【SHARP SH-M05レビュー】HUAWEI P20liteと比較し購入

box

実家のネット環境はモバイルのテザリング

私の親はPCをほんの少々使う程度。
たまに仲間の集まりの原稿をWordで作成したり、家計簿をExcelで作成。
TVをネットには繋げておらず、ネットサーフィンも程々。
ユーチューブは見ているようですけど。

そこで、4年ほど前にネット環境を替えました。
初代Zenfone5を親にプレゼント。
それまでのADSLから、スマホを使ったテザリング環境に。
月額料金も3,000円強⇒1,000円程になり喜んでいます。
データ通信simなので安い(SMS付)。
今では、月間3Gまで使えるので容量も十分。

但し、Windows10のOSアップデートで、一日にとんでもない量を通信したことがありましたけど…

ADSLから格安simに変えて通信費を大幅に節約 私の親は田舎で暮らしています。 普通にPCを使いますが、そこまでヘビーユーザーではありません。 以前はADSLのヤフーBBを使っており、...

SHARP アクオス センス SH-M05に買い替え

しかしながら、流石に4年近く前のモデルなので動作が余りにも遅くてもっさり。
再起動は5分近く必要で、アプリをタップしたりメールを見ようと思っても、1分近く反応が無かったり…
そもそも、android4.4からアップデートしたとはいえ、OSが5.0のままではセキュリティに不安があります。

そこで買い替え!
いろいろ検討した結果、初代Zenfone5⇒simフリーのSHARPアクオスセンス ライト SH-M05です。
昨年の秋モデル、
私が購入してプレゼントしました。
下記はその検討過程です。

他機種との比較

価格コムで調べると、SH-M05は税込み3万円弱。
似たような価格で評判が良さそうなのが、HUAWEIのP20lite。
参考として、4年前の初代Zenfone5を載せています。

実は、私はSH-M05を23,000円程で購入しました。
7月に実施されたAmazonプライムデーセールです。
ラッキーでした。

05spec
SH-M05とP20liteは価格的にはほぼ同水準も、基本的なスペックはP20liteが圧勝です。
ぱっと見で、P20liteはベゼルが殆ど無くてまるでiphoneX。
CPUはスナドラではなくHUAWEI独自ながら周波数は圧勝。
ディスプレイの大きさも全く違い、当然ながら解像度もとても多い。

RAMが多く操作感がいいことに加えてバッテリー容量も勝っています。
圧勝とはまさにこのこと…

SH-M05に決めた理由は安心感と防水機能

スペックだけ見ればP20liteが圧勝し、SH-M05が割り込む隙は殆どありません。
それでも、SH-M05に決めた理由は、安心感と防水機能です。

安心感

そもそもHUAWEIはあの国の企業。
創業者は軍出身者ですし。
どうしてもセキュリティに不安があります。

昔、あの国の企業が生産したソニーのExperiaで、設計図にはない回路が組み込まれていて世界中で大騒ぎになったことも。
IMEソフトのsimejiがデータをあの国に送信していたことも。

現在では流石にないと思いたいものの、不安を持ちながら使うのはストレスが溜まります…

防水機能

docomoやauなどのキャリア端末、更にはiphoneでも当たり前になっているのが防水機能です。
私の親は以前水を張った洗面台にガラケーを落とした経験があり、できれば防水機能が欲しいとのリクエスト。

P20liteはこれだけ高機能なのに、防水でないのが残念…

SHARP SH-M05のレビュー

外観はやや小さめ

sh05zen4
上記写真で、左側がSH-M05、右側が私が使用しているZenfone4カスタマイズモデルです。
Zenfone4カスタマイズモデルに決めた経緯については、下記投稿をご覧ください。

Zenfone4カスタマイズモデルに遂に買い替え スペックの違い 昨年末、当ブログで数回にわたり愛機Nexus5xの不調と買い替え候補機の紹介をしてきました。 そして遂に買い替え...

SH-M05は5.0インチ画面、Zenfone4は5.5インチ画面。
尤も、そんなに大きさに違いはありません。
幅も2mm程しか違いません。

実際に使える画面は小さくなる

但し、問題があります。
Zenfone4はバックボタンが画面の外、ホームボタンの左側にあるので、5.5インチの画面をフルに使えます。
しかし、SH-M05はバックボタンが画面内にあるため、5.0インチをフルに使えないのです。
P20liteもバックキー・ホームボタンが画面内ですが、そもそも画面の大きさが圧倒的に大きいので実質表示領域は巨大。

結局、SH-M05は実際に使える表示領域が小さくなるのが難点…
アプリのショートカットを並べると、横に4つしか表示できないのも…
但し、逆にショートカットなどが大きく表示されるので、高齢者には優しいのかもしれません。

反応はまずまず

一方で、試しに使ってみて反応がいいことに驚きました。
普段私が使用しているZenfone4はスナドラ630を搭載しRAMも4Gと、SH-05Mよりも大分基本性能は上。
しかし、普通に使う分には全く遜色ありません。
ゲームなどを全くしないからでしょうけど。

また、OSも7.1⇒8.0にすぐにアップデートされました。
simを入れたりgoogleアカウントを登録する前の段階で。
不要なアプリが殆どプリインストースされていないのも高ポイント。

シャープのアクオスシリーズには夏モデルもありますが、ゲームをほぼやらないならばこの前年秋モデルで十分かなと思いました。

大画面で好コスパのモデルが欲しければ、HUAWEIのP20liteが第一候補でしょう。
しかし、そこそこのサイズで防水機能がありストレスなく動く。
そしてお手軽な価格の機種を探しているならば、SH-M05はなかなかの選択だと思います。

キャンペーンで安く購入するチャンス

ちょっと検索したところ、9/13現在iijmioやOCNでsim契約と同時に購入する場合にかなり割引されているようです。
iijなら税込21,384円。
OCNに至っては10,584円です。

端末単体で欲しい方には合致しませんが、MNPを検討している方はちょっと探してみてください。

スポンサーリンク