1万円台の激安ロボット掃除機に大満足

PCを使ったSuicaのインターネットクレカチャージサービスが終了する

surprised

Suicaインターネットサービス

ビックSuicaカードを利用中

私はSuicaをかなり使っています。
使用しているSuicaはビックSuica。
1年に1回クレカ決済をすれば年会費が無料になるのでほぼ実質無料。
無料で持てるVIEWカードとしても貴重なカードです。

VIEWカードは有料が多いんだよね

VIEWカードのクレジット機能を使いSuicaにチャージすれば、1.5%の還元と今ではかなりの高還元クレカ。

モバイルSuicaやApplePayを使える人なら、プラスチックカードのSuicaをわざわざ持つ必要はないかもしれません。
しかし、私が使っているスマホはSimフリーのZenfone4カスタマイズモデル。
Felica機能を搭載していないので、Suicaを使うためにはプラスチックカードを使わざるを得ません…

Zenfone4(ASUS)カスタマイズモデル(日本版)にスマホを買い替え
調子の悪かったNexus5xからZenfone4カスタマイズモデルに買い替えた。無印Zenfone4からはスペックダウンも、普通に使う分には十分。画面がデカイことに加え、ホームボタンなども外にあるので、想像以上に文字を大きく表示してくれる。

普段のチャージはPC経由のクレカチャージを利用

モバイルSuicaならスマホ操作で簡単にクレカチャージ出来ます。
しかし、プラスチックカードでクレカチャージを行う方法は4つ。

電車の改札を通った際のオートチャージ
駅やビックカメラなどにあるATM VIEW ALTTEでクレカチャージ
駅の多機能券売機でクレカチャージ
PCにパソリを接続しインターネット経由でクレカチャージ
です。

普段私はあまり電車に乗らないので、専らの方法でチャージしています。

2020年9月にPC経由でクレカチャージが出来なくなる

2020年9月にSuicaインターネットサービス終了

しかし、先ほど衝撃の事実を知りました。
来年2020年9月にPCとパソリを使ったSuicaクレカチャージが出来なくなるのです。
クレカチャージだけでなく、PCとパソリを使ったネット決済や利用履歴紹介などのサービスも徐々に終了します。

JR東日本によるニュースリリースに詳細が掲載されています。

Kyash利用頻度が益々増える?

現在私がSuicaを多用しているのは、電車やバスでの利用ではなく普段の買い物のため。
イオンなどの大型スーパーだけでなく、近所の食品スーパーなどでも使えるので。
コンビニでもほぼSuicaで決済してきました。

しかし、最近になりKyashを使い始めました。
2%還元に加え、クレカポイントまで二重取りできるVISAプリペイドカードです。

Kyashは暗証番号が無く不正使用時に弁償されない可能性が残るので自衛する
VISAのプリペイドカードであるKyashで決済すると2%が還元され、且つクレカのポイントも得られると一部で大人気。但し、不正使用されても弁償されないという大問題がある。そこで取り得る対策を全て取り、出来るだけ安全に使用する方法を考える。

Kyashはとてもお得!

但し、KyashはICチップが搭載されておらず、暗証番号入力を要求される売り場では使用できず。
今後コンビニやスーパーなどが暗証番号対応レジになると、Kyashが使えなくなる可能性もあります。
加えて、Kyashは1か月で12万円までとの制限も…

いろいろと制限があるので完全には代替できないかも…