モバブにもなるLEDランタンを災害対策と懐中電灯代わりに購入

lamp

LEDランタンは省エネ・安全で便利

震災直後の被災地計画停電は気の毒だった

2011年3月に発生した東日本大震災直後、首都圏では広い範囲で計画停電が実施されました。
幸いにして私の居住している地域は計画停電の区域外だったのですが、計画停電が実施された地域では街が消えてたように真っ暗になった映像をテレビで見ました。
計画停電が実施された地域とされない地域が隣接していると、街の様子が全く違って見えました。

更には、地盤の液状化で大きな被害を受けた新浦安付近も計画停電が実施され、暖房・トイレなどが使えず大変気の毒でした。

災害対策グッズを買いそろえた

そうした中で、今後新たな災害が発生したら私の居住する地域も計画停電区域に追加されるかもしれないと思い、東日本大震災発生直後からいろいろと災害対策グッズを揃え始めたのです。
ミネラルウオーターや乾パンなどは当然ながら、トレード中の急な停電に備える無停電電源装置(UPS)、ある程度の時間はAC電源不要なノートパソコン、光回線が使えない時用のモバイルルーター・格安simなどです。

そして、夜間に停電が発生した際に強い味方となるのがLEDランタンです。
私が購入したのはアウトドアグッズで有名なコールマン製の小型LEDランタンで、いざという時にはLED部分を4つ取り外してそれぞれが使える製品です。
尤も、震災直後は品不足で明らかな便乗値上げが横行し、本来2,000~3,000円の製品を10,000円以上の値段でアマゾンのマーケットプレイスに出品していた業者もありました。
私は落ち着いた頃に2,000円台で購入しました。
ああいう深刻な時に便乗値上げをする業者からは買いたくないものです。

但し、このLEDランタンは電源が単3電池×4本、且つ結構自然放電するため1か月毎位に電池を入れ替える必要があります。
あまりにも電池の減りが速いのでエネループと充電器も買いました。
エネループを始めとした充電式の乾電池は、何度でも充電できるので大変経済的です。
現在はほとんど使わなくなったWiiのリモコンにも使用していました。

LEDランタンを追加購入

最初にLEDランタンを購入して7年近く経過しましたが、その間のLEDランタンの進化は目覚ましいものがあります。
先日、たまたまショッピングモールのアウトドアグッズ売り場を訪れると、キャンプ用品などと並びものすごい数のLEDランタンが陳列されています。
しかも、機能が大きく進化している一方で価格はとてもお手頃です。

目ぼしい製品をアマゾンで検索してみると更に安いので、帰宅後に早速注文しました。
リアル店舗さんごめんなさい。

早速届いた製品は手の平サイズながら明るいうえに、何と5,200mAhのモバイルバッテリーにもなります。
災害時に不可欠なスマホの充電に使えるのです。
更には、生活防水レベルではあるもののアウトドア用製品なので防塵防水です。

これで、もともと所有しているLEDランタンよりも価格が安いのですからそのコスパには驚きです。
但し、私が保有しているコールマンの製品は、充電が切れても電池を入れ替えれば充電切れの心配なく使えるので併用していくつもりです。

我が家には懐中電灯が無いので懐中電灯代わりにもなりますし、いい買い物でした。
あとは非常持ち出し袋を購入し枕元に常備すれば完璧です。
なかなか買いませんけど…

スポンサーリンク