1万円台の激安ロボット掃除機に大満足

楽天ペイで全店舗5%還元キャンペーンはエントリーが必須~利用との順番は問わず

atten

楽天ペイで全店舗5%還元キャンペーン実施中

10/1の消費税率引き上げに際し、政府はキャッシュレス決済キャンペーンを実施しています。

内容は、
届け出をした店舗
店舗から届け出のあったキャッシュレス決済方式
店舗により2%もしくは5%が還元
期間は2019年10月1日~2020年6月30日
決済方法により還元額に上限あり
など。

少しでも取り戻したい!

還元の方法は決済時に2%割引(一部コンビニなど)や、後日クレカや交通系ICカード・QRコード決済などにポイントとして還元など。
届け出をした店舗の店頭には、赤のステッカーが貼ってあるのですぐにわかります。
アプリで対象店舗を探すことも可能。
そのアプリの使い勝手が相当に悪いのは、アプリを監修しているのが天下り法人だからでしょうけどね…

天下り法人は予算からピンハネして丸投げするだけだから…

更には、多くのクレカ各社やQRコード決済各社が独自にキャンペーンを実施中。
中には利用額の20%が還元される例も。
当然ながら私も最大限この還元祭りに参加しています。
とはいえ、不要な分まで支出するのは散財なので要注意!

わずかな還元目当ての支出は、節約の観点から本末転倒だね

楽天ペイは必ずキャンペンーンにエントリーしよう!

楽天ペイでは還元対象外店舗でも5%還元

前記の通り、QRコード決済企業やクレカ企業では独自の還元キャンペンーンを派手に実施中。
その中でもJCBカードはクイックペイで決済すると、使用場所に関わらず12/15まで20%還元(最大1万円)されるなど凄い内容。
しかし、私のようにお財布ケータイやアップルペイに対応していないスマホでは使えないので悲しい…

Asusのsimフリースマホだから…

尤も、楽天ペイでは12/2まで還元対象店舗であるか否かを問わず合計5%を還元する「全店舗対象 期間中ずーっと5%還元キャンペーン」を実施中。
政府からの還元が5%の店舗では楽天ペイからの還元0%
政府からの還元が2%の店舗では楽天ペイからの還元3%
政府からの還元が0%となる対象外店舗では楽天ペイからの還元5%
となり、いずれのケースでも合計5%が還元されます。
なお、還元は期間限定の楽天スーパーポイントで3,000ポイントまで。

楽天ペイのキャンペーンはエントリーが必須

但し注意点があります。
それは、キャンペーンページでのエントリーが必須であること。
先日楽天ペイアプリを立ち上げた際に気付きました。
エントリーしなければ独自の上乗せ還元を受けられないところでした…

エントリー済かどうかは楽天スーパーポイントのサイト⇒キャンペーンエントリー履歴で確認可能。

危なかった…

なお、楽天ペイの利用とキャンペーンエントリーの順番は問いません。

rakutenpay

出典:楽天ペイ

繰り返しになりますが楽天ペイで支払うだけではダメ。
キャンペーンページからエントリーしましょう!

それにしても、上記キャンペーンページのページ最上部表示は「R Pay」でサービス名は「楽天ペイ」。
一方、三菱UFJニコスの登録型リボ払いサービスは「楽Pay」。
相変わらず紛らわしいけど両者ともに判りやすくするような動きはゼロ…

三菱UFJニコスの楽Payが商標登録したのは楽天ペイよりも10年以上前の2006年。
消費者にわかりやすくする義務は楽天側にあるような…

楽天ペイと楽Payは全く別モノなのに紛らわしい~QRコード決済とリボ払い
楽天ペイを調べようと検索したら、検索結果一覧に楽ペイも発見。短縮名称かと思ったら全く違ってクレカのリボ払いサービスだった。両社共に名称を変更する気はないでしょうが、消費者からしたら紛らわしいだけ。