ゆうちょの睡眠貯金(睡眠預金)は預入時期等により没収される場合があり要注意

wow

睡眠預金・睡眠貯金の活用

睡眠預貯金とは

預金にしろ貯金にしろ、長期間使っていなかった口座のキャッシュカードを使おうとして、久し振りにATMに通したところ使えなかった経験がある人もいると思います。
引き出しだけでなく残高照会もできなくなります。
これが、睡眠預貯金です。

こうなると、残高確認をしたり預貯金を引き出すためには営業時間中に金融機関の窓口に行くしかありません。
それでも、払い戻し請求をすれば利息を付けてちゃんと返してくれます。

この睡眠預貯金に関しては、預貯金していることを忘れたりわざと放置しているだけでではりありません。
預貯金者が他界し、相続手続きがなされないまま放置されているケースも多いようです。
一旦睡眠預貯金になると払い戻されるケースが少ないため、預入先金融機関は自分たちの利益として雑益に計上し、払い戻し請求があれば雑損として計上します。
ちなみに、金融機関全体で年間約700億円程が雑益として計上されているようです。

睡眠預貯金の活用が話題に

最近話題になることに、この睡眠預貯金の活用があります。
睡眠預貯金を金融機関の収益にするのではなく、社会的に意義のある事業に役立てようというのです。
睡眠預貯金の管理には費用がかかるので利益計上することにも一理あるのですが、2012年民主党政権下で人気取り政策の一つとして持ち上がり、結局今年の1月末に政府が基本方針案を取りまとめました。

そんな中、3/2付日経新聞朝刊金融経済面に

「休眠預金活用」システムに課題

と題した記事が掲載されました。

「金融機関は睡眠預貯金の雑益計上を取り上げられることに加え、システム投資に数十億円以上を負担させられるとして不満がくすぶっている」と紹介されています。
この制度も結局は補助金として活用されることから新たな利権になり、政治家・役人が自由に使えるお金が増えるだけなのですけどね。
それにしても、毎年700億円の利権って凄い…

ゆうちょの睡眠貯金は預入時期等により払い戻し不可のケースがある

先ほど、「一旦睡眠預貯金になっても金融機関の窓口に行けば払い戻しできる」とご紹介しましたが、ゆうちょの場合は注意が必要です。
ポイントは2007年10月1日の郵政民営化です。
同日を以ってゆうちょは民営化され、それまでの旧郵便貯金法による規制から銀行法による規制に代わりました。
そのため、睡眠貯金の取り扱い方法が変わったのです。

具体的に、下記マトリスクでご説明します。

yuucho

1年満期・10年満期などの定期性貯金や預入後半年経過で払い戻し自由な定額貯金などと、キャッシュカードで出し入れできる流動性貯金の通常貯金・貯蓄貯金で取扱いが分かれます。

定期性貯金

民営化された2007年10月1日を境にして、同日以降に作成した定額・定期・積立貯金は睡眠貯金になっても窓口に行けば払い戻してくれます。

しかし、2007年9月30日以前に作成した後で満期を迎え、更に満期日から20年2か月が経過すると、旧郵便貯金法の規定により払い戻しがされず没収されます。
本日2018年3月3日で計算すると、1998年1月3日以前に満期を迎えその後放置されている定期性貯金は、ゆうちょの窓口に行っても払い戻しができず没収されてお金は国庫に入ることになります。
要は、国のものになってしまいます…

流動性貯金

ATMを使い入出金ができる通常の郵便貯金や貯蓄貯金です。
こちらは、最終入出金が1987年7月31日以前だった場合(民営化された2007年10月1日の前日である9月30日の時点で、最終入出金日から20年2か月が経過している場合)は没収です。
旧郵便貯金法の規定によります。

1987年7月31日以降に入出金を行っていれば、睡眠貯金になっていたとしてもゆうちょの窓口に行けば払い戻してくれます。
私は、学生時代に親から仕送りしてもらう際ゆうちょを利用していたので、1987年7月31日以降も入出金をしています。

卒業後一回も入出金をしていないので少額が睡眠貯金になっているでしょうが、窓口に行けば払い戻してもらえることになります。
尤も、通帳もキャッシュカードもどこにあるかわかりませんが…

残高確認のススメ

ゆうちょの総合口座通帳で定期貯金などを作成していれば気付くかもしれませんが、ぺら紙一枚の証書で作成している場合はどこかに紛れ込んで気付かない、もしくは作成したことすら忘れているかもしれません。
特に、高齢の家族がいてゆうちょを利用していた場合は要注意です。

ゆうちょの窓口に本人と行けば、残っている貯金があるか名寄せして確認してくれるかも知れません。
念のため確認しておくことをおススメします。

睡眠貯金の詳細は、リンク先のゆうちょHPにてご確認ください。
せっかくの財産が没収されて国庫に入るのは悔しいですから。

スポンサーリンク

シェアする