1万円台の激安ロボット掃除機に大満足

Office2010の延長サポートが2020年10月13日に終了する

hacke

Office2010の延長サポート終了に注意

世の中で欠かせないOffice製品とサポート期限

ExcelやWord・パワポなどマイクロソフトのOffice製品は法個人を問わず幅広く使われています。
専業投資家の私にとってもExcelは必需品。
楽天証券のツールと連動させるRSS、ソニーの無償AIツールNeural Network Consoleのデータセットを作成する際などに欠かせません。

株式トレード用にソニーの無償AIツールNeuralNetworkConsoleと格闘中
AIが幅を利かし、人間の力ではどうにも儲けにくくなっている中で、指を咥えて見ているわけにはいかない。ソニーが公開したGUIベースのAIツールである「neural network console」と格闘し、AIにはAIで対抗してやる!

Office製品はこれまで3~4年毎にメジャーアップデート。
現在はOffice2019が最新版。

そして過去に発売されたOffice製品は発売後10年ほどでサポート期限が到来。
ソフト自体は使えますが、ウイルス対策などの修正プログラムが配布されなくなります。
最悪の場合ウイルスに感染し、自分だけでなく友人・勤務先・取引先などに甚大な影響を及ぼす可能性もあります。

他者に影響するのはマズい

ちなみにサポート期限に関しては、メインストリームサポート期限と延長サポート期限の二種類が存在。
前者は機能改善なども含む一方、後者はウイルス・バグ対策など安全面に限定したサポートです。

Office2010の延長サポートが切れる

2020年10月13日にOffice2010の延長サポート期限が到来予定。
この日以降、ウイルス対策などが実施されなくなります。

とても危険!
早めに対策しようね

現在Excel2010やWord2010などのOffice2010製品を使用している場合は新製品に買い替えるなど早めの対策が必要。

直近で延長サポート期限が到来したのは2017年10月。
Office2007でした。
実は私も利用していて、且つ期限到来を知らずに大慌てした経験があります。

Office2016Personalの延長サポート期間無し⇒2025年まで延長されてた
いつの間にか、Office2016Personalの延長サポート期限が2020年から2025年10月まで延長されていた。MSの好意なのか完全課金制移行を前にした大盤振る舞いなのか?真意は不明もPersonal使いにとっては朗報で有難い結果。

なおOffice各世代別のサポート期限一覧は下記の通り

ofice2010end

サブスク版のMicrosoft365は高い

現在Officeには買い切り型のOffie2019とサブスク型(課金型)のMicrosoft365があります。

買い切り型のOffice2019は2025年でサポート終了

最新の買い切り型Officeは2019(以下、買い切り型)。
ウイルス対策が終了する延長サポート期限は2025年10月14日。
個人が使う場合を想定しPersonalで検証します。
PersonalにはExcelとWord・Outlookが含まれます。

インストール台数・同時利用台数は2台まで。
値段は3万円強。

サブスクのMicrosoft365は高くてオーバースペック

一方でMicrosoft365のPersonal。
常に最新版でありサポート期限という概念すら無し。
ウイルス対策もほぼ万全(多分…)。

マイクロソフト次第だね

買い切り型と違いExcel・Word・Outlookに加えてパワポにAccessまで使えます。

尤も仕事に使う人を除きパワポは必要?
個人にAccessを使ったデータベース管理がどれほど必要?
と感じますが…

普通の個人には完全にオーバースペック

インストール台数は無制限ですが、同時にログインして使用可能なのはPC・タブレット・スマホ等を合わせて5台まで。
価格は12,984円/年か1,284円/月。

高いよね…

Office2019の延長サポート期限である2025年10月14日まで5年4か月利用したとして、5台を常にフルに使う人以外70,056円は高過ぎ…
普通は一人で同時に5台も使わないし…

スポンサーリンク

2019の後継バージョンは発売されない?

上記の通りサブスクのMicrosoft365は高機能なものの、一般的な個人にとってオーバースペック且つ値段が高過ぎ。
そのため個人は買い切り型のOffice2019を購入する例が多いはず。

しかし懸念材料も。
前記サポート期限一覧の通り、実は2016と2019の延長サポート期限が同一日。
過去の例に倣えば2019の延長サポート期限は2028年でもいいはずなのに…

嫌な予感…

もしかしたらマイクロソフトは2019の後継を発売せず、サブスクのMicrosoft365に一本化するかも…
PhotoshopのAdobeなどと同様、ここ数年マイクロソフトもソフトのサブスク化を推進。
その結果、売り上げの平準化と増収傾向が顕著。

米マイクロソフトの株主としては嬉しいけど…

もしサブスクモデルへの一本化を行うなら、せめて一般個人用に使用できるソフトを絞って低価格にした限定Personal版かソフト1本毎版を用意してほしい。
そしてOfficeソフトはキレイな描写よりも軽く動くようにしてほしい。
あくまで表計算や文書ソフトであり、レタッチソフトなどではないのだから…

Excel2016・Excel2019の動作が重くて遅い時の解決方法
Excel2007の延長サポートが切れたのでExcel2016に乗り換えたが、起動に加え動作が遅すぎて凹む。いくつか有効と思われる対策を探し出して対処し、何とか使えるレベルに。尤も、究極的にはハイスペックマシンに買い替えるしかないようだ。