1万円台の激安ロボット掃除機でも超便利で好コスパ

リレーアタックによる自動車盗難対策にはハンドルロックバーがベタだけど効果的

anger

リレーアタックによる自動車の盗難が多発

自動車の盗難は減ってはいるが依然として多い

自動車の盗難が依然として多発しています。
昨年一年間の盗難件数は8,628件。

尤も、それでも件数自体は大幅に減少しています。
ピークは16年前の2003年。
その数何と64,223件。

ここまで減少したのはイモビライザーという防犯システムの恩恵。
イモビライザーとは、車のキーが発する電波を車両側が「登録されている電波である」と認識しないとエンジンがかからない仕組みです。
昔のドラマのようにハンドル脇のキーボックスを壊して配線を直結し、エンジンをかけることはできないようになっています。

リレーアタックとは?

しかし、最近はイモビライザーを備え物理的にシリンダーを回さない「スマートキー」の仕組みを悪用する手口が急増しているようです。
それが「リレーアタック」と呼ばれる手法。
その手口には車のキーが常に微弱な電波を発信していることが悪用されています。

詳細についてはベストカー4/10号に掲載されています。
車の持ち主が車から離れるのを待つ。
ある程度離れたら、車の持ち主に電波の送受信装置を持って近づく。
送受信装置には電波を増幅する仕組みが備わっており、送受信装置を持った数人で電波を中継し犯人の一人が車に近づく。
車は正当な電波を受信するので、真の持ち主が近づいたと勘違いする。
車のロックが解除されるとともに、車が正当なスマートキーと勘違いしエンジンもかけられてしまう。
です。

複数人がリレーをしているように電波を中継していくため「リレーアタック」と呼ばれています。
こんなやり方を思いつく素晴らしい頭脳を正しいことに使ってくれ!

車のナンバープレートは理由不要で交換可能~希望ナンバーもネットで手続き
車で走行中に理不尽に逆切れされ追いかけられた。ナンバー覚えたと叫ばれ恐怖を覚えナンバープレート交換を実施。ネットで希望ナンバーに申込可能、且つ引っ越ししていなくても無条件で交換可能。手数料も数千円で済むのでナンバーが気に入らなければおススメ。

リレーアタックに対抗するにはハンドルロックバー

電波を出さない工夫

窃盗団に目をつけれられたらかなりヤバい状況…
尤も、車から離れたらキーが電波を出さなければいい。

そこで、キーを防磁のキーケースなどに入れる方法があります。
但し、車に乗るたびにキーケースから出さなくてはならず面倒…

また、車種によってはキーのボタンを特殊な順番で押すことで電波を出さないようにする仕組みもあるみたい。
尤も、車に乗り降りする都度、設定・解除をしなくてはならず面倒…

上記2つの方法では、いずれも鞄にキーを入れたままでドアロックを解除したりエンジンをかけるという「スマートキー本来の利便性」が損なわれる…

古典的だがハンドルロックバー

そこでハンドルロックバーです。
私も愛用しています。
ハンドルに金属製のロックバーをかけてしまえば、物理的な解錠キーが無くては外せません。
例えエンジンがかかっても、ハンドルを回せないので乗って逃げることができないのです。

もちろん、このハンドルロックバーも車の乗り降りのたびにセットしたり外したりの手間が発生。
それでも、慣れてしまえば簡単。
犯人がハンドルロックバーを外すのが相当に困難なこともありますが、

セキュリティに気を使っている面倒な奴だな

と思わせることが大事!

ちなみに、日本国内での盗難件数ダントツ一位の車種は我が家の愛車でもあるプリウス
そのままでも、バラしたうえでの部品取りにもニーズが多いようです…
超キケン…