プリウスのバッテリーをAmazonで購入しGSで交換したらディーラーの半額以下

battery

酷暑とチョイ乗りでプリウスのバッテリーがあがった

今年の夏は異常ですね。
日本だけでなく世界中で猛暑です。
日本は猛暑というより酷暑ですが…
今週、関東は台風の影響で暑さは一服しているものの、西日本の方々にはお見舞い申し上げます。

酷暑になると悲鳴を上げるのが車のバッテリーです。
エアコンを酷使するので、渋滞中にあがってしまうこともあるようです。
そして、愛車のバッテリーもあがってしまいました…

プリウスはバッテリーを2個搭載

私の愛車は先代プリウス。
購入後8年になります。
ご存知の通りプリウスはハイブリッドーカーであり、走行用バッテリーはそれは巨大です。
この走行用バッテリーがあがることは滅多に無いようです。
但し、これとは別にシステム起動用に小型の補機バッテリーを搭載しており、こちらは通常の車と同様にあがることがあります。

最近の酷暑でちょっとした外出にも車を利用し、チョイ乗りばかりしていたことが影響した様子…

補機バッテリーがあがった時の様子

夜になり、買い物のため乗り込もうとドアロックを解除しましたがハザードが点滅せず。
おかしいと思いながらもブレーキを踏みスタートボタンを押すと、ディスプレイが弱々しく点灯。
そして、ハイブリッドシステムを表示するスペースに、「補機バッテリーが充電不足」の旨を表示。

やってしまいました…
がっくりです…
実は、初回車検時からバッテリーが弱っていると言われていました…

時間も遅かったのでその日の外出は諦め、翌日レスキューを呼びます。
おとなの自動車保険でレスキューサービスに加入していたので、バッテリーあがり救済程度なら無料です。
助かりました。

30分ほどで来てくれてあっという間に復旧。
その後30分ほど走り充電します。
尤も、1回あがったバッテリーはまたいつあがるかわからないで交換を迫られます…

専用バッテリーの値段が高くて凹む

ディーラーで交換すると4万円超

プリウスの補機バッテリーはボンネット内ではなく、後方トランク内にあります。
もしガスが発生すると車内に充満する危険性があるため、ガスが漏れないよう専用に設計されています。
そのため、通常品よりも高額になります。

以前、車検時にディーラーで見積もりを取ると工賃込で4万円超。
高過ぎたので見なかったことにしてました…

オートバックスには在庫すら無し

あがってしまえばそうも言ってはいられず、まずはオートバックスに行きます。
しかし、近所のオートバックスではプライベートブランドしか置いておらず、専用設計のプリウス用は無し。
このままでは馬鹿高のディーラーに行くしかありません。

Amazonで購入し交換してもらう

Amazonで購入

そこでAmazonを覗きます。
何と1万円台前半で売っています。

最初は自分で取り付けようかと思いましたが、以前車内オーディオの音質を改善しようと極太アースケーブルを取り付けた際、結構難儀したことを思い出し交換してもらうことにしました。
酷暑の下での交換は無理と判断。
また、取り外したバッテリーの処理も困るので、後処理を頼めることも重要です。

なお、極太アースケーブルに関しては、下記記事をご覧ください。

ハイブリッドカーには極太アース装着がおススメ 私は、ハイブリッドカーの3代目プリウスに乗っています。 また、少しはオーディオにもこだわりがあります。 ハイブリッドカーはバッテリー残量が十...

Amazon購入製品は取り付けてもらえる

Amazonで購入した車用部品は、Amazonが提携している整備工場やGSで取り付けてもらうことが出来ます。
商品紹介欄に「交換・取付」と表示されているのでわかります。
但し、Amazonが販売・発送する商品に限られるので要注意です。
マーケットプレイス商品は対象外です。

商品購入時にクーポンを購入するか、商品購入後に問い合わせるか選べます。
私は、購入後に問い合わせを選びました。
そうは言っても、工賃が気になるので購入前にも問い合わせてみます。
ボンネット内のバッテリー交換と違い、トランク内の交換は工賃が高いようなので。

グーピット経由GSで交換

候補にあがっているGSなどを検索しますが、近所にはなくがっかり。
しかし、「グーピット」で検索すると近所のGSが表示されます。
0066から始まる無料電話番号で問い合わせると、元気なお兄さんが出てくれました。
工賃は税抜3,000円。
商品購入後に再度電話し予約します。

交換当日はトランク内のガラクタを後部座席に移して綺麗にし、交換をお願いしました。
時間はわずか20分ほど。
流石プロです。
結局、工賃・バッテリー引き取り費用を合わせて税抜2,000円。
商品代金・工賃をあわせても20,000円せずにディーラーの半額以下。

あと何年乗るかわかりませんが、これで当分大丈夫かな?

スポンサーリンク