1万円台の激安ロボット掃除機に大満足

【るるぶ】ドコモのdマガジンで「るるぶ」を読めるようになった

tablet

ドコモのdマガジン

AmazonのFireHDでdマガジンを購読中

最近は雑誌や小説・ビジネス書などを問わず、書籍はkindleやタブレットなどの電子端末で読むことが増えています。
老眼が進行して小さい文字を見ることが億劫になっていることもあり、kindleのフォント拡大機能も欠かせなくなっています…

フォント拡大機能が無ければもう無理…

そして雑誌はドコモのdマガジン
dアカウントを取得することでドコモユーザーでなくても利用できます。
スマホ・タブレットに加えてPCでも読むことが可能。
尤も、スマホではかなり読みにくいのでおススメは大き目のタブレット。
私はAmazonのFireHD10で読んでいます。

とはいえFireOSにdマガジンはないので、自己責任とはなりますが裏技を使っています。

アマゾンFire HD 10でドコモのdマガジンを見られるようにする方法
dマガジン用に使ってきた古いandroidタブレットが不調。そこでアマゾンFireHD10を活用。dマガジンアプリはそのままではインストール不能も、他端末を活用しApk化してバックアップしたデータをクラウド経由移すことで可能に。

dマガジンとは?

dマガジンは税抜月額400円でとても沢山の雑誌を購読可能。
ファッション誌からビジネス誌、趣味やスポーツなどまでとても多岐に渡っており大満足です。

1つのアカウントで5台まで使えるのも魅力

但し、残念なのは紙媒体の完全版から記事が間引かれている場合があること。
私が読む雑誌でいえば、プレジデントや東洋経済・週刊ダイヤモンドなどは結構間引かれていて凹みます…
間引かれている記事をどうしても読みたい場合は本屋さんに行きますけど…

読みたい記事が間引かれているとがっかり

dマガジンでるるぶ

dマガジンでは週刊や月刊の雑誌が多いのですが、たまに特別号なども読むことができます。
いわゆるムック本・増刊号なども。
その中に待望の「るるぶ」が11/7に追加されました。

やったー!

るるぶは旅行ガイド雑誌。
国内外の観光地別に発刊されているので知っている人も多いと思います。
私も学生の頃から旅行の際は購入して参考にしてきました。

とはいえ1冊1,000円以上しますし、旅行に持っていけば結構かさばるのが難点…
しかし、dマガジンでダウンロードすれば追加の費用はゼロ円ですし、軽量のタブレットなら旅行に持って行っても負担感は少ないでしょう。

FireHD10だと重いけどね…

残念なのは全号を読むことはできないこと。
私がアプリで確認した限りでは国内が北海道から沖縄まで21か所。
海外はハワイやグアムなどのリゾート地からヨーロッパ各国などまで14か所。

今後拡充してくれると嬉しい

雑誌を読める電子書籍サービスはいろいろとありますが、追加料金不要でるるぶをこれだけ読めるのはホントにありがたい。

Kindleとdマガジンを使い始めてから紙ベースの書籍は殆ど購入しなくなり、部屋が散らかることが少なくなりました。
結構おススメですよ。