Yahoo! JAPANカードによるnanacoチャージが改悪~クレカ改悪が相次ぐ

sad

Yahoo! JAPANカードを使ったnanacoチャージが改悪

Yahoo! JAPANカードの改悪に意気消沈

既にご存知の方も多いとは思いますが、1/31にYahoo! JAPANカードはJCBカードを使いnanacoにクレジットチャージする際のポイント付与率を1.0%⇒0.5%へ引き下げると発表しました。
2/28の15時利用分からとのことです。
Yahoo! JAPANカードによるプレスリリースはこちらです。

今回の措置により、今までJCBブランドのみポイントが付与されていたものがVISA・MASTERブランドでも付与されることにやや驚きがあります。
それでも、JCBブランドのカードを作成しポイントを得ていた者としては残念。

ご注意事項

2/28の15時利用分から変更になりますが、プレスリリースの通り切り替え時点でデータがヤフーに届いていなければ新しい基準が適用されるようです。
JCBブランドを利用している人は早めにクレジットチャージしておいたほうがいいでしょう。

私も5月の自動車税やその後の国保税・住民税支払用に、早めにパンパンにしておこうと思っています(悪あがきです)。
チャージしたnanacoカードはくれぐれも落とさないようにしないと。
家に置いたままにしようかな?

Yahoo! JAPANカードを作成してまだ9か月

Yahoo! JAPANカードを作成した経緯

私がYahoo! JAPANカード(JCB)を作成したのは昨年の5月。
専業投資家として以前は現物中心にトレードをしていたため、特定口座で所得税・住民税を源泉徴収されて税金支払いはほぼ完了し、動きがあるとすれば還付でした。
しかし、トレードスタイルの変化を受け株式先物中心にシフトしてきたため、翌年に自分で支払う額が多くなってきたためです。

所得税は金融機関の窓口やクレカで支払う(昨年から)一方で住民税はコンビニでも支払うことが可能。
そこで、nanacoを使いセブンイレブンで支払うことにしました。
Yahoo! JAPANカードでnanacoにクレカチャージすれば1%分のポイントが付くため、ヤフー公金支払いを使い手数料を取られるよりもお得になるのです。

Jアラートと格安スマホ 昨夜、サブとして持っている古いiphone用に契約している格安simのmineoからJアラートに関するメールが届きました。 Jアラートを受信できない端末使用者にはヤフー...

ヤフー公金支払いとの比較

しかし、このお得な方法もわずか1年でお得感が半減します。
それでも0.50%分はお得なのですけどね。

ちなみに、私の居住地でヤフー公金支払いを使う場合の手数料率は最高で1.08%(1万円毎に108円)。
一方、メインで使っているジャックスのリーダーズカードの還元率は1.25%なのでぎりぎり損はしないレベルです。

最近はヤフー公金支払いに対応する自治体が増えていますが、1.08%を超える還元率を有するクレジットカードが少なくなってきているため利用が増えているかは不明です。

クレカの改悪が相次いでいる

クレカの改悪は電子マネー対応だけではない

昨年9月、楽天カードを使いnanacoにクレカチャージする際にポイントが付与されていた制度が廃止と発表されるなど、電子マネーへのクレカチャージで得られるお得手法がどんどん塞がれています。
これで、現在有利にnanacoにクレジットチャージできるカードは(ノーマル)リクルートカードのみになってしまいました。

ただ、リクルートカードもいつまで制度を維持するかわかりません。
ポイント付与率2.0%を誇るリクルートカードプラスは既に新規受付が停止され、且つリクルートカードプラスを利用した電子マネーへのチャージ時のポイント付与も2016年9月以降は停止されていますし…

リクルートカードも改悪されました。
1.2%の還元率は維持も、1か月でポイント付与対象チャージ額が3万円までになりました。

リクルートカードを使った電子マネーのクレカチャージが一部ポイント付与対象外になる クレカを使った電子マネーチャージがポイント対象外になる事例が相次いでいる中、遂にリクルートカードを使ったnana...

先月初めには、私も保有するTo Me Card PASMOのいわゆるANAマイルのソラチカルートが事実上封鎖されることが発表されています。
クレジットカードの利用で得たポイントなどをメトロポイントに移行し、そこを経由地にしてANAのマイルへ有利に再移行する方法です。

ANAマイルのソラチカルート封鎖に凹む 陸マイラー御用達のソラチカルート 私は陸マイラーというほどではないものの、クレジットカード利用やネットショッピングなどの際に貯めたポイントの内の一部を、...

ジャックスの方針転換

そもそも、漢方スタイルカード、エクストリームカードなどの高還元カードを多数取り扱ってきたジャックスはそういったカードを廃止、もしくは還元率引き下げに動いており方針を転換しています。
現在は、他社も含めて還元率が1.0%あるカードならば十分に高還元カードと言える時代になってきました。

VIEWカードとSuicaが最後の砦

電子マネーへのクレカチャージの最後の砦は、JR東日本のVIEWカードを使いSuicaにチャージする際に付与されるビューサンクスポイントです。
還元率は驚異の1.50%。
改札でのオートチャージ、JR東日本のATMやネットでのチャージでも1.50%です。
更には、利用があった月には20ポイント(50円分)がプレゼントされます。

日本全国の鉄道で利用できることに加え、ほとんどのコンビニでも利用できます。
税金等の支払いに使用できないのは残念ですが、イオンなどのスーパーでも使用できるため私のメイン電子マネーです(何と、業務スーパーでも使える)。

一説には、Suicaによる技術料を他社から得ているため少しは余裕があるようですが、それでもVIEWカードからSuicaへのチャージまでもが改悪にならないよう祈っています。

スポンサーリンク