激遅フレッツ光をv6プラスIPoE化したらVDSLでも夜間80M超え

mooving

フレッツ光のあまりの遅さに憤慨

我が家の光回線は時に1M以下の通信スピード

我が家の通信環境は、NTTのフレッツ光ネクストマンションタイプ。
建物が古いため既設電話回線を使うVDSL方式であり、光回線といえども最高スピードは100Mとなります。

100M近く出れば嬉しいものの最近は遅さが目立ちます。
とりわけ夕方以降は遅く、1Mという数字を見て愕然としたことも。
その際のことは以下の投稿をご覧ください。
ちなみに、夜間は普通に1~5M程度まで遅くなります…

NTTのフレッツ光が夕方以降を中心に最近激遅
最近、フレッツ光の通信速度の低下が酷い状態。ユーザー数の増加に加え、通信量の急増が拍車をかけている。夜間など1Mを切ることも日常的で、もはや高速光回線サービスとは言えない状況。

PPPoE方式からIPoE方式に変える

フレッツ光がここまで遅くなる理由は、契約者増・通信量増の一方でNTTが設備増強をしてこなかったため。
ビデオオンデマンドなどの利用が増える夕方以降は特に酷く激遅。

そこで、かなり説明は簡略化しますがデータの通り道にバイパスを設置する方式が開発されました。
それがIPoE方式(IPv4 over IPv6)になります。
最近は多くのプロバイダで対応。
IPoE方式で接続するためにはプロバイダが対応しており、且つIPoEに対応したルーターを用意する必要があります。

なお、長年契約していたプロバイダのぷららに相談したところ、あまり要領を得た返答を貰えなかったのでプロバイダも変更。
なお、ぷららでは20日までに解約手続きをとれば当月末での解約となります。

スポンサーリンク

ソネットとプロバイダ契約

契約候補はソネットとBIGLOBE

そこで契約候補を探します。
IPoE(IPv4 over IPv6)には技術的に3つの方式があり、メジャーなのはMAP-E方式。
MAP-E方式に対応するプロバイダの内、大手のソネットとBIGLOBEに的を絞ります。
MAP-E方式のIPoEを各社v6プラスと称しています。

2つの内、いろいろと調べるとソネットが良さそうな気がしてきます。
HPを見ると、ソネットも転用する方式としない方式があります。
ここは迷わず転用しないSo-net光withフレッツSに的を絞り相談窓口に電話。

ソネットに相談してその後申込

電話で「IPoEで接続したい」「プロバイダ契約のみをしたい」と伝えます。
すると、HPに掲載されているSo-net光withフレッツSはNTTとソネットの2か所と契約する形であるも、利用料をソネットがまとめて請求するタイプと言われました。

これは大問題!
というのも、プロバイダがまとめて料金を回収する場合、折角フレッツ光メンバーズクラブで貰えるポイントを利用料金の一部に充当できないから。
しかし、NTT・ソネットそれぞれから利用料金を請求される形式もあるとのこと。
尤も、この方式はHPに掲載されていないため受付は電話のみ。

なお、料金は月額税抜900円。
ぷららより若干高くなります。
望んだ形で契約できることがわかり一旦電話を切ります。

一日よく考えてから申し込み。
クレカの番号入力やIPoE(v6プラス)の申し込みは、書類を受領しログイン後に会員ページから行います。

コラボ契約ではないフレッツ光解約時は、プロバイダに加えNTTへの連絡も必須
NTTのフレッツ光のプロバイダを変更した翌月、NTTから重要なお知らせとのハガキを受領。コラボ契約でない従来型の契約者は、フレッツ光を解約の際にプロバイダだけでなくNTTにも解約連絡が必要。連絡しないといつまでも料金が請求されるので要注意。

その間に対応ルーターを購入。
まずは、現在のぷららで使用してみます。
かなり前のルーターを使用していたので、高機能ぶりに驚きます。

ソネットでIPoE(v6プラス)接続完了

IPoE(v6プラス)オプションを申し込み

3日程でソネットから書類を受領。
まずはソネットのIDを使いPPPoEで接続。
IPoE(v6プラス)オプションを申し込むと、数分して申込受付メールを受信。
なお、オプション料は無料。

HPによると完了メールを受信するまで待つようにとの記載。
大人しく待ちます。
しかし、翌日になっても完了メールが来ません…
家電批評2018年9月号に特集されていた記事によると、BIGLOBEは1時間程で来るというのに…

完了メール受信前に開通を確認

そこでサポートセンターに電話すると、2日くらいは普通にかかるとの回答。
但し、
完了メールはオプション手続きが完了してもすぐには送信されない。
完了していればVDSLモデムとルーターを再起動することで、ソネットのv6ページ⇒「ご自宅の回線速度を判定」を開くと「IPv6 Supported」と表示される。
のこと。

株式トレード終了後にルーター⇒モデムの順に電源を落とし、今度は逆の順番で入れます。
該当HPを開くと「IPv6 Supported」の表示を確認。
プロバイダはIPv4がソネット、IPv6が日本ネットワークネイプラー。

再びモデムとルーターを再起動すると、上記ソネットの該当HPでプロバイダが両方とも日本ネットワークネイプラーに。
ルーターにログインすると、IPv6(IPoE v6プラス)で接続していることを確認。

通信スピードを測定すると、有線ながら86M超えという見たこともない数値。
スマホ(11ac)でも80M超え。
speed100Mが上限のVDSLタイプとしては破格のスピードでしょう。
折角フレッツ光や各種光コラボを契約しているならば、IPoEオプションを検討してみてはいかがでしょうか。
オプション料は殆どのプロバイダで無料のようですし。

ちなみに、楽天銀行でIPアドレスログイン制限をかけている場合、日本ネットワークネイプラーを追加しないと振込などが出来ません。
ソネットからの完了メールはv6オプションを申し込んだ2日後、上記IPoE接続を確認した翌日に届きました。

また、IPoE(v6プラス)接続後に5日程してNTTから郵便を受領。
中身はv6プラス開始の連絡。
プロバイダ経由でv6プラスを申し込むと、本来加入者がすべきNTTへのv6プラスオプション申込をプロバイダが代理で行ってくれているようです。

なお、フレッツ光の契約時期やオプション契約状況・時期等により、オプション申込だけではIPoE化が出来ないケースがあります。

フレッツ光v6プラスIPoEの接続エラーはBフレッツのひかり電話を疑う
NTTのフレッツ光はIPoE(v6プラス)にすると通信スピードが激的に速くなる。但し、Bフレッツ時代にひかり電話を契約していたり、お客様番号がCOPから始まる場合、そのままでは利用(接続)できない可能性がある。遅いフレッツ光にはv6プラス。