Win10の更新とセキュリティを直ぐに実施しましょう~CPUの脆弱性に対応する

security

インテル製CPUに欠陥との報道

年明け早々から、

インテル製CPUに欠陥があり悪意を持った攻撃により本来はアクセスできない情報にアクセスできる脆弱性が見つかった

と報道されています。
インテルのCPUといえば、PCに搭載されているCPUの内で殆どのシェアを持つ製品です。
脆弱性自体はグーグルが数か月前に発見しインテルなどと対策を練っていたものの、英メディアがスクープとして報道したためインテルも慌てて声明を出しています。

報道内容によれば、この問題はインテル製のCPUだけでなくライバルのAMD、スマホ用MPU設計のアームの製品でも該当するようです。

脆弱性に対する対策

この脆弱性に対しては、

アンドロイド
最新のセキュリティ更新をした端末は対応済み。
ということは、古いOSバージョンの端末は未対応?
最新とはどのOSバージョンなのか、どのセキュリティパッチなのかは不明。

Windows
マイクロソフトが1/3にOSの更新を実施。

インテル
数日内に対応ファームウエアを配布予定。
です。

この内、Windowsに関しては私は3台のWindows10のPCを使用しており、本日朝に「更新とセキュリティ」を実行したところ、その内の1台に更新が降ってきました。
KB4056892です。
MSのHPを確認したところ、これが該当する対策プログラムかはわかりませんが1/3付で公表されていました。
なお、他の2台については「更新とセキュリティ」を実行しましたが降ってきませんでした。

通常MSの月例パッチは第一水曜日か第二水曜日が多いのですが、本日適用したパッチは月例分ではないので緊急なのでしょう。
念のため、今後数日はみなさんもお使いのPCで「更新とセキュリティ」を実行してみることをおススメします。

スポンサーリンク