1万円台の激安ロボット掃除機に大満足

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019に投票しました

thinking

投票先はたわらノーロード先進国株式とSBIバンガードS&P500

今年もやってきました「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019」
私が投票したのはたわらノーロード先進国株式SBIバンガードS&P500
前者が4ポイント、後者が1ポイントです。

たわらはちょっと地味だけどね

たわらノーロード先進国株式

たわらノーロード先進国株式を選んだ理由は、
資産形成していくうえで、現状で最も適しているのが先進国株式セクターとの考え
ニッセイ<購入・換金手数料なし>シリーズ、eMAXIS Slimシリーズと並び最低の信託報酬水準に並んだ
その他費用の水準が前記2本と比較して低く、現状ではトータルで最も低コスト
など。

たわら先進国株式が実質最低コストでピカピカのインデックス投信に見えてきた
たわら先進国株式の信託報酬水準が引き下げられ、ニッセイやeMAXIS Slimと同等に。しかも、たわらは有価証券取引税負担などのその他費用率が相対的に小さい。総コストで見ればたわらが最も低コスト先進国株式インデックス投信になった。

SBIバンガードS&P500インデックス

SBIバンガードS&P500インデックスを選んだ理由は、
株式インデックスファンドで初めて税込信託報酬0.10%割れを実現
eMAXIS Slimを慌てさせ、1か月に渡り追随を許さなかった
eMAXIS Slimは貸株等を活用しなければ更なる値下げは厳しい状況に
バンガードVOOの信託報酬は非課税のため、税込信託報酬はeMAXIS Slim SP500より僅かながら低い
などです。

Tポイントカード連携はせずにSBI証券でSBIバンガードS&P500
SBI証券が驚異の低コスト米株投信のSBIバンガードS&P500を販売開始。既保有Tポイントカードと連携させるとCCCに情報が駄々洩れになるので連携はしないつもり。eMAXIS Slim SP500が値下げしないなら乗り換えようかな?

投票は今回が初めて

私は2012年秋以降のアベノミクス・日銀異次元緩和相場(特に初期)で資産が資産を増やす大波にあまり乗れていません。
「フローで稼げばいいや」との思いから、積みあがっていく現預金を放っていました…

超悔やまれる…

しかし、それでも流石に資産を効率的に増やすため、徐々にリスク資産にも投資してきました。
その過程で投信を調べ始めたことやiDeCoを始めたこと、ブログを開始し投信に関する記事を投稿し始めたこともあり少しずつ投信に関する知識も得てきました。

随分と遅くない?

そこでこんな私でも投票してもいいかなと思い始め、今回初めて投票してみました。
たわらノーロード先進国株式は登場時こそ低コストインデックス投信と歓迎されたものの、その後他社が相次いで更に低コストの先進国株式インデックス投信を投入したことで色褪せてしまいました。
信託報酬引き下げに追随することもなく…

そのためハッキリ言って地味です…
しかし、先月の信託報酬引き下げを受けて再度注目されてもいいと考えて投票しました。
さてどうなるか…

尤も、当ブログを投信ブロガーのブログと認定してくれるといいのですけど…

よろしくお願いします