積立投資買付日を月初に設定する人が最多らしいけど損してるかも

anger

積立投資の買付日は月初を指定する人が最多

積立買い付けでドルコスト平均法を実践

今年からつみたてNISAが始まるなど、積立を利用して投信を購入する人が増えています。
同額ずつ積み立てることにより、基準価格が高い時には数量を少なく、基準価格が安い時は数量を多く購入することになるドルコスト平均法を実践することになり、同一数量を購入していくよりも買付単価を抑えることが可能になります。

積立買い付けでは月初に買う人が最多

そして、積み立てで購入する際に設定するのがいつ購入するかです。
例えば毎月10日とか月末とか。

そんな中、気になる記事が2/2付日経新聞朝刊マーケット面に掲載されていました。
2016年7月から前月末の終値よりも月初の終値の方が高く引ける状態が続いている中で、個人の積立が影響している可能性があるとの記事の中にです。
その中で松井証券が、

買付日を1日に設定する投資家が一番多い

とコメントしています。

毎月積立を実施するならいつ買い付けるかは個人の自由ですが、1日に設定する人が最も多いという理由は私にはよくわかりません。
しいて言えば、「給料日が25日前後として、無くならないうちに早めに資金を証券会社に移動させると同時にその資金を遊ばせたくない、且つ資金移動のための若干の時間的余裕も勘案すると月初がいいか」と考える人が多いのかもしれません。

個人の積立投資を狙い撃ちする輩もいる

しかし、紙面の記事にもありますが月初が高いということに目を付けて前もって仕込んで置き、大量に入る積立の買いにぶつけるという動きも出ているようです。
また、四半期末や期末などはドレッシングの買いが入り易いことから月末月初の株価が高くなることも多く、わざわざ株価が高いときに買い付けるのは買付単価が上昇する可能性もあります。

何年も何十年も積み立てていれば誤差の範囲と言えなくもありませんが、それでも高く買わされている可能性があるなら悔しいと思うのは私だけでしょうか。

iDeCoでは買付日を指定できない

また、似たようなケースにiDeCoの買付日もあります。
iDeCoでは毎月26日に資金が引き落され、13営業日後に買付が実施されます。
個人の積立などと違い、引き落とし日や買付日を指定することはできません。
そのため、曜日の並びや祝日の有無などにもよりますが、月の中頃に買い付けることが多くなります。

2017年11月末時点でiDeCo加入者は既に70万人を突破しており、その人達が一人あたり5,000円を国内株投信に振り向ければ、毎月35億円を超える金額が国内株にそれも一日で投入されることになります。
この動きを先回りして買い付けておいて、iDeCoの買いにぶつける動きが出ていてもおかしくはありません。
買付日は誰でも知ることができ、且つ確実に買いが入るのですから。

高く買わされる可能性を下げる対策

月初を避けて別の日にする

iDeCoと違い個人の積立は買付日を自由に設定できるので、例えば10日とか20日にする。
尤も、iDeCoに拠出しているならばiDeCoは15日前後に買い付けるので、個別積立はあえて月初に設定するというのはリスク分散の観点からは理にかなっているのかも。

毎週積み立てる

金融機関によっては、買付日を月に一回ではなく毎週一回設定できるところもあります。
例えば、SBI証券では「毎週○○曜日」という設定も可能です。
毎月20,000円積み立てる予定なら、毎週火曜日に5,000円という設定も可能です。

毎日積み立てる

究極の買付日分散の方法が毎日積み立てです。
これもSBI証券なら可能です。
ちなみに、SBI証券では投信の積立買い付けもスポット的な買い付けも100円以上1円単位で可能ですので、毎日100円などというやり方もできます。

私もSBI証券でNISAと特定口座の両方を使い、海外株インデックス投信を毎日買い付けています。
詳細は、10/11付SBI証券で毎日投信積立サービスが始まった1/6付信託報酬下げを受けeMAXIS Slim先進国株式に毎日積立を乗り換えたをご覧ください。

iDeCoでも海外株インデックス投信を買い付けているので、リスク量を勘案しながらの購入です。
元々はブタさん貯金箱への毎日100円貯金を回したのですけどね。

積立日を設定する際はマーケットの癖に注意

新興国をはじめ株式市場の中にはなぜか8日辺りが安い、20日辺りが安いなどの癖を持つ国があります。
私が毎月買い付けしているアジア諸国の株式市場にも、そういった癖を持つ国があります。

こういった癖に関しては、bloombergなどのサイトで各国の株価を見る際にチャートで期間1年などと指定するとわかる場合がありますし、米国市場に上場されている国別ETFのチャートを見ても確認できます。
但し、米国市場上場ETFの場合はドル建てになるので注意が必要です。

長期間で見れば誤差の範囲内と片付けることも可能ですが、突発的なイベントの影響を抑えたり、出来るだけ平準的に買い付けていくニーズがあるならばちょっとした工夫でやりようはあります。
模索は続きます。

スポンサーリンク