1万円台の激安ロボット掃除機でも超便利で好コスパ

2025年以降Officeの次期バージョンは課金制に移行することがほぼ確定?

shoc

マイクロソフトOffice製品のサポート期限

Office2016Personalの延長サポート期限が2025年に伸びてた

OSのWindowsやOfficeなどマイクロソフト(MS)製品には、新機能を追加するメインストリームサポート期限と、バグ対策のみをする延長サポート期限があります。
延長サポート期限内であれば安心して使用することが可能。
一方、延長サポート期限が切れるとウイルスの危険性があるので使用するのはとても危険。

私も一旦は購入した後に返品した掲題MSのOffice2016Personalには当初延長サポート期間がありませんでした。
メインストリーム期限の2020年でサポートが一切無くなる仕様だったのです。
しかし、いつの間にか延長サポート期限が2025年に設置されていました。
このPersonalのみ延長サポート期間が無かったので、抗議が集中したのかそれとも他の理由があるのか…

Office2016Personalの延長サポート期間無し⇒2025年まで延長されてた
いつの間にか、Office2016Personalの延長サポート期限が2020年から2025年10月まで延長されていた。MSの好意なのか完全課金制移行を前にした大盤振る舞いなのか?真意は不明もPersonal使いにとっては朗報で有難い結果。

先日モリモリ様から「延長サポート期限が2025年になっている」とのご指摘をいただきました。
モリモリ様、ありがとございました!

Office2019の延長サポート期限も同じく2025年

今年の秋に発売となるOffice2019は、メインストリームサポート期限が2023年10月10日。
延長サポート期限が2025年10月14日。

これまでOfficeはメインサポートを5年間、その後5年間を延長サポートとしてきました。
しかし、今回メインサポート期間は変わらずの5年間ながら、延長サポートは旧製品の2016と同日に終了するよう設定されています。

マジですか?
何でだ?

Office2016のサポート期限一覧はこちらのMSのページ
Office2019のサポート期限一覧はこちらのMSのページをご覧ください。

課金制に完全移行は確定事項?

Officeソフトは2025年10月14日に課金制へ完全移行?

ここでMSの意図を推測してみます。
旧製品と新製品のバグ対策サポート期限である延長サポート期限を同じにすることは通常考えられない。
しかし、実際に延長サポートは同日に終了する。

これの意味するところは、売り切り制Officeソフトのサポートは2025年10月14日で終了するということ。
そして、Officeは全て課金タイプになるということでしょう。

マイクロソフトOfficeは今後10年で課金制に完全移行するのか?
NYのヘッジファンド運営者が、TV番組内でMS-Officeの10年以内の完全課金制に言及。尤も、今秋発売のOffice2019は7年後の2025年に旧製品とほぼ同時に延長サポートが終了。MSは7年後の完全課金制への移行を想定しているのかも。

上記投稿内に登場するNYのヘッジファンドマネージャーは、今後10年でソフトの課金制への移行が完了すると明言。
しかし、実際はそれよりも早い2025年10月14日で完了する確率が高まったと言えます。
PhotoshopやReaderでお馴染みのAdobeも採用するサブスクリプションモデルです。

スポンサーリンク

今回、Office2016Personalの延長サポートを、Home&Businessなどの他エディションと同様に2025年10月14日に新たに設置したのは、
課金制への移行完了に対する批判をかわすための、MSからのサイレント大盤振る舞いプレゼント
2016Personalで延長サポート期間を設置しなかったことへの批判を起こさせないための事前対策
なのかもしれません…

完全課金制は利用者の負担が大きいがMSの収益に貢献

いずれにせよ、現在提供されている課金制のoffice365soloは年額12,744円。
2025年までの7年間使用するとしてoffice365soloは89,208円。
一方、売り切り制でExcel・Word・OutlookのPersonalは32,184円、PowerPointが加わるHome&Businessは37,584円(価格コムを参照)。
365soloとの差はそれぞれ57,024円と51,265円。

WindowsPCで使うとして、office365soloでは更にデータベースソフトのAccessなどを追加で使用できます。
しかし、普通の個人利用者には完全にオーバースペック…
私の様なデイトレ個人にはパワポもアクセスも無用の長物…

完全課金制への移行がやむを得ないならば、せめてExcel・Word・OutlookのみのPersonalやExcel・Wordの単品のみを使用する低価格プランを用意してほしい!
あとは、とにかく動作を軽くしてほしい。
Officeソフトはエンターテイメントソフトではなく、あくまでも作業用ソフトなのだから。

Excel(エクセル)2016・Excelの動作が重くて遅い時の解決方法
Excel2007の延長サポートが切れたのでExcel2016に乗り換えたが、起動に加え動作が遅すぎて凹む。いくつか有効と思われる対策を探し出して対処し、何とか使えるレベルに。尤も、究極的にはハイスペックマシンに買い替えるしかないようだ。

ちなみに、前記NYのヘッジファンドマネージャーの指摘を知ってから、米マイクロソフト株式と米Adobe株式を購入しました。
こちらは今後が楽しみです。
米株は大荒れ期に突入しておりいきなりヤバイ状況ですが…