1万円台の激安ロボット掃除機に大満足

首都高は割引制度が殆どなく残念~ハイウエイカードや前払いはお得だった

sad

だいぶ快適になってきた首都高速道路

東京を中心に整備されている高速道路が首都高速道路。
略して首都高。
前回1964年の東京オリンピック開催にあわせて大急ぎで作り始め、今では総延長距離が327㎞にも及ぶというから驚き。

以前は渋滞が酷く首都低速道路などと揶揄されたことも…
しかし現在ではETCが普及し中央環状線や外環道などが整備されたこともあり、だいぶ快適になってきました。
私も時々利用しています。

使い易くお得な割引制度が無い首都高

割引制度が豊富な高速道路

ETCを利用することを前提に、東名高速や東北道などの高速道路を走行すると色々な割引を受けられます。
曜日を関係なしに深夜割引。
平日は平日朝夕割引。
土日などは休日割引など。

私はほぼ週末や連休などしか遠出をしないのでよく使うのは休日割引。
30%も割り引いてくれるので有難い!
難点は首都高に接続する都市部などは割引対象外であること。
東名なら東京-厚木間、中央道なら高井戸-八王子JCT、他に第三京浜や京葉道路などが割引対象外…

都市部ほど一般道から高速に誘導して優遇したほうがいいと思うけど…

加えて嬉しいのがマイレージサービス
ETCを使い支払った高速料金に応じてマイル(ポイント)が貯まり、そのポイントを次回以降高速料金に充当できる還元額に交換できる制度。

東名などは10円⇒1ポイント。
1、000ポイント⇒500円、3,000ポイント⇒2,500円、5,000ポイント⇒5,000円分に。
沢山貯めて一気に交換するのがお得ですがポイントには有効期限があり、且つ合算できる高速道路に制限があるので要注意。

最短1年で失効するよ…

使い易い割引制度が殆ど無い首都高

一方でとても残念なのが首都高。
企業や個人事業主等の大口需要者向けコーポレートカードならいつでも最大20%割引になるものの、一般個人向けには無し。
イオン提携のイオン首都高カードを作成しても日曜日のみに20%の割引とかなりショボい内容…

日曜日は滅多に首都高使わないし…

マイレージサービスにも不参加…

せめてマイレージ制度を導入してよ!

スポンサーリンク

ハイウエイカードや前払い制度は超お得だった

30代前半くらいまでの方々は知らないかもしれませんが、ETCが普及する前にはとてもお得な支払い方法がありました。
それがハイウエイカードというプリペイドカード。

通行料金の支払のみに使えるプリペイドカードで券種は3,000円~50,000円。
凄いのがオマケ。
50,000円券ならオマケが8,000円分。
つまり5万円で5万8千円分使えたのです。
ボーナスが出たら真っ先に買ってました…

金券ショップで大人気だったよ

ハイウエイカードのメリットは他にも。
それは
有効期限や使える時間帯制限が無い
使える高速道路に制限が無い
こと。

東名でも首都高でも第三京浜でも明石海峡大橋でも。
使う場所・時間帯に関係なく最大16%割引。
しかし残念ながらハイウエイカードは既に使えなくなり未使用分の払い戻しも終了…

懐かしいよね
現金を都度用意しなくていいから楽だったよ

ETCが導入された当初はこのハイウエイカードと似た制度がありました。
それが前払い制度。
ETCカードを使い予め自分のアカウントにチャージすることで、ハイウエイカードと同じ額のオマケを貰えたのです。
しかしこの制度も終了済み。
終了と同時にマイレージサービスが始まったのでありました…

東名などの高速道路はまだマイレージサービスや休日割引があるからいい。
首都高よ!
マイレージサービスを導入してくれー!