1万円台の激安ロボット掃除機に大満足

【加湿器の除菌タイム】加湿器のヌメリ・匂い軽減と除菌にある程度は効く

gem

エアコン暖房には加湿器が必須

エアコン暖房には加湿器

我が家は民間の賃貸マンション。
契約時の決まりで暖房に灯油を使うことができず、エアコンにならざるを得ず。
そうなると必須なのが加湿器。

エアコンで暖房をかけるとみるみる内に湿度が低下していき、
室温の割に暖かさを感じにくくなる
空気が乾燥し風邪をひきやすくなる
花粉症の症状が悪化
など、弊害がいっぱい。

それを補うには加湿器がお手軽!

我が家の加湿器は空気清浄機付属の気化式

加湿器には大きく分けて3種類。
スチーム式
超音波式
気化式
です。
を組み合わせたハイブリッド式もあります。

のスチーム式はポットのようなもの。
電気の熱でお湯を沸かし蒸気を出して加湿。
内部にヌメリが発生しにくく沸騰しているので雑菌も心配無し。
一方、電気代が高く、蒸気が熱いので小さい子供がいると危険。

の超音波式は金属の板を振動させて水を霧状に。
その霧をファンで空中に放出。
電気代が安く出てくる空気も冷たいので安全。
また、比較的安価。
一方、水に雑菌が含まれていると雑菌をファンで部屋中にばら撒くことに…

の気化式は水を紙などで吸い上げ、その紙などにファンをあてて水分を多く含む空気を部屋に放出。
構造が簡単で電気代が安いのが特徴。
一方、加湿能力が他のタイプよりも低く、またと同様に水に雑菌が含まれているとその雑菌をばら撒くことに…

加えてでやっかいなのが、水が溜まるトレーにヌメリが発生すること。
これは、結局のところ雑菌がいるからですけど。

ちなみに、我が家ではの気化式。
というのも、空気清浄機に付いている加湿機能を使っているから。
空気清浄機の加湿機能は通常気化式です。

加湿器の除菌タイムを試す

困っているのがヌメリと雑菌

前記の通り、我が家の加湿器は気化式。
ということでデメリットは雑菌が発生しやすく、その結果空気中に雑菌がばら撒かれ、更にトレーにはヌメリが発生。

これを防ぐには定期的なお掃除しかありません。
結構マメにやっていますが、はっきり言って面倒くさい…

加湿器の除菌タイムでお手入れ間隔が伸びたかな?

そんな中で見つけたのが「加湿器の除菌タイム」という製品。
通常加湿器のトリセツには水以外入れるなと書いてあります。
但し、この製品は大丈夫の様。
成分はエタノール、カチオン系抗菌剤、柿シブエキス。
試しに液体タイプを1本買ってみました。

使い方は簡単。
タンクに給水する際、水2ℓにつき5㎖を加えるだけ。

普段は3~4日に1回はお手入れしていましたが(ホントはもっとやりたい)、1週間が経過してもヌメリは発生せず。
但し、それでも雑菌は発生している可能性があるので、念のため1週間に一回は綺麗にしています。
なかなかの感触。

使い勝手と効果に満足し、まとめ買いしてしまいました…
私にとっては結構なヒット商品!
ちなみに、近所のマツキヨやウエルシアには無かったのでアマゾンで購入。

加湿器からの悪臭にはクエン酸と重曹で対策

それでも加湿器を使っていると悩まされるのが悪臭。
その原因は雑菌に加えて水道のカルキにもあるようです。
吸水用の紙フィルターも変色するほど…

申し訳ございません | 投資収益で温泉地リゾートに移住したい
株で儲けて移住セミリタイア資金を貯める男のブログ!
加湿空気清浄機の吸水フィルターは生乾き臭対策のため定期的な交換が必須
加湿空気清浄器や気化式加湿器はメンテをしないと強烈な生乾き臭を発するようになる。臭い防止にはクエン酸と重曹を使ったこまめなフィルター清掃と、貯水タンク掃除が欠かせない。根本的にはこまめなフィルター交換が有効。10年間交換不要はあり得ない。

そこで登場するのがクエン酸と重曹。
クエン酸を溶かしたぬるま湯に重曹を溶かしシュワシュワ状態に。
暫くフィルターを浸けた後でよく水洗い。
定期的に行うことで、こびり付きを結構防ぐことができます。

普段から自宅で株式・株式先物のデイトレをしているので、冬は一日中加湿器とエアコンを稼働させっぱなし。
快適に使うためにお手入れは欠かせません!