40代の私が恥ずかしながら全身医療脱毛始めた

SBI証券iDeCo除外商品の信託財産留保額は拠出者が負担させられる

shocked

SBI証券のiDeCoで除外される商品公表

法改正に伴い、SBI証券は運用商品を一部除外

2018年5月1日に改正確定拠出年金法が施行されました。
運用商品の上限が35本になり、運用方法を指定しない場合のデフォルト商品を元本確保型にしなくてもいい、必ずしも元本確保型商品をラインナップしなくてもいい、などの改正案が含まれます。

SBI証券のiDeCoは運用商品数が今後5年で半分近く除外される
2018年5月1日に施行される法律により、iDeCoの制度が大きく変わる。元本確保型商品の提供義務がなくなるなど変更点は多いもの、深刻なのは運用商品数に35本の上限が設定されること。SBI証券では現状の67本から32本を除外する必要がある。

SBI証券は早くからiDeCo(個人型確定拠出年金)に参入していたこともあり、ラインナップする運用商品数が現時点で67本もあります。
5年後の2023年までに、最低32本を削除する必要性に迫られました。
そして、8/10遂にSBI証券は除外する運用商品を公表。

SBI証券がiDeCo除外商品公表~除外商品5月以降購入分は強制換金
2018年5月1日に施行された改正確定拠出年金法の定めにより、SBI証券が運用商品の内で除外する商品を決定した。今後5年間の内に除外される。除外される商品は2018年5月1日以降に購入した数量も強制的に換金されることになる。

ターゲットイヤー型は4本で1本扱い

公表された除外商品は29本で残る商品は38本。
上限の35本に収めるため、あと最低3本を除外する必要があります。

尤も、問い合わせた結果追加除外の予定はなし。
からくりは、残る商品の中のターゲットイヤー型にありました。
SBIアセットが運用する「セレブライフ・ストーリーシリーズ」の4本です。

このターゲットイヤー型投信は、4本をまとめて1本として換算。
そのため残る商品は表面上38本ですが、3本を引いて実質35本になるのです。
当面これ以上は除外されないことがわかり一安心。

しかし、今後更に低コストの投信などが設定された場合、ラインナップ済み商品を除外して新商品を追加する可能性は残ります。
どうせなら、その時のために前もってあと5本くらい除外してしまえばいいような気がします…

強制換金時に拠出者が不利な取り扱いを受ける

信託財産留保額負担は拠出者が負う

前記運用商品の上限数を確認する中で、かなりショッキングな事実が判明しました。
それは、除外対象商品に信託財産留保額が設定されている場合、その負担は拠出者が負うということ。

信託財産留保額は新興国株投信などに多く設定されているもので、該当投信を売却する際に一定の比率分を控除。
要は受取額が少なくなります。
iDeCoのスイッチングに限らず、通常の口座で売却する際にも控除されます。

そして、今回の除外措置に伴う強制換金や事前自主的スイッチングの際も、この信託財産留保額が控除されてしまうのです。
法改正に伴う措置であり、拠出者には何の落ち度もないのに。
酷い…

ちなみに、除外される商品の内で信託財産留保額が設定されているのは、
ハーベスト アジアフロンティア株式ファンド
シュローダー BRICSs株式ファンド
MHAM J-REITアクティブファンド(DC年金)
eMAXIS最適化バランスシリーズ
です。
設定されている信託財産留保額は商品により0.05~0.30%。

スポンサーリンク

保険商品の元本毀損リスクも拠出者が負う

更に、元本確保型商品として採用されている保険商品に関して。

iDeCoで採用されている保険商品は表面上元本確保型。
しかし、それは商品毎に設定されている満期まで保有した場合に限られます。
要は、スイッチングなどで中途解約した場合、元本は必ずしも確保されません。
市場金利の状況により、元本割れの可能性があります。

SBI証券で採用されている保険商品は住友生命・第一生命の商品で共に5年満期の商品。
いずれも今回除外されます。
なお、スルガ銀行の1年定期預金は元本が保証されるも中途解約扱いになり、この不利益も拠出者が負います。

強制換金されても、事前に自主的スイッチングをしても負担は拠出者。
酷い…

SBI証券iDeCo商品除外に伴うスイッチングで相場変動に取り残されない方法
iDeCoでスイッチングする際は、決済資金の受け渡しに数営業日必要なため、同じベンチマークを採用した商品間でも相場に置いて行かれることになる。但し、定期預金を保有していれば定期預金を介することで、実質的に乖離を回避可能。

該当商品への拠出者に全てのツケが回る

今回の措置は法改正に伴うものであり、加入者・拠出者には何の落ち度もありません。
しかし、しわ寄せ・ツケは全て加入者・拠出者に回されます。
運用会社・保険会社・SBI証券・国の誰が補てんするのかという問題もありますが、加入者・拠出者にツケを回すのはあまりにも酷い…
なお、不同意が1/3を超えた場合は他の商品を再度除外商品に指定、再度不同意書を郵送してくるそうです…

強制換金対象の判定に使われる2018/4/30現在の保有数量通知が開始されました。

保険商品は強制換金で元本割れリスクが高い?~SBI証券iDeCoが保有数量通知を開始
iDeCo商品ラインナップが35本に制限されたことで、SBI証券では29本の商品が除外・強制換金される。そして基準となる2018年4月末時点の保有数量通知が始まった。保険商品は拠出が近い保有分に元本割れリスクが高い旨の注意喚起がされている。