真鶴道路の激しい渋滞は抜け道の県道を通れば結構回避できる

sea

真鶴道路の渋滞にはまると逃げ道が無くキツイ!

伊豆からの帰り道は酷い渋滞で疲れが倍増

私がお気に入りの温泉リゾート地は伊豆。
尤も、車で首都圏から東伊豆方面に行き、楽しい旅を楽しんだ後に待っているのが帰り道のキツイ渋滞です。
ハイシーズンの日曜日昼過ぎともなれば伊東の手前から既に渋滞が始まり、網代・熱海中心部と続いた後にクライマックスは真鶴道路です…
全線10キロ以上に渡る渋滞が発生することも珍しくなく、GWや夏休み・連休・お正月などは、それは考えただけでも恐ろしくなります…

しかし、この渋滞地獄を軽減するための抜け道が存在します。
これを知っているのと知らないのとでは、通過時間に数時間の差が生まれることもあります。
やや狭いですが、国道として普通に車が走行するのに使われていた道なので、乗用車なら問題なく通行できます。
但し、地元の方の生活道路でもあるので、くれぐれもスピードは抑えて安全に走行しましょう。

山越えルートも検討

なお、伊豆方面から首都圏方面に戻るルートしては他に、
海沿いを走行するのではなく伊豆スカイライン⇒箱根ターンパイクなど⇒小田原
伊豆スカイライン⇒芦ノ湖方面⇒東名御殿場IC
熱海の伊豆山や湯河原⇒湯河原パークウエイ⇒箱根ターンパイク⇒小田原
来宮(きのみや)から十国峠⇒ターンパイク⇒小田原
などの山越えルートもあります。

どのルートも箱根を訪れた観光客が合流するので微妙ですが、真鶴道路が全線渋滞したり今回の抜け道にも渋滞が発生する場合は結構使えます。
但し、上記~は有料道路を走行することになります。
渋滞情報を確認しながら、空いていそうなルートを探すといいでしょう。

広い意味で真鶴道路は全部で3本ある

掲題の通り、真鶴道路は実質的に3本あります。

①真鶴道路(真鶴ブルーライン)

現在も有料道路であり、かつては真鶴道路(新道)と呼ばれていました。
トンネルを通ることで最短距離で通過できる一方、混雑時の渋滞は激しいものとなります。
ちなみに、ETC利用不可です…

②国道135号

かつては真鶴道路(旧道)と呼ばれ有料道路でしたが、2008年に無料化されたのと同時に国道135号と名称変更されました。
東海道本線よりも海側に所在し、市街地を走行することになります。

③神奈川県道740号小田原湯河原線

かつては国道135号でしたが、前記真鶴道路(旧道)が国道化されたことに伴いこちらが県道化されました。
東海道本線よりもほぼ山側を走行することになり、この道路が抜け道になります

抜け道マップ

走行する際のポイント

ポイントは4点あります。
なお、ここでの説明は全て伊豆・熱海方面から小田原方面に走行することを前提とします。

①湯河原町に入ったら左側の車線を走行する

熱海から湯河原町に入ると片側2車線で走行することとなりますが、右側車線を走行すると有料道路路で逃げ道が全くない真鶴道路(真鶴ブルーライン)に吸い込まれてしまいます。
混んでいると、左側車線に車線変更できなくなることが多いのです。

②県道小田原湯河原線に入る

暫く真鶴道路と国道135号線は並行して走行することになります。
この2つの道路が分かれるとすぐの信号機のある交差点を左折し、県道小田原湯河原線に入ります。
このタイミングを逃すと、残されたチャンスはあと一回のみ。
国道135号線は東海道本線の手前を道なりに東方向に行き真鶴駅方面に進むことになりますが、そのチャンスとは道なりに東側に行く手前で東海道本線の下をくぐって北側に抜けるのみとなります。

ここを過ぎると、Uターン(渋滞時は危険なのでほぼ無理)する以外は渋滞に突っ込むしかありません…
ホントは先にもう数か所県道に入る道もあるのですが、渋滞時には恐らくその地点に到達する前に渋滞にはまっていることが多くなります(右手前への急カーブの途中など)。

③根府川で合流しない

根府川駅を過ぎ抜け道も残り僅かとなると、一旦国道135号線と合流するポイントがあります。
しかし、ここでは合流せずそのまま斜め左に進み、再度細い抜け道を進みます。
このポイントでは、既に真鶴道路と国道135号線が合流済みで交通量がかなり多くなっているため、合流は先延ばしです。

④正寿院の先も合流しない

の根府川の交差点を過ぎ1.5キロほどで右手に正寿院というお寺が見えます。
その先100メートルちょっとのところで道は二手に分かれ、右に行くと合流になります。
しかし、ここでも合流しません。
できるだけ本線を走行しないことが渋滞にはまらないコツです。
ここから1キロほど細い道を走行し、石橋のすぐ手前で遂に本線に合流です。
お疲れさまでした。

最後に

今回の抜け道は一部道幅がやや狭い区間があり、またくねくねの山道になります。
また、現地の生活道路でもあります。
くれぐれもスピードは控えめにして、安全運転を心がけてください。
楽しいドライブとなることを願っています。

そういえば、この抜け道沿いには柑橘系果物を売っているお店がたくさんあります。
気になった方はぜひ覗いてみてください。