでのポイント還元もありお得。

税金以外の各種利用料支払いに使える場合もあるよ

aupayの請求書支払い

aupayで請求書支払いをすると決済額の0.5%をPontaで還元してくれます。
還元されたPontaを残高にチャージすることで次回の支払いにも使えるのが便利。

還元率を上げるにはクレカチャージが必須。
但し全てのクレカでチャージできるわけではない&ポイント還元対象外のクレカがあるので要注意。
マスターカード&アメックスは原則チャージ可能ですが、その他のブランドではチャージ不可のクレカもあります。
詳細はaupayのサイトで。

最近はマスターカードの使い勝手がいいような?
米マスターカード株式保有者としても嬉しい!

また高還元(1.2%)で有名なリクルートカードは還元対象外のようです。
一方で1%還元のaupayカードや楽天カード(マスター)、Amazonマスターカード等は還元対象。

私の居住地はaupayでの住民税・国保の請求書支払い対象外ですが、先月からaupayで最大20%還元キャンペーンを実施していることもあり試しにaupayを利用。
Amazonマスターカードでクレカチャージしたところ、翌月に無事1%分のAmazonポイントが付与されました。

Amazonマスターカードをゴールドにアップグレード~年会費は初年度から4,400円
Amazonマスターカードをクラシックからゴールドにアップグレードした。リボの毎月支払額を利用限度額まで引き上げて実質1回払いとし、ウエブ明細サービスを併用すれば年会費は4,400円。クラシックカード保有+Prime会員費用より安い。

早く私の居住地も対応してくれると嬉しい。
それまではnanacoでの支払い&現金併用を続ける予定です。