海外レンタカーを賢く便利に安全に利用する

car

海外での運転も楽しいが勝手が違う…

GWも残りわずかとなりましたが、既に夏休みの海外旅行を計画している人も多いでしょう。
そして、海外に旅行した際にレンタカーを借りて足にするひとが増えています。
特にハワイでは、リピーターを中心にノースショア方面まで足を延ばす際に、現地のツアーなどを利用せずレンタカーを利用するケースが多いようです。
最初は現地のツアーやバスを利用しても、次回訪れた際はレンタカーを借りて自由に行動したいと思うことも多いでしょう。
私もそうでした。

しかし、そこは海外。
日本で借りるのとは勝手が違いますし、もちろん交通ルールなども違います。
ここでは、海外レンタカーを日本で予約する方法や現地での注意点などの情報をご紹介してまいります。

海外で運転するための免許はどうするのか?

海外でくるまを運転するにも当然ながら運転免許が必要です。
尤も、日本在住で現地で有効な免許を持っているひとはほとんどいないでしょう。

でも大丈夫!
日本の運転免許証を持っていれば(有効期限満了まで1年以上)、国際免許証を発行できます。
国際免許証があればジュネーブ条約に加盟している国で運転が可能です。
普通に旅行する先ならほぼO.K.です。

 国際免許証の取り方

各都道府県の運転免許センターで取得できます。
受付は平日のみですが即日発行です。

必要なモノは、
残存1年以上の免許証
パスポート(都道府県によってはコピーや航空券などでも可。要問合せ)
写真(5㎝×4㎝でパスポートサイズよりも大きい)
申請費用2,400円

有効期間は1年で、その先は更新ではなく再申請のかたちになります。
注意したいのは、国際免許証を携行する際は必ず日本の運転免許証も携行する必要があることです。
日本の免許証がで国際免許証はに過ぎません。

また、1年以上の滞在には対応できないので、滞在がそれ以上になる場合は現地の運転免許を取得することになります。

ハワイでは国際免許証不要で運転できるものの…

実は、ハワイでは日本の免許証でも運転できます。
入国後1年以内、且つ日本の有効な運転免許証を所持している場合のみですが。

しかし、いくら日本の免許証でお手軽に運転できるとはいえ、やはり国際免許証を取得・携行した方がいいでしょう。
なぜなら、事故や交通違反の際に現地の警察官が日本語の免許証を読めず、無免許扱いになるケースがあるらしいのです。
その場合、本人か代理人の弁護士が裁判所に出頭することになり一大事です。
在ホノルル日本総領事館のHPにも国際免許証の携行を強くお勧めいたしますと記述されています。

うそだろっ!
終戦直後じゃないんだから、ちゃんと教育しろよ!
っと叫んでもダメです…

海外レンタカーを申し込む方法

以下、レンタカーの申込方法です。
いずれの場合でも、事故に備えて保険はフル装備にすることをおススメします。

現地で申し込む

空港の到着ロビーにでかでかと看板を掲げたレンタカー会社があるので、そこで直接申込です。
但し、プランの比較ができないうえに外国語による交渉ですし、保険をはじめとした各種契約内容を確認するなど結構大変ので、おススメは日本から予約してしまう方法です。

旅行会社のオプションとして申し込む

JTBやHISなど大手の旅行会社では、オプションとして海外レンタカーを申し込みできます。
もちろん日本語ですし、支払いも国内・クレジットカードです。
保険なども充実しています。

日本で一括見積サービスを利用する

自動車保険や引っ越しなどと同様に、一括見積サービスを利用できます。
多くのレンタカー会社から様々なプラン・車種を選べるのでお得に利用できます。
お気に入りのレンタカー会社・プランを選択し、そのまま支払いもクレジットカードです。
競争原理が働くので、キャンセル料無料など嬉しい特典が付随することもあります。

現地で実際にレンタカーを借りる際の注意点

アップグレードの勧誘に注意

現地ではやたらと車種のアップグレードを勧めてきます。
受付が混んでいる中でイエス・イエスなどと流していると、とんでもない車種にアップグレードされる危険性が…
日本で支払いが完了している場合は、支払済伝票を提示します。

出発時のチェック

日本と同様、乗車する前にキズなどをチェックしましょう。
また、ちゃんと整備された車かどうか確認するため、外に出る前に軽く駐車場の中を走行することをおススメします。
ウインカーやワイパーなども作動するか要チェックです(日本の様に、全て完璧に整備されていとは限りません)。
返却時のガソリンも要チェックです。
通常は満タン返しですが、オプションで満タン返し不要の場合もあります。

駐車場のギザギザに注意

アメリカなどでは、盗難や事故防止のために事務所付近の出入り口にギザギザがあることがあります。
正しい方向から走行すれば問題ありませんが、逆から走行したら最悪です。
右側通行なのに、最初は慣れずに左側車線に突っ込むこともあるようです…
タイヤに大きな穴が開くことになります…
出発前から大トラブルで意気消沈です…

返却時の注意点

ガソリンです。
満タン返しのオプションが付いていなければ、満タンにしなくてはなりません。
もししていない場合、通常の5割増しほどの金額を請求されることもあります。
返却場所に着いたら、キーを挿したまま契約ホルダーを従業員に渡して完了です。

運転時の注意点

走行車線の違いに注意

日本では左側車線を走行しますが、ほとんどの国は右側車線を走行することになります。
左側は、イギリス、オーストラリア、マレーシア、シンガポールなど少数です。

また、ハワイでは空港周辺・ホテル周辺にスピードを落とさせる目的で、デコボコのバンプが設置されています。
スピードを落とさないと吹っ飛ばされるので要注意です。

交通ルールの違いに注意

例えば、アメリカでは赤信号でも右折は可能です。
このように、国によって交通ルールは違うので予め調べておきましょう。

お得に便利に安全に、海外でレンタカーを利用しましょう!

スポンサーリンク