40代の私が恥ずかしながら全身医療脱毛始めた

セミリタイア後のSIMはUQモバイルのスマホプランSがおススメ

smafo

2019年10月から縛りのない新プランが開始となったため加筆・変更しています。
データ高速+音声通話プランを選べなくなり、スマホプランSが後継に。
一人、二人なら若干の値上げも、三人以上なら値下げに!
なお、下記は全て税別です。

UQモバイルが縛りなし新プラン発表も我が家は旧プランのままの方が若干お得
大手携帯キャリアに続き、UQモバイルも10/1以降に開始する新プランを発表。但し、2回線をUQのデータ高速+音声プランで契約している我が家は旧プランのままの方が安いのでこのまま。12か月以上契約しているので違約金も0円なので。

UQモバイルにMNPして大満足

私は結構早い時期からスマホを利用してきました。
しかし、スマホ利用料金が高いことに凹み、最初はモバイルデータ通信を切ったスマホにイーモバイルのポケットwifiを組み合わせ。
その後、格安simの登場を受けキャリアからMNPしてiijmioやmineo(A)(D)、今は亡きFREETELなどを経由し現在はUQモバイルに落ち着いています。

UQモバイルにMNPしたぞっ!~朝夕・お昼の爆速通信速度に感動
mineoの昼時の通信スピードの遅さにMNPを決意。転出期はUQモバイル。APNを変更設定も全く通信できず。サポートに電話もダメ。一回機内モードにししてもダメ。結局端末を初期化。そもままではダメで、一回機内モードにすると通信可能に。爆速通信に感激。
simフリーiphone7への買替とUQモバイルへのMNP~お得度も検証
simフリー版iphone7に買い替えたのと同時に、mineoからUQモバイルにMNPした。最近のスマホの性能は高く型落ち感は乏しくお買い得感が強い。2年間トータルの費用はauと比較し4万円程安くなる。手厚いサポート不要ならUQがおススメ。

それまでの格安simではどうにもならなかった平日お昼の速度低下とは全くの無縁になりました。
平日昼間に自宅に閉じこもり株式のデイトレをしている身としては、スマホの通信はwifiメインなのでUQに拘る必要性は低い。
しかし、平日夕方や休日の繁華街・ショッピングセンターなども速度低下が殆ど見られないので超快適。

これまでUQモバイルを利用してきた感想は、
あまり090番号で電話をしない利用者(特にセミリタイア者など)は、UQモバイルのスマホプランSがおススメ
実は、他の格安sim業者と比較してもそんなに料金が変わらない
です。
以下で詳細をご紹介していきます。

UQモバイルのおススメはスマホプランS

UQモバイルとは

まずは、UQモバイルについて。
そもそもUQモバイルは、2007年に設立されデータ通信のWiMAXを展開してきました。
その後、WiMAXのwifi高速ルーターなどを提供しながら、auの傘下企業としてWiMAXの帯域をauのスマホに提供。
auのスマホは、au自身が展開するBAND1や26などに加えてWiMAXのBAND41を利用できるのはそのためです。

更に、最近ではUQモバイルブランドとしてスマホ事業を行っています。
ここでややわかりづらいのは、UQは格安sim事業者であるMVNOであり、且つキャリア事業者であるMNOでもあること。
というのも、UQモバイルと契約するとauから借り受けている回線で通信すると同時に、電波状況により独自のWiMAX回線でも通信するため。
これは、現在auで提供されている4Gスマホの通信方法と同じ。
auVolte方式です。

auVolteは対応機種が少ないのが弱点だよね

ここでキモになるのがUQモバイルの通信速度。
よく雑誌やWEBでUQモバイルは爆速などと紹介され、実際に私が1年間利用してきてもその通信速度には大満足。

他の格安sim事業者(MVNO)が「UQはauのサブブランドとして優遇されていて不公平」と言いますが、
UQモバイルはそもそもMNOとして独自にWiMAX回線を提供しており、そのWiMAX帯域を使えば高速に通信できることに加え、
auにWiMAX帯域を提供してauから利用料金を徴収していることやWiMAXの儲けがあることで、その儲けをauから借りる回線利用料に回しており、他の格安sim業者よりも帯域が厚くなっている
ため、速くても不公平ではないと考えられます。

UQモバイルのプラン各種

UQモバイルで契約する際に迷うのがどのプランで契約するか。

2019年10月に大々的に変更となり、以降の新規契約・MNP転入についてはスマホプランのみとなりました。
1か月の利用可能データ容量で決まるスマホプランS・M・Lです。

データ通信利用可能量はそれぞれ3G・9G14G
これまでの通話料を一部含んだぴったりプラン・おしゃべりプランは廃止
ぴったりプラン・おしゃべりプランの機能はオプションで対応
月額料金はそれぞれ1,980円、2,980円、3,980円
となります。

新プランではMNPでの転出や解約に伴う契約解除料は不要になりました。
但し、MNPでの転出には3,000円が必要になります。

通話料一部無料オプションを使うかG-Callを使うか

通話料一部無料のオプションは2種類。

1回10分までながら、回数無制限で月額700円
月間総通話時間60分まで月額500円
です。
上記時間を経過後は20円/30秒。

オプション無しの場合は20円/30秒なので、頻繁に090通話をする人はどちらかを契約した方がお得。
尤も、最近はLINEなどのアプリで通話するひとも多いでしょう。
その場合はそこまで090通話を使わないのでG-Callを使うという手もあります。
私も使っていますが、通常30秒毎20円かかる料金がG-Callを使うと半額の30秒毎10円になります。

サイトから申し込むと数日で使えるようになるよ

使い方はG-Callに登録後専用アプリから発信するか、通常の電話アプリから発信先番号の前に4桁の識別番号を追加して発信するだけ。
電話帳の番号に予め識別番号を加えて登録しておけば、G-Callアプリを使う必要もありません。
専用アプリはスマホの電話帳と連携しているので、自動的に識別番号が追加されて通常の電話アプリと同じように使えます。

もちろん発信者番号も相手に通知。
IP電話と違い通常の携帯電話の通信、且つ基本料金無料でなので利用が無ければ課金されません。

基本料金無料は嬉しい!

私はセミリタイアして自宅にいることが多くデータ通信する機会が少ないとはいえ、いくら安くてもデータ通信スピードが遅ければ台無しですが、そこはUQモバイルの爆速通信で大満足。

UQモバイルの契約はエントリーパッケージがお得

UQモバイルを契約する際は、ショップや家電量販店の店頭で契約したりUQモバイルのHPで申し込むのが普通です。
しかし、もっとお得な方法があります。

【最大13,000円キャッシュバック※+事務手数料3,000円が無料】BIGLOBE UQ mobile ウェルカムパッケージ(音声通話付SIM/データSIM)au対応の格安SIMカード
BIGLOBE UQ mobile
¥350(2019/09/23 15:45時点)
新規契約で「最大13,000円キャッシュバック」実施中! (2019年8月29日~9月30日) ※音声付プランのみが対象です。データ専用プランは対象外です。

それは、アマゾンでエントリーパッケージを購入する方法。
通常3,000円(税別)かかる初期費用がエントリーパッケージ代金のみに。
加えて、契約プランによりキャッシュバックキャンペーンが度々実施されています。