1万円台の激安ロボット掃除機でも超便利で好コスパ

【Amazoneに注意】Amazonプライム期限切れを語るフィッシングメール

hacke

毎日のようにスパムが届く

昨今はいろいろなスパムや詐欺メールに悩まされます。
特にスパムは毎日の様に届く…
本ブログには問い合わせフォームを設置しているので、そこに書き込んで送ってくるのが殆ど。

海外からは怪しいURLをクリックさせるタイプ。
英語でやたらとブログの内容を褒めてくるのが癪に障る…
日本語のスパムはコピー商品を売る勧誘ばかり…

悪質スパムがカウントダウンで焦らせるパワーアップ版で再々来
先月から出現するスマホスパムが三度出現した。今度は、ウイルスアプリをインストールさせるカウントダウン画面まで表示された。時間的に焦らすことでスマホに慣れていない人だけでなく、ある程度詳しい人も引っ掛かる可能性があり悪質。
詐欺サイトに要注意!Googleメンバーシップ・リワードの詐欺サイト
久しくスパムによる詐欺サイトが表示されなかったのに、今月に入り再び表示され始めた。それもPCで。Googleメンバーシップ・リワードという詐欺画面で、クイズに正解するとスマホやタブレットが当たるとのお誘い。くれぐれも引っ掛からないように!

Amazonプライム用クレカ有効期限切れを語る詐欺メール

メールソフトも見破ったフィッシングメール

そうした中、PCにAmazonを語ったフィッシングメールが届きました。
昨年秋から様々なサイトで報告されているタイプ。

amasagi

上記の画像は届いた文面。
実際には上記文面の前に「残念ながら、あなたのアカウント Amazon ID(私のメールアドレスが記載)を更新できませんでした」
との文言もご丁寧に付いています…

決定的に笑ったのがメールの件名(subject)。
原文そのままを掲載します。

【緊急の通知】Amazoneプライムのお支払いにご指定のクレジットカード有効期限が切れています!

気付きましたか?
「Amazone」…
アマゾ

私はMozillaのThunderbirdを使っており、そのThunderbirdも詐欺メールと見破りました。
ちゃんと迷惑メールフォルダに格納してくれました。

おかしな点と騙されやすい点

おかしな点

まずは件名の「Amazone」。
でも、なかなか気づきませんね、

決定的におかしいのが送信元のメールアドレス。「zuoye01@m34.coreserver.jp」です。
アマゾンからのメールのはずなのにcoreserverからって…
更に送信者名が「”Amazonを更新する」。
普通、Amazonカスタマーサービスとかでは?

ちなみに、coreserverはGMOインターネットグループが運営するサーバー。
送られてきたメールを添付して適切な対応をお願いしました。

騙されやすい点

メール本文中の問い合わせURLが正規のAmazonのURLである
「https://www.amazon.co.jp」なこと。
このURLの後ろに「/ap/signin」がくっついていますが…

ちなみに恐々ながらクリックしてみると、
「http://www.amazone-info.net/~中略~=JP-Japan&lang=en」
にリダイレクト。
ここでも「アマゾネ」…
SSLも無くなってる…

すかさずChromeで警告が表示されました。

chrome

Amazonに対しても、フィッシングメールが届いた旨を報告。

世の中には悪い輩がたくさんいます。
十分に気を付けましょう!