HDDを分解・破壊して個人データ漏洩を防ぐ~PCをリサイクルに出す前には必須

eye

HDDやSSDは個人情報の宝庫

フォーマットしてもデータは残る

PCに保存したデータはHDDやSSDなどに記録されます。
但し、困るのが使わなくなったり買い替えのとき。
なぜなら、こういったデータはPCでゴミ箱に移動し削除したり、ディスクをフォーマットしても完全には消去されていないから。
そのため、市販されている特殊なソフトを使えば再度読み取り可能になることが殆ど。

PCなどでデータを保存する際は、そのデータがディスク上の何処にあるか自動的に見出しが作成されます。
ゴミ箱に移動し削除したり、フォーマットを行ってもこの見出しが消去されるだけでデータ自体は残るため。

PCリサイクルマークが無くても、2003年10月以降購入なら無料回収してくれる
2003年10月以降に購入したPCやモニターは、メーカー負担で一般社団法人パソコン3R推進協会が無料で回収してくれる。但し、それ以前に購入した製品や自作PCの回収は有料。くれぐれも不法投棄はせずにリサイクルに出しましょう!

データを完全に読み取り不能にするためには

そこで、他者が読み取りできないようにするためには、
関係のないデータで上書き
ディスクを物理的に破壊
のどちらかを行うこと。

はソフトを導入し自動で行う方法と、マニュアルで行う方法があります。
自動の場合は、「0」と「1」からなる関係のないデータをランダムに複数回上書きするケースが多いようです。
また、マニュアルの場合は自分とは関係のない音楽CDなどのデータで複数回上書きするなど。
いずれにしても3回程度は上書きをした方がいいでしょう。

そして、最も確実なのはのように記録媒体を物理的に破壊してしまうことです。
HDDならば内部の金属製やガラス製の円盤を破壊。
SSDならば内部のメモリチップを破壊です。

スポンサーリンク

HDDを分解して破壊する

店舗でHDDを破壊してもらう

尤も簡単なのは、ソフマップなどの店舗で破壊してもらう方法。
特殊な機械を用いて破壊してしまいます。
ドリルを使って、外側のケースの上から記録面の円盤に複数の穴を開けて読み取り不可能にします。

但し、持ち込む必要があることに加え、1,000円程度の手数料がかかるみたい。

何と、無料で穴あけして破壊してくれるお店がありました。

HDDに無料で穴を開けて破壊&引き取りしてくれるPCコンフル秋葉原店
秋葉原や大阪なんば、名古屋大須にあるPCコンフルでは、無料でHDDに穴を開けて引き取ってくれる。PCをリサイクルに出す際に心配なHDDからの情報漏洩を防ぐには、HDDの物理的破壊が必須なので、大変ありがたいサービス。

自分でHDDを破壊する

そこで、自分で破壊するやり方をご紹介します。

特殊ネジに対応するドライバを用意

nejiyama

まずはドライバの用意。
というのも、HDDのネジには上記の様な星形の特殊なネジ穴のネジが採用されているため。
アマゾンなどにも売っていますが、私は下記のドライバセットを100円ショップで見つけました。
いきなり壊れてバラバラになり100円相応ですが、失くさなければ大丈夫。
driver

HDDを分解する

ケース外周にあるネジを外していきます。
また、HDDの多くは製品シールの下にもネジが隠れていることがあるので注意しましょう。
下記製品の場合、赤矢印のところに隠れていました。
周りの6か所のネジを外しても、ふたが外れないはずです…

soto
それにしても、今回分解するHDDの古いこと。
おそらく10年程前の製品です。
何で今まで大事にとってあったのかは不明…

内部の円盤を破壊

naka

上記写真の赤矢印の先にご注目。
このHDDは古いので、円盤の中心部分に一つの特殊ネジで円盤が固定されています。
但し、最近のHDDは中心に一つのネジではなく、中心の周りに複数のネジで円盤が固定されている製品が多いようです。
自動車タイヤのホイールナットの様に。

いずれにしても、ケースを外した際に使用した特殊ドライバでネジを外し、円盤を取り出します。
今回のHDDはデスクトップPC用なので金属製ですが、ノートPC用の場合はガラス製の場合もあります。
その場合は円盤を取り外さなくてもビニール袋などに入れ、飛び散らないようにしたうえで「パリッ」と割ってしまえば簡単!

円盤を取り外せない場合は円盤をひん曲げる

HDDの中には、円盤を固定するネジがとても堅いことも。
その場合は円盤を外すのを諦めて、ケースにくっついたままひん曲げてしまいます。

hakai
上記写真のようにひん曲げてしまい、更には円盤に深い傷までつけてしまえば、恐らく二度と読み取りはできないでしょう。
あとは自治体毎のルールに従い不燃ごみなどにします。

SSDはチップを破壊

HDDと違いSSDは内部に記録用の円盤がありません。
チップがあるだけですので、分解後に金づちなどでたたいて破壊してしまいましょう。

いかがでしたか?
結構面倒ですが、いざ情報が流出したら大変なことになるので物理的に壊してしまう方法がおススメ。

また、スマホも本来はこうした方法で破壊してしまいたいところです。
但し、HDDやSSDなどと違い高額で買い取ってくれるので悩ましい。
そこでスマホを下取りや買取に出す場合は、少なくもフォーマットしたうえで、前記の通り音楽CDなどを使い関係のないデータで複数回上書きを繰り返してからにしましょう。