1万円台の激安ロボット掃除機に大満足

QRコード決済が普及するとクレカ会社に消費動向情報等が集まりにくくなる

thinking

KyashやQRコード決済が花盛り

昨年末に100億円還元キャンペーンを大々的に実施したPaypayをはじめ、QRコード決済に物凄い数の事業者が参入中です。
各事業者がバラマキ的に還元キャンペーンを実施しており、とてもお得に買い物することも可能。

僕もマツキヨ用にd払いを使っているよ

QRコード決済とは違うものの、VISAプリペイドカードのKyashも注目を集めています。
ネット決済のみに使えるバーチャルカードに加え、プラスチックのリアルカードなら街中でも決済が可能。
いずれも決済額の2%が還元されるという驚きの還元率。
セキュリティに気を付けながら私も使い始めました。

クレカポイントとあわせて3%以上の還元!

Kyashは暗証番号が無く不正使用時に弁償されない可能性が残るので自衛する
VISAのプリペイドカードであるKyashで決済すると2%が還元され、且つクレカのポイントも得られると一部で大人気。但し、不正使用されても弁償されないという大問題がある。そこで取り得る対策を全て取り、出来るだけ安全に使用する方法を考える。

買い物情報等がクレジットカード会社に集まりにくくなる

消費動向が集まっていたクレカ企業

私たちがクレカを利用すると、当然ながらクレカ発行企業は消費動向をリアルタイムで把握しています。
誰がいつ・どこでクレカを利用したかをです。

例えば特定のAという人は、毎週金曜日に丸の内の成城石井で買い物をし、タクシーで麻布十番に向かいお気に入りのケーキ屋さんでケーキを購入。
など、生活パターンを把握することが可能。
また、毎年夏と冬にJALの航空券を購入し、訪れた先のブランド店で多額の買い物をしてレストランも高級店を利用するなど…

丸裸にされているよう…

こうしたデータは自社内のマーケティングに利用するだけでなく、外販して手数料収入を得ることも可能。
有名どころでは、JCBによるJCB消費NOW。

データを匿名化したうえで多くの企業に販売しています。
匿名化されているとはいえ、JCB利用者は利用規約に同意しているので拒否することもできません…

スポンサーリンク

犯罪利用防止にも役立っている

実は、消費・決済情報を得ることで犯罪を防止することにも一役買っています。
例えば、東京の三越で買い物をした10分後に沖縄の那覇で買い物をしていれば、少なくもどちらかは偽造カードの可能性が高くなります。

クレカ企業が決済を拒否すると共に、カード利用者も自分のクレカを不正利用されずに済みます。

KyashやQRコード決済ではクレカ会社に情報が集まらない

前記KyashやQRコード決済利用者の多くは、決済方法をクレカにしている人が殆どでしょう。

では、クレカ利用明細を見てみましょう。
例えばKyash。

そこには、利用日と「Kyash」としか記載されていません。
当然ながら、クレカ会社側も利用先がKyashであることしか情報を得られず。
実際にどこで利用されたかがわからないため、東京と那覇でほぼ同時に利用されても不正利用と検知できません…

それは困る…

もちろん、どこで何に利用したかがわからないので、消費動向情報の価値はゼロ円。
JCB消費NOWのようなサービスの価値が下がります…

交通系カードやApple Payなど以上にクレカ企業にデータが集まらない

もちろんクレカを使いSuicaにチャージしたりApple Payなどで買い物しても、クレカ企業に消費データは集まりません。
しかし、大規模な還元キャンペーンを乱発しているQRコード決済が一気に広まれば、特に少額決済に関しては今まで以上にクレカ企業に情報が集まらなくなります。

個人的に一番心配なのは、不正に利用された際に検知されにくくなること。
請求が来る前であっても、ネットを使いクレカ利用明細をこまめにチェックしましょう!