喪がない天皇退位・元号変更は景気にプラス~途切れない消費意欲

start

大発会のモーサテは株式ストラテジストだらけ

昨日のテレ東モーサテは各社の株式ストラテジストが勢揃いして、今年の株価推移予想をしていました。
今年の予想が大きく外れたら、年末の懺悔番組に出演かもとの脅しもありましたが…
ちなみに、昨年末の懺悔番組に出演していた投資家サイドのストラテジストは今回出席していませんでした。
結構、好きなんですけど…

基本的に株式ストラテジスト(特に証券会社の)は相場にブル(強気)です。
なぜなら、自社で買ってもらわないと商売あがったりだからです。
相場が上がればお祭りのように盛り上がりますし。
売りを推奨し仮にその通り下がった場合、推奨に伴い売りの手数料が入ってもその次の商売につながりにくいことも要因です。
再度買い推奨してその通り買ってくれれば、往復分の手数料が入って万々歳なのですけどね。

天皇の喪に関する考察

番組の中で一人のネット系証券のストラテジストが、来年に実施される現天皇の退位と新天皇の即位に言及していました。
内容としては、

喪に服する期間無しに退位と即位が実施されることは、人々の高揚感が高まり景気にとって有益

とのことでした。
その通りでしょう。

喪に服すると短ければ半年、長ければ1年以上消費が停滞します。
昭和天皇の時は、病気で入院したことで前倒し的に消費も一部控えられました。
当時は、バブルが最高潮に盛り上がっていた時なので耐えられたのでしょうが…
昭和天皇が入院した際、自動車のCMで出演歌手による「お元気ですか~」というセリフが口パクになったことが思い出されます。

タイ前国王の際は実際に景気の下押し圧力につながりました。
タイと同様に日本の天皇に関しても、生前退位が実施されなければ同等かそれ以上の悪影響が出る可能性がありました。
もちろん、上皇になっていても逝去の際は喪に服し消費に下押し圧力がかかるでしょうが、それでも既に新天皇が即位しているので影響は少しは抑えることが出来るかもしれません。

一日本人としては、退位後も出来るだけ元気に長生きしてほしいのですが、一人の人間の寿命が景気に影響を及ぼすことも、その影響を心配しなくてはならないこともあるのですね。

スポンサーリンク