UpdraftPlusでワードプレスをクラウド上に簡単自動バックアップ

backup

ワードプレスに限らずバックアップは大事

ブログ運営者はバックアップを取りましょう

ブログを運営するうえで必要なことは、定期的にバックアップをとることです。
自分で間違った設定や作業を行ったため、スタイルが変わってしまい直らないなどはまだいい方。
ワードプレスではログインさえ出来なくなる事態もあり得ます。
自分が悪くなくても、サーバー側のミスで飛んでしまうことも…
昔、ヤフーで実際にあったらしい…

なお、私が利用しているXサーバーでは毎日自動でサーバー側がバックアップを実施。
また、つい最近MySQLデータベースの復元を無料で出来るようになりました。

バックアッププラグインをUpdraftPlusに変更

とはいえ、ワードプレスを利用できる多くのサーバーでは簡単に復元できる環境にはありません。
また、レイアウトやCSSを弄る前に、予めマニュアルでバックアップが必要になることもあります。

ちなみに、私はこれまでBackWPupというプラグインを使用してきました。
しかし、なぜか最近バックアップデータのダウンロードに失敗することが多く、思い切ってプラグインを乗り換えました。
それが、UpdraftPlusです。

今回は、その導入方法をご紹介します。
また、マニュアルバックアップに加えて自動定期バックアップも導入しました。

なお、前記BackWPupを利用していた時にバグが発生し、consoleでとんでもない事態に巻き込まれたこともありました…

google Search Consoleで重大な問題に遭遇 Search Consoleに突然のアラート襲来 ブログを書いている方の多くは、googleのSearch Consoleを使って...

UpdraftPlusによる自動バックアップ設定

プラグイン設定

まずはプラグインをインストールして有効化します。

install
設定⇒UpdraftPlusをクリックすると「今すぐバックアップ」の青いボタンがありますので、試しに一度バックアップしてみてもいいでしょう。
今後、マニュアルでバックアップする際もこの「今すぐバックアップ」を押下します。

スケジュール設定

面倒くさがり屋の私は、毎日自動でバックアップすることにしました。
そこで、設定タブからいくつか設定します。

term
スケジュール設定は上記の様にしました。
なお、バックアップはサーバー側にかなり負荷をかけるようです。

クラウド上のDropboxを保存先に設定

今回の目玉がこれです。
保存先をクラウド上にするのです。
私はDropboxにしました。
2Gまで無料で使え、超える場合は有料ブランになります。
クラウドなどに保存することで、ワードプレスにログイン出来なくなる事態やサーバー自体が逝ってしまうことにも対応可能です。

そして大事なことが。
Dropboxはこのバックアップデータのみで使用します。
他の個人データなどでは使用しません。
とういうのも、UpdraftPlusにDropboxへのアクセスを許可するので、万が一他のデータが流出することへの備えです。
ブログのデータは諦めの境地…

drop
上記に様にDropboxを押下し表示を反転させ、更にページ下部にある「変更の保存」を押下。
バックアップするファイルの種類など他の箇所はいじっていません。

follow
上記ポップアップが表示されるので、2行目の下線の付いた「Follow This~」の行をクリック。
するとDropboxのログイン画面に飛ぶので、アカウントを保有していればメールアドレスとパスワードでログイン。
保有していなければ、最下段にある「Dropboxのアカウントを作成」をクリックしてアカウントを作成しましょう。

なお、Googleアカウントとの連携も可能ですがおススメしません。
情報流出の危険性が高まるので。

last

ログインすると上記画面が表示されるので、最下段の「Complete setup」をクリックします。
完了するとUpdraftPlusの設定画面に戻りますので、「今すぐバックアップ」を押下してちゃんとDropboxにバックアップされるか確認します。

「今すぐバックアップ」を押下すると下記ポップアップが表示されるで、「このバックアップをリモートストレージに送信」にチェックが入っていることを確認し、ポップアップ内の「今すぐバックアップ」を押下します。

manu
進捗バーでバックアップの進捗状況を確認できます。
結構、時間がかかります。

バックアップが終了すると進捗バーが消えて下記の様に表示されます。
日付の下にDropboxマークが表示されます。

check2
ちなみに、複数のブログを運営してそれぞれUpdraftPlusを使いDropboxにバックアップすると、Dropbox内でそれぞれのサイトアドレス名の付いたフォルダ・ファイルが作成されることになります。

バックアップからの復元

実は私はまだ実施したことがありません。
但し、前記画像の右端に「削除」ボタンと並んで「復元」ボタンがあるので、ここを押下することになります。
ちなみに、諸先輩方がご紹介しているサイトを拝見したところ、上記「復元」ボタンを押下すると復元する項目をチェックするポップアップが現れるようです。

また、ワードプレスにログインできなくなった際は、
サーバーにワードプレスをインストール
UpdraftPlusをインストール
Dropboxからデータをインポートして復元
の手順を踏みます。

ちょっとしたカスタマイズの前にマニュアルバックアップ、サーバーが飛んでしまった場合に備えたスケジュールバックアップ、で大切なブログを守りましょう。
一度設定すれば簡単ですよ!

スポンサーリンク