毎日投信積立を自動SBIから手動楽天に変更した理由

楽天証券の特定口座で保有する米個別株は他社の特定口座に移管できない

confused

米個別株に投資中

私は米個別株を保有しています。
当初はスマホ証券ワンタップバイを使い、少額ずつの定額積み立て投資からスタート。
その後、SBI証券を使いもう少し大きな金額でも複数の銘柄に投資。

含み損益状況はそこそこです。

SBI証券では代わり金に直接外貨MMFを使えない

SBI証券での米株買い注文時の資金

私はまとまった金額の米ドルを保有していませんでした。
そのため円貨決済を利用。
住信SBIネット銀行のハイブリッド預金に円を置いておけば、買い約定するまで買い付け代金相当額は拘束され続けるものの円預金金利は貰えます。

尤も、為替手数料は片道25銭。
ワンタップバイの片道35銭よりは安いですがそれでもちょっと高め。
猛者たちは、住信SBIネット銀行で円貨⇒米ドルにしたうえでSBI証券に資金を移動させているようですが、課税関係の問題があるようなので私は避けています。

SBI証券では米ドルMMFを直接代わり金に使えない

私は昨年秋にJD.comを損切りしました。
その際の代わり金は米ドルで受け取り。

JD.com株をやっと損切り~結構な損失を食らい凹むが年明けに一気に戻り更に凹む
中国のネット小売り2位のJD.com株を遂に損切った。一時は含み益もあったが、米中貿易摩擦の激化に加え、世界的な株価調整でトドメを刺された。しないと誓ったナンピンまでしてしまい反省点だらけ。今後への教訓にしなくては!

代わり金を円貨にすることも可能でしたが、米ドルのまま保有し別銘柄の購入代わり金に利用しようと考えたのです。
少額ながら配当で受け取った外貨も米ドルMMFで保有していましたし、今後も米ドル建てで配当が入ってくるので一時的に米ドルMMFで運用しようと画策。

しかし、米株購入注文を入れる際に米ドル代わり金に米ドルMMFを指定しようとしても出来ず。
サポートに聞くと、一旦米ドルMMFを売却のうえ米ドル預り金を購入代わり金に指定しろとのこと。
要は、米ドルMMFを代わり金に直接は使えない仕組み。

これでは買いたいレベルに買い指値を置く場合、その間は米ドル金利を受け取れません。
預り金は金利ゼロですから。
SBI証券だけが儲かる仕組み…

楽天証券から他社の特定口座には移管できず

楽天証券は米ドルを代わり金に直接充当可能

そこで楽天証券への移管手続きを検討。
手数料水準はSBI証券と全く同一、且つ米ドルMMFを直接米株購入代わり金に使えるから。
SBI⇒楽天の移管手数料はもちろん無料。

但し、2種類ある米ドルMMFの内でGSのMMFは直接代わり金に充当できる一方、ニッコウのMMFは直接充当できず。
要注意です。

楽天証券への移管手続きは断念

しかし、結局楽天証券への移管は断念。

理由は、
円貨で購入する際は、円資金が証券の預り金で拘束
つみたてNISAを毎日購入に設定し、マネーブリッジを利用した楽天スーパーポイント大量ゲットスキームが使えなくなる
移管の際、外貨の持ち値が引き継がれない
注文可能時間帯が短い(代わり金が米ドル⇒15時00分以降、代わり金が円貨⇒17時15分以降)
楽天証券⇒他社に移管する際、他社の特定口座に入れることができない
です。

上記の内で特に受け入れられないのが①②

楽天スーパーポイント(SP)大量ゲットスキームが使えず

楽天証券で米株の買い注文を今後2か月間などの期間指定で入れ、且つ購入代わり金が円貨の場合は多めに証券の預り金に円を置いておく必要があります。
詳細(仕様)は下記投稿をご覧ください。

米株投資~米個別株取引はSBI証券と楽天証券ではどっちもどっちで一長一短
米国個別株取引では、SBI証券と楽天証券のサービスはどっちもどっちで一長一短。外貨資金効率では楽天証券有利も、円貨資金効率はSBI証券が有利。注文可能時間はSBI証券有利も、注文有効期間は楽天証券有利。マネーブリッジの機能改善に期待する。

しかし、そうなると多めに入れた預り金がつみたてNISAの購入資金に充当されてしまう。
その結果、銀行⇒証券というマネーブリッジ機能が働かず、楽天SP大量ゲットスキームが使えなくなる…

楽天証券のつみたてNISAで毎日購入し楽天スーパーポイントを大量ゲット
楽天証券では、自動スイープ機能のマネーブリッジを設定し投信購入資金が引き落とされると楽天SPを貰える。尤も、大量にポイントをゲット可能な毎日積立はつみたてNISAでのみ設定可能。そこで、SBI証券から楽天証券にNISA口座を移した。

楽天証券⇒他社に移管する際に特定口座に入らず

こちらはより深刻…
他社の特定口座⇒楽天証券の特定口座は可能。
尤も、外貨の持ち値は引き継がれないという残念な仕様付きで…

一方、楽天証券の特定口座⇒他社の特定口座は不可
楽天証券のHPにも掲載されています。

これの何が問題かといえば税務申告。
特定口座なら配当を受け取った都度、また売却して損益が確定した際も何もする必要はなし。
もちろん、損益通算などのために申告しても構わない。

スポンサーリンク

一方、一般口座では配当を含めて儲けがあれば原則確定申告しなければなりません。
しかも、配当や売買損益を円換算する必要もあり。
1株購入しその1株を売却したならともかく、売買を繰り返し保有株数と持ち値が変わる中で一部を売却した際などは結構面倒…

加えて、一般口座で取引すると折角可能になった住民税の申告不要制度を有利に活用できなくなるケースがあります。
自営業者などは国民健康保険税の負担に直結するので深刻…

住民税で上場株式の譲渡・配当所得を申告不要にする際は一部口座のみでも可能
株式配当金・譲渡益を所得税・住民税で異なる課税方式とすることが可能と明確化された。国保税負担の増加を気にせず、配当控除を活用できる。更に、複数の特定口座を開設済なら一部の特定口座分のみ申告することや、住民税の申告不要を一部にすることも可能。
受取配当金と株式譲渡益の住民税申告不要書類を自治体に提出してきた
2017年分から株式譲渡益・受取配当金の所得税・住民税で異なる課税方式を選択可能であることが明文化された。早速受取配当金を所得税は総合課税、住民税は申告不要で申告した。添付書類も最小限でとても簡単。ぜひおすすめします。

面倒を避け、且つ国保税への影響を最小にするには特定口座の利用が不可欠。
楽天証券を使い続けるうちはいいですが、何らかの理由で他社に移管する可能性がゼロではない中では無理に移管するほどではないとの結論に達しました。
楽天SP大量ゲットスキームを使えないのも痛いし…

究極的には、SBI証券で購入代わり金に外貨MMFを直接充当できるようになれば全て解決するのですけど…

外貨決済で買い注文を入れていると外貨預り金でMMFを購入できない

楽天証券の残念な仕様が更に一点明らかとなりました。
それは、外貨MMFを購入代わり金に指定した米個別株の買い注文を入れている場合、外貨預り金で外貨MMFを購入できないこと。
個別株から配当が入った場合などに外貨MMFを購入したい場合に該当します。

この場合、個別株の買い注文を取り消せばいいものの、取り消し可能時間は15時から翌朝5時もしくは6時まで。
取り消したうえで外貨MMFの買い注文を入れても、期限の13時50分は経過しているので外貨MMFの買い約定は翌営業日。
⇒米株の買い注文は入れられない空白の一日が発生。

かなり残念な仕様…