日銀は前引け時に日経平均株価がプラスでも日本株ETFを買う時がある

boj

日銀による日本株ETF購入政策

日銀によるETF購入額は目的を変えながら漸増

みなさんご存知の通り、日銀は日本株のETFを購入しています。
世界の中で唯一、株式を定期的・実質的に購入している中央銀行です。

当初日銀が日本株ETFを買い始めたのは2010年10月に開催された日銀金融政策決定会合での決議によるもので、2011年末までに4,500億円を購入するという内容でした。
ちなみに、この政策の導入目的は「短期金利の低下余地が限界になっている状況を踏まえ、金融緩和を一段と協力に推進するため、長めの市場金利の低下と各種リスク・プレミアムの縮小を促すこととし、臨時措置として(中略)基金をバランスシート上に創設する」でした。

この当初導入目的を今でも覚えている人は、日銀内部の一部関係者と債券ストラテジストくらいでしょうか?

その後は、
2011年3月 2012年6月末までに更に4,500億円追加
2013年4月 年間1兆円(第一次バズーカ)
2014年10月 年間3兆円(第二次バズーカ)
2016年7月 年間6兆円(倍になっていますが印象が薄い)
と、漸次増額されています。

また、この間に「設備投資及び人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するためのETF」と称し、上記枠内で相場変動に関係なく毎日12億円ずつ購入しています。

日銀による日本株ETF購入パターン

当初より、日銀が相場形成に関与し株価を引き上げているとの批判を浴びないようにするため、「前引け時点で大きく前日比マイナスになると後場からETFを買い始める」との観測が流れています。
日銀は購入パターンの存在を認めていませんが…
そのため前引け時点で前日比マイナスになっていると、後場に入り妙に底堅くなる傾向も見られます。

こうした中、私も前引け時点での前日比水準を記録するようになりました。
そして、確かにそうした傾向は見て取れます。
前引け時点で前日比ある程度のマイナスになると、日銀が買い出動しているのです。
但し、マイナスの水準はちょくちょく変わり、前回日銀が買ったからと言って同じ水準で再度買うとは限りません。
何らかの追加ロジックがあるのでしょう。

下記表は、今年に入ってから3/22までの前引け時に前日比マイナスになった日の日銀の動きです。

bojetf今年に入ってからは、前引け時点で前日比▲0.10%~▲0.20%台だと入らないようです。

注目すべきは3/22です。
TOPIXとJPX400は前引け時点でマイナスですが、日経225は前日比でプラスなのに日銀は国内株ETFを購入しています。

実は、過去にもこういった例があります。
2016年9月13日に日銀は733億円の国内株ETFを購入していますが、その日の前引け時の動きは、日経225が+0.02%・TOPIXが▲0.24%・JPX400が▲0.27%。
同じく2017年11月14日には日銀が711億円を購入しており、その日の前引け時の動きは、日経225が+0.27%・TOPIXが▲0.14%・JPX400が▲0.15%です。

これらの事例から、単純に日経225指数が前日比でプラスだから日銀は買わないだろうと決め打ちをして空売りをすると、足元をすくわれる可能性もあるので注意しましょう。
TOPIX型ETFの購入割合を増やしている影響があるのかもしれませんが…

日銀による出口戦略に不安がある

それにしても、日銀は年間6兆円もの国内株を実質的に購入して、異次元金融緩和政策の出口が近づいたらどうするつもりなのでしょう?
購入した金融機関保有株をパッケージ化して売りに出す際は、現在の異次元金融緩和政策の下で購入する仕組みに潜り込ませて悪影響を抑えましたが、今度は金額がとてつもなく大きくなります。
償還日が到来すれば現金化する債券と違い、株式は売らなくては現金化しません。

売却先として当初想定したであろうGPIFは、既にお腹一杯まで国内株比率を高めていますし…

スポンサーリンク