1万円台の激安ロボット掃除機に大満足

Kyashを退会(解約)~不正利用時に補償されない可能性を払拭できず

byebye

Kyashを退会した

先日私はKyashを退会しました。
紐付けていたクレカの決済(銀行口座引き落とし)が全て完了したのを確認して退会。

お世話になりました

退会手順は、
スマホのKyashアプリ⇒アカウント⇒その他⇒お問い合わせ(お問い合わせ種別:10.退会)
登録電話番号、本名、退会理由(任意)を入力し送信
です。

退会が完了すると登録メールアドレスに連絡が来てアプリにログインできなくなります。
私の場合で3日ほどかかりました。
KyashのQ&Aサイトに詳細が載っています。
ヤフーカードに続き今年2枚目のカード解約。

ヤフーカードを解約しYahooIDも削除、ヤフーの全サービスとTポイントを退会
クレカのヤフーカードを解約しYahooIDも削除。全てのヤフーのサービスを退会した。ヤフーカードはnanacoのクレカチャージでポイント付与廃止が痛い。ヤフーカードを解約しても、数日間はYahooIDを削除できないことに注意。

Kyash退会理由は不正使用された際の補償への不安

Kyashとは?

Kyashは2年ほど前にスタートしたプリペイド式VISAの一種。
紐付けたクレカや現金等で予めチャージするか、使用の都度紐付けたクレカでの自動決済で買い物等をすることでポイントを貰えます。
貰ったポイントは次回利用時に1ポイント1円で使える仕組み。
アプリのバーチャルカードでネット決済のみに利用するか、リアルカードを発行し街中とネットの両方で利用するかを選択可能。

話題になったのはその還元率。
登場時は何と2%。
還元率1%のクレカを紐付ければ併せて3%。
QRコード決済も組み合わせれば更に還元率が上昇と大盤振る舞い。

そんなに大盤振る舞いして大丈夫?

尤も予想通り(?)その後徐々に還元率が引き下げられ現在は0.5% or 1.0%。
それでもクレカ決済で貰えるポイントを合算すれば今でも2%以上の還元ゲットも可能。

不正使用された際の補償に不安がある

私が退会した理由は補償に怖さを感じたから。
クレカや電子マネーなどは利用者に過失(重過失?)が無ければ、不正利用されたとしても規定の届け出をすることで不正利用分が補償されます。
しかしKyashではそれが曖昧。

どういうこと?

Kyashサイトに掲載された特約第5条には、物理カードの盗難等により不正利用されユーザーに損害が発生しても弊社は責任は負わない、ユーザーは利用代金支払いについて全て責任を負う(一部抜粋)とあります。
バーチャルカードの場合は不明ですが…

ネットで検索すると補償されたとの声もありますが、100%補償される確証があるわけではなく不安が残ります…

メリットとデメリットを天秤にかけて判断し退会

Kyashの還元率が当初の2%なら、使用しない時はアプリでロックをかけるなど十分に注意して使用するという選択肢もあるでしょう。

Kyashは不正使用時に補償や弁償がされない可能性が残るので自衛する
VISAのプリペイドカードであるKyashで決済すると2%が還元され、且つクレカのポイントも得られると一部で大人気。但し、不正使用されても弁償されないという大問題がある。そこで取り得る対策を全て取り、出来るだけ安全に使用する方法を考える。

しかし現Kyash Card Liteの還元率は0.5%。
私の場合は不正利用と補償の有無に不安を抱き続ける対価が0.5%では不十分と判断。

現Kyash Card Lite月間限度の12万円分を決済すると、紐付けるクレカの還元率が1%なら得られるポイントは合算し1.5%で1,800円分。
1年間満額決済して貰えるポイントは21,600円分。
しかしもし限度額12万円まで不正使用されたら12万円の損。
取り返すには5.5年も必要…

Kyashが2%なら計3%で年間43,200円分の還元
取り返すのに3年弱だけどね

スポンサーリンク

ICチップ付き現Kyash Cradは更に注意が必要

なお今春から追加された現KyashCardは還元率が1.0%。
ICチップが搭載され暗証番号形式の決済が可能になり、非接触のVISAタッチも利用可能に。
また現Kyash Card Liteやバーチャルカードと違い、月間・1回あたり利用限度額がそれぞれ12万円⇒100万円・5万円⇒30万円になるなど高額利用も可能に。

使い勝手が向上!

しかし問題点もあります。
それは、
決済額が月間12万円を超えてもそれ以降はポイント付与対象外
高額利用が可能ということは、高額不正利用の危険性が高まる
です。

①は高還元の魅力がしぼむ…
②は私にとって致命的。
アプリの不具合などでロックが外れる危険性もゼロではないし…
Kyash運営会社の経営体力は大手金融と比較にならないほど小さいし…

1%のクレカを紐付けてポイント付与上限の月間12万円を決済⇒貰えるポイントは月間2,400円分で年間28,800円分。
利用限度の100万円を不正使用されたら取り返すのに35年近くかかります…

この世にもういないかも…

不正使用された分のポイント還元というのも切ない…

せめてポイント付与を月間12万円分までに限定せず、利用額全額にしてくれればいいのですけどね…
ICチップ式の現Kyash Cardを利用するなら少なくとも使用するとき以外はアプリ上でロックするなど、セキュリティに最大限気を付けることをおススメします。