Office2016Personalは買ってはいけない~2020年でサポート切れ

anger

Office2007サポート終了済を知り、慌ててOffice2016に乗り換え

Office2007の延長サポート期限切れに気付く

私は普段使いのPCにOffice2007をインストールして使用していました。
しかし、先日ある記事を見つけて慌てました。
それは「Office2007の延長サポートが既に2017年10月10日で切れている」というものです。
マイクロソフトのHPでも確認します。

普段からセキュリティ関連には気を付けているつもりでしたが、全くノーケアでした。
Windows10の「更新とセキュリティ」を行う際、特に変わることも無くOSと一緒にセキュリティパッチが適用されていたので。
尤も、期限切れ後の更新はMSの好意だったのですね。

MS製品のサポートライフサイクル

ちなみに、MS製品のサポートはWindows10のようなOSやOfficeといったその他製品を問わず、機能の改善も含めたメインストリームサポートとセキュリティパッチのみとなる延長サポートに分かれます。
普通の人が普通に使う分には、メインストリームサポートが切れても延長サポートさえ継続していれば十分。

しかし、延長サポートが切れるとソフトに脆弱性が見つかっても対処されないので使い続けることは非常に危険。
最悪の場合PCを乗っ取られたりPC内にある情報が流出する恐れもあります。

office
上記表はOfficeのバージョン毎に、いつどのサポートが終了するかをまとめたものです。
重要な延長サポート終了日で見ると、次はOffice2010の2020年10月13日がポイントになります。

Office2016を購入

Officeには用途に合わせ複数のパッケージがある

延長サポートが切れていると知れば、サポートされているOfficeに買い替えるしかありません。

OfficeはExcelなどの単体販売の他、複数のソフトを組み合わせてパッケージ化して販売されています。
私はExcelとWordしか使わないので、Office2016Personal(Outlookも同梱)を探します。
個人用としては他にHome&Businessがあります。
こちらはプレゼン用のパワーポイントも同梱なので値段が高くなります。
いずれのパッケージも2台までのPCでインストール&利用が可能。

ちなみにOffice365soloという製品もあります。
こちらは常に最新バージョンを利用でき、1年更新なら年額12,744円、1か月更新なら月額1,274円です(いずれも2台のPCまで利用可能)。
但し、長期間利用するなら通常の買い切り型の方が安上がりになります。

Office2016Personalを購入

早速、価格コムで価格をチェックすると32,000円超。
その値段の高さにガックリきます。
MSによる寡占パワーを改めて思い知らされます。

しかし、何とかもっと安く手に入れる手段がないかとアマゾンのサイトを覗くと29,000円台でありました。
2,000円以上安く買えてラッキー!
マーケットプレイスではなく販売者がアマゾンなので安心です。

尤も、価格コムのレビューを見ると2017年8月に割引プロモーションが実施され24,000円弱で購入できたとのこと。
情報感度が低すぎることを反省…

商品到着後も情報収集

午前中に注文すると翌日の午前中には到着し、いつもながらの速さに感心します。
厚封筒を開封すると、入っていたのは厚紙のカードが1枚のみ。
ituneカードのように表面を削りシリアルナンバーを得るタイプです。
コインで強く削るとシリアルナンバーも削れることがあるので、やさしく削ることをおススメします。

日中はトレードがあるので銀色部分を削るのとインストールは夕方まで行わず、何となく興味本位で再度Office製品のサポート期限情報を検索してみます。
そしてヒットしたいくつかのサイトを見ていたところ、とあるブログに(掲載場所は隅の備考欄ながら)驚愕の文言を発見します。

Office2016Personalは延長サポートが無い

そのサイトで見つけたのは、(Office2016製品自体の延長サポートは2025年まで実施されるも、)Personalで購入するとメインストリームサポートのみが適用され延長サポートは適用されないとの文言です!

ハァー?

あわてて他のいろいろなサイトを見てみますがほとんどのサイトにそういった記載は無く、延長サポートが適用されないと記載しているサイトは極々僅か。
MSのOffice2007からの買い替え推奨ページにも記載はありません。
そうはいっても、ホントに延長サポートが適用されないならば影響は甚大なため、MSの電話サポートに聞いてみます。

マイクロソフトの電話サポート

電話口の担当者も知らなかったようで暫く待たされます。
そして出てきた答えはやはり、「Office2016Personalは、2020年10月のメインストリームサポート終了を以って全てのサポートが終了する」でした。

ExcelやWordといった単体ソフト自体は、それらをパッケージ化したPersonalやHome&Businessによる違いは無い。
しかし、Windowsの更新とセキュリティでパッチを充てる際にどういったパッケージで購入したかが(シリアルナンバーで)チェックされるため、Personalで購入したExcelやWordであると判明すると更新対象から弾かれる仕組みのようです。

また、パッケージ化されたPersonalで購入したExcel・Wordではなく、それぞれを単品で購入するならば2025年までの延長サポートが適用されるとのこと。
要は、Personalで購入した製品のみ延長サポートが適用されない仕組み。

そこで、すかさず抗議です。
「サポート期限を案内したり買い替えを案内しているマイクロソフトのページにそんなこと一言も掲載されていない」と(ちなみにアマゾンにも)。
しかし、そこで帰ってきた言葉は「掲載を今後社内で検討する」でした…
もちろん、電話口の担当者が悪いわけではないものの意気消沈です…

マイクロソフトの商売にかける姿勢が…

5,000円程安いPersonalを購入すると、使えるのは実質的に2020年10月までの僅か2年9か月程。
しかし、あと5,000円程追加してHome&Businessを買えば、使えるのは2025年10月までの7年9か月程となり5年も長くなる。
更に、私には不要だけどパワポも付いてくる。
一般個人が使うなら新機能など不要でセキュリティパッチさえ提供してくれればよく、この事実を知っていればあえてPersonalを購入する人はいなくなるのではないでしょうか?

なぜこんな仕様にするのか?

もしかしたら、2020年のメインストリームサポート期限が迫ったら抗議の嵐で延長サポートを適用するかもしれない。
しかし、そうなれば情報収集をしっかりとやり、敢えて値段の高いHome&Businessを買ったユーザーが猛烈に抗議するのではないでしょうか?

アマゾンで返品

尤も、ずっと意気消沈しているわけにはいきません。
購入元のアマゾンに返品の申し出をします。
事情を話すと、「不十分な商品内容案内」として即座に返品手続きを開始してくれました。
有難い。

送信してくれたメールによる手続きに沿って、郵便局の着払い扱いで返品となりました。

Excel、Wordをそれぞれ単品購入

一度はHome&Businessを購入しようとするも

返金は先になりますが、いつまでもOffice2007を使い続けるわけにもいかずOffice2016Home&Businessを買うことにします。
専業個人投資家にパワポは不要なのに…

再度価格コムで値段をチェックすると、37,000円台とPersonalよりも5,000円程高い…
そこで、またまたアマゾンをチェックすると34,000円程と3,000円以上安いのを発見。
「さあ買おう」とクレジットカードを用意します。

単品購入のお得さに気付く

しかし、ここであることに気付きます。
私はExcelとWordだけ使いたいのであってパワポは不要(Outlookも不要)。
であるならば、それぞれを単品購入すればいいのでは?
もちろん、それぞれ2台ずつで使用できます。

ということでまたまた価格コムとアマゾンをチェックすると、通常はそれぞれ16,000円弱ですがアマゾンでは14,000円台半ば。
合計で29,000円強となり、Home&Businessと比較し5,000円程安くなります。
当然ながら単品をアマゾンで注文します。
そして、あっという間に到着。

Office2007をアンインストールして、Excel・Wordをそれぞれインストールします。
特に問題なく終了です。
まだまだ慣れませんが基本は同じです。
トレードをする際、楽天証券のリアルタイムスプレッドシートを利用するのでExcelが欠かせません。

今後もMSには振り回されるのかもしれません。
ちなみに、私はスマホ証券ワンタップバイを使い複数の米株をマニュアル積立で購入していますが、MS株式は購入していません。

それにしても、今回はインストール直前に興味本位の追加情報収集をたまたま行い、更にたまたま見つけたブログに「Personalは延長サポート対象外」との情報が掲載されていたおかげです。
ホントに助かりました。
ありがとうございました。

やや長くなりましたが、本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

追記~Excelが遅い

今回購入したExcel2016をPCにインストールして使っていますが、その重さ・遅さには閉口。
その重さ・遅さを少しでも解消しようと工夫しています。

Excel2007からExcel2016に乗り換えた Excelはトレードの必需品 私は専業投資家として株式先物・株式のデイトレを行っており、その際に楽天証券のリアルタイムスプレッドシートを利...

追記~買い切り制から課金制に完全移行?

どうもMS-Officeが課金制に完全移行するようです。
NYのヘッジファンドマネージャーが明言しています。

OfficeソフトのExcelは株式トレードの必需品 私は株式・株式先物の専業投資家です。 サラリーマン時代の債券・金利ディーリングを含め、20年以上相場と格闘しています。 その際の必需品が...

追記2~Excelが突然自動計算しなくなった

Excelを使用中に突然自動計算しなくなり慌ててしまいました。

Excelは株式トレードの必需品 データ管理・売買サイン点灯等に欠かせない 私は株式・株式先物のデイトレを主に取引しています。 そして、その際の必需品はマイクロソフトのExcelです。 デ...
スポンサーリンク