1万円台の激安ロボット掃除機に大満足

SSL化(https化)の鍵マークが消えた原因はFeedlyへのリンク画像

surprised

ブログを含めてサイトはSSL化が常識化

インターネットの世界では常に詐欺やフィッシングなど危険なサイトが溢れています。
そういった危険なサイトに引っ掛からないための一つの目安が、訪問するサイトが暗号化されているかどうか。
俗にSSL化・https化と言われ、入力情報を暗号化する仕組みです。
Googleも推奨しており、SSL化されていないサイトをChromeで表示すると、URLの前に「保護されていない通信」と表示されるようになっています。

非SSLサイトの検索順位悪化・保護されていませんとのブラウザへの警告表示
7月に実施されるChromeブラウザのアップデートにより、非SSLサイトは保護されていない旨の表示が開始される。しかし、更に深刻なのは検索エンジンによる順位が悪化していくこと。この流れは止まらないので、早目にSSL化するのが賢明。
完全には保護されていません!SSL化しても中途半端だとChromeで残念な表示
7/24にリリースされたGoogle Chromeバージョン68から、SSL化・暗号化されていないサイトを訪問すると、URLの前に保護されていませんと表示されるようになった。また、SSLが中途半端でも警告ポップアップが表示される。

最近は危険なサイトでもSSL化されたサイトが増えているため万全ではありません。
それでも、少なくともSSL化されていないサイトよりはされているサイトの方がいいでしょう。

【偽サイトもSSL化】アドレスの鍵マーク(https)だけではもはや安全ではない
最近は多くの企業サイトがSSL化され、個人が運営するブログでも対応しているサイトが多い。しかし、詐欺に使われるフィッシングサイトの殆どもSSL化されている。もはやアドレスに鍵マークが表示されているだけでは偽サイトかどうかを見抜くのは困難。

当ブログもSSL化されています。

一種のマナーになってきたよね

突然鍵マークが消えた原因はFeedly

何もしていないのに鍵マークが消えてびっくり

前記の通り当ブログは既にSSL化を完了済み。
そのためURLの前には

url

と鍵マークが表示されます。

しかし、先日なぜか鍵マークが表示されていないことに気付きました。
PCでみてもスマホでモバイル版を見ても消えており、

urlnen

とURLの前がビックリマークになっています…

何じゃこれはー!

スポンサーリンク

Chromeのデベロッパーツールで原因を特定

トップページも各投稿ページも鍵マークが消えているので、原因をサイドバーもしくはヘッダー・フッターにあると推測。
原因を探る時に便利なのがChromeのデベロッパーツールです。

何それ?

ブログトップページを表示したうえでPC版Chrome右上の●が縦に三つあるところをクリック⇒その他ツール⇒デベロッパーツールをクリック。
右側に文字の羅列っぽいものが現れてちょっとビビりますが、二段目左端の▶をクリック。
更にwarningsをクリック。
すると問題のありそうなURLに下線がついていくつか表示されます。

その中にhttpsではなくhttpとなっているものを探すとありました。
それが「Feedly」。

やったー!
原因特定に成功!

Feedlyのリンクを削除して再度鍵マークが復活

FeedlyはRSSツールの一種で私はプロフィール欄にFeedlyのリンクを貼っていました。
下記のようなリンク画像です。

feedly

これまで特に不具合はなく、もちろんSSL化された当ブログでも鍵マークが表示されていました。
しかし、なぜか今回見つけた原因は確かにFeedly。
やむを得ずFeedlyへのリンク画像をプロフィール欄から削除するとあっさりと鍵マークが復活。

とりあえず良かったね

Cocoonに内包されている機能で投稿本文下に設置したFeedlyフォローボタンは大丈夫な一方、私が個別に設置したリンク画像のみが悪さをしたようです…