普段の生活で現金決済をしなくなり、先月はたったの2回だけだった

coin

現金決済をする機会が激減している

みさなんもそうだと思いますが、私もクレジットカードや電子マネーを使う機会がどんどん増え、逆に現金で決済する機会が激減しています。
キャッシュレス決済の機会が増えている理由は二つ。

使えるお店が増えている

もともと高額な商品を売るお店で使えることが多かったことに加え、最近は街の食品スーパーなど現金決済しか出来なかった小規模のお店でも使えようになっています。
私は普段大手のスーパーマーケットに加えて近所のスーパーでも食品を買うことが多いのですが、その近所のスーパーでもクレカに加え電子マネーまで使えるようになりました。
お気に入りのスーパーであるロピアでもVISA・MASTER限定ですが使えます。

また、小規模な食べ物屋さんでも使えるところが増えています。
例えば、以前から大好きでちょくちょくお邪魔する巨大な餃子でお馴染みの天龍(東京銀座)でも、数年前に綺麗なビルに移転したのを機にクレカを使えるようになりました。

少額決済でもクレカ使用を気後れしなくなった

クレカを使うとほとんどの場合ポイントが貯まります。
更にはマネーフォワードなどのスマホアプリの普及により、クレカを使うことで家計簿のように簡単に支出を管理できるようになりました。
そのため、コンビニなどを中心に数百円の少額決済でもクレカを使う人が増えたようです。
電子マネーが担ってきた少額決済手段にクレカも進出してきたのです。

まわりのひとが少額でもクレカ決済をしているのを見て、これまで少額決済にクレカを使うことにちょっと気後れしていたひとも、気兼ねなく使用できる雰囲気が出来てきたのだと思います。
まさに私に様に。

手元の硬貨が減らない

先月の現金決済はたったの2回

こうした現金決済機会の減少を受け、現金がお財布から出ていくペースが劇遅になりました。
ちなみに、振り返ってみると先月に現金決済をしたのはわずかに2回。
1,000円散髪(税込1,080円)のQBハウスで散髪をした時と、現金会員カードを使いガソリンを給油した時の2回のみです。

ということで、3/15付コンビニATM手数料無料回数が減っても月に2回もあれば余裕でご紹介した通り、今年に入り3月半ばになってもATMでお金を引き出したのは僅かに1回。
本日は既に4月ですが、その後もATMから現金を引き出していません…

手元の硬貨が減らない

これまで買い物の際にはできるだけ硬貨を使用するようにしていたのですが、結果としてその硬貨を使用する機会も激減しています。
先月でいえば、硬貨を使用したのは散髪した際の1回のみです。
現金会員カードを使ったガソリンの給油では最初に紙幣を機械に入れますが、硬貨は入れることが出来ずお釣りで受け取るだけのためです。
更に手元の小銭が増えます。

以前は毎日100円ブタさん貯金箱貯金をしていましたが、SBI証券での毎日100円投信積立に変更したので小銭入れから出て行かなくなりました。
ちなみに、毎日100円投信積立は金額を増額しています。

そして、ここで困るのが増える一方の硬貨をどうするかです。
なぜなら、硬貨はコンビニなど銀行店舗以外にあるATMでは入金できないからです。

コンビニなどの銀行店舗外ATMで硬貨を扱わない理由は、
故障しやすい
駆動部分が増えるほど機械は故障しやすく、特に硬貨を扱うと投入口から異物が入り込みやすいため故障を引き起こしやすい。
ATMのスペース上の問題
特にコンビニATMは、スペース的な制約で小さい筐体に多くの現金を収納する必要がある一方で硬貨では効率が悪い。
重い
ATMにお金を収納したり回収する際に、硬貨は重く運搬が大変。
などなど。

TVなどで麻袋に入った硬貨を運ぶシーンを見ることもあるでしょうが、あの麻袋の重さと言ったらそれは想像を超えます…
特に女性では床から台車に乗せられないこともあるくらいです…

郵便局ATMが大活躍

ここで重宝するのが郵便局にあるゆうちょのATMです。
郵便局は住宅街にもたくさんあり、そのほぼ全てにゆうちょのATMが設置されています。
そして、硬貨も入金できます。
もちろん、窓口が開いていれば窓口での入金も出来ます。
ちなみに、りそなを除き銀行などは午後3時で窓口は閉まりますが、ゆうちょは午後4時まで開いています。

但し、ゆうちょ以外の提携キャッシュカードでは硬貨の入金ができないケースがあるので注意してください。

エッソのnanaco決済価格が現金会員価格なら嬉しい

前記の通り、数少ない現金決済を強いられるのがガソリンの給油です。
エネオス(JXTG)と統合したエッソではnanacoで決済可能なものの、現金会員価格にならないので現金で支払った方がお得です。
nanaco決済でも現金会員価格で給油できれば、0.5%還元に悪化したとはいえヤフーカードでクレジットチャージする際にポイントが付くのでnanacoで決済するのですけど…

エッソではクレカとリンクさせたスピードパスと言う決済用の小さい端末を使うと会員価格になりますが、手元のクレカ情報を登録するのがちょっと怖いので導入していません…

一層のキャッシュレス社会化を望みます

もともとお財布が硬貨で重くなるのが嫌いで札入れと小銭入れを別にしているのですが、最近は小銭入れを持ち歩かないことも増えました。
やむを得ず現金決済を強いられてお釣りとして硬貨を受け取った時は、バッグに常備しているビニールの小袋に入れて、そのままバッグに入れてしまいます。

クレカ決済にしろ電子マネー決済にしろ、店舗には決済手数料負担が発生し回り回って消費者がその負担をすることになります
しかし、盗難や数え間違いなどのリスクが減るので、QBハウスのような低額サービスのお店でも店舗の利益と考えて、キャッシュレス決済を導入してくれるとありがたい限りです。

スポンサーリンク