生命保険を中途解約して加入する生保がゼロになった~じぶんの積立を検討

familyins

生命保険に随分と加入してきた

私の生命保険加入歴

私はこれまでいろいろな保険に加入してきました。
自動車保険を除いても、定期保険・年金保険・医療保険等さまざまです。

最初に加入したのは大手生保で一般的な定期付終身保険です。
大学卒業を間近に控え、3月の終わりに勤務先となる銀行の支店に顔合わせと手続きに行き、口座の作成や書類への記入を終えた後のことです。
別室に通されると元気なおばちゃんが待っていました。
そうです!
GNP(義理・人情・プレゼント)全開の生保のおばちゃんです!

無理矢理加入させられた

当時は今以上に各銀行毎に親密生保との関係が深く、親密生保商品への加入はほぼ義務でした。
代わりに生保の社員さんたちは親密銀行に口座を開設し、クレジットカードやカードローンを契約していました。

世間のことをよくわかっていない学生が勤務先上司とおばちゃんからの要請を断れるはずもなく、同期入社となる仲間たちと共に即座に加入書類に記入させられます(口座作成用にハンコを持参しているのでおばちゃんには好都合)。
そのまま車に乗せられ、おばちゃんが日頃から使っている内科医に直行し健康診断。
それが終わると、晴れて(?)加入が決定しました。

社会人デビュー前の独身で扶養家族もいない20代前半の若者が、保険金額6,000万円の定期付終身保険に加入してしまった瞬間です…

解約するのも大変

ちなみに、加入した際の支店に勤務している間は解約しないのが暗黙の了解で、もし解約しようものならおばちゃんが支店に乗り込んできます。
私もそのプレッシャーを跳ね返すことができず、転勤後に解約しました。
解約後即座に自宅に電話がかかってきましたが、シカトしたのは言うまでもありません。
随分と圧の強いおばちゃんだと思っていたら、その生保の成績優秀者だと後から知りました…

その後、大手企業ならではのお得な団体保険に入った後、転職してからは団体保険の代わりにオリックス生命で割安な定期保険を契約しました。
私の一族はガン家系なので、もしもに備えガン保険にも加入していました。
そのガン保険は今年に入り解約しています。
その際のことは、2/10付がん保険を解約した~生命保険料控除もあり実質負担は随分少なかったをご覧ください。

オリックス生命の定期保険を解約

保険に加入する理由

そもそも保険とは、自分が許容できる以上のリスクに備えるために入るモノです。

一般的な定期保険は、遺される家族が生活に困らないようにある程度の資産を残すためのものです。
逆に言えば、ある程度の資産を保有していたり、遺される家族が自分で生活できる程度の収入を得ているならば不要なモノです。
ガン保険を含めた医療保険にしても、高額療養費制度が充実している中で治療費を賄えるほどのそこそこの貯蓄があるならば、無理して加入する必要はありません。

幸いにして、私の場合もデイトレ収益と積み上げた資産、家族の収入で保険に頼らずとも何とかなる状態になってきたので解約することにしました。

医療保険に続いて定期保険も解約

保険の必要性の観点から、今年に入りまずガン保険を解約しました。
アヒルがトレードマークのがん保険最大手の商品です。
20年以上加入しましたが、生命保険料控除の効果と解約返戻金受取により、保険料の8割ほどが戻ってきたので結果として随分とお得だった気がします。

そして、本丸の定期保険も解約です。
HPにアクセスして解約用書類を請求します。
数日で到着したので、記入のうえ保険証券と併せ返送します。
別生保のガン保険を解約した際には保険証券は不要でしたが、オリックス生命の定期保険の場合は必要でした。
紛失している場合や住所変更手続き未済の場合は、別途手続きが必要です。

そして、一式をポストに投函後1週間ほどで解約返戻金が振り込まれました。
私の加入した商品は無配当タイプでしたが、中途解約扱いのため一部戻ってきました。
返戻金は払込金額に対し20%弱です。
これまで旧生命保険料控除を活用して所得税・住民税の還付を受けてきたので、税還付効果を加えれば実際の負担は更に少なくなります。

ライフステージに合わせて保険を見直そう

前記の通り収入や貯蓄が十分ではない時期に、まさかの事態で遺される家族の生活を守るため生命保険はとても有効です。
しかし、その後の家庭環境・所得環境等の変化に伴い、保障内容の見直しや解約を検討することも必要でしょう。
無駄な保障を削り必要な保障を確保することは、家族の安心につながりますし資産形成にも役立ちます。

私は今回の定期保険解約で加入する生命保険が無くなってしまいました。
そこで、生命保険料控除を有効に活用するため、明治安田生命のじぶんの積立の資料請求をしました。

この商品は貯蓄系商品で利回りはとても低いものの、中途解約しても元本割れが無く払い損になりません
加えて、生命保険料控除を使えるので税還付を通じて実質利回りを稼ぐことが出来ます。
早速、近所の営業所から電話が来ましたが…
じぶんの積立の詳細は、9/23付明治安田生命のじぶんの積立と税金還付でお小遣い稼ぎをご覧ください。

生命保険は家に次いで大きな買い物ともいわれますので、ちょっと面倒でも見直してみるといいかもしれません。
自分で試算・計算してもいいですし、独立系代理店を活用するのも手です。
但し、代理店を使う場合は過剰な保障内容にならないように気を付けましょう!

追記

結局、じぶんの積立への加入は見送りです。
詳細は、4/2付明治安田生命のじぶんの積立は契約せず~他商品への誘導意図がキツ過ぎるをご覧ください。

スポンサーリンク