我が家でやかんがティファールの電気ケトルに入れ替わった日~おススメです

kettke

お湯を沸かすためのやかんが電気ケトルに入れ替わった

我が家では長年、というか少なくとも私が生まれてから40年以上お湯をわかすのはやかんでした。
お茶を飲むにもコーヒーを飲むにも、カップ麺を食べるのにも。
私が実家を離れてからは、実家では保温機能のついた一般的な電気ポットを使っていますすが…

しかし、世の中は変わりました。
電気ケトルです。
まずデザインが小奇麗。
保温機能の付いた白に花柄の電気ポットとは比べ物になりません。
ちゃぶ台が似合いません…

10年程使っていたやかんがあまりにも汚れたので、買い替えを検討していた際に私の目にCMが飛び込んできました。
ティファールです。
すぐに近くの家電量販店に向かいました。
売り場で目にしたのはいろいろな種類に容量違い、そして豊富なカラーバリエーション。

モノは良さそうなので価格コムで値段をチェックすると、大手通販サイトが一番安かったので家に帰って早速注文です(家の近くのお店の方、ごめんなさい)。
翌日には到着しました。

電気ケトルの使い勝手

便利で安全、更に省エネな電気ケトル

まず、火を使わないので安全です。
ガスと違ってちょっと目を離しても危険性はありません。
湧いたら自動的にスイッチが切れるので、吹きこぼれる心配も空焚きの心配も不要です。
そして簡単です。
お水を入れスイッチをポンと入れればお湯が沸きます。

更に省エネです。
もともと電気はガスよりもエネルギー効率がいいので、お安くお湯を沸かせます(IHなら同じく省エネなのかな?)。
更には早い。
CM通り、「あっという間に直ぐに沸く ティ~」です。
これもエネルギー効率がいいからでしょうか。

電気ケトルに変えてからは、少量ならばそば・うどん・素麺・パスタなどをゆでるお湯も、まずは電気ケトルで沸かしてからお鍋に移すようになりました(移したのちにカルキ飛ばしのため暫く鍋で沸騰させますが)。
何で早く電気ケトルに変えなかったのかと後悔します。

電気ケトルは種類も豊富

私が使っているティファールの他にも象印やタイガー魔法瓶、大手家電メーカーのパナソニックに最近白物家電を多く出しているアイリスオーヤマなど、たくさんのメーカーが参入しています。
競争が激しければ、それだけ機能が向上しお値打ち価格になるのでありがたい限りです。

保温機能の付いたポットでは、象印が2001年にサービスを開始したポットを使った見守りサービスもあります。
高齢者が頻繁にお茶を入れる習慣を利用した見守りサービスです。
月額3,000円とやや高い気もしますが、ニーズは大きいようです。

ガスでやかんを使っている方は、一度電気ケトルも検討してみてはいかがですか(思いのほか安いですし)?
私は、「簡単・安全・省エネ・早い」でとても気に入りました。

スポンサーリンク