布団乾燥機のカラリエで寝る前の布団を温めると至福の時間がやってくる

bed

平成最強寒波に震え上がる

寒さが厳しい

今週は平成に入り最強の寒波が日本列島を襲っています。
北海道ではマイナス30度を下回り、東京でも48年振りの寒さとか。
おっさんなのに冷え性に悩まされる身としてはホントに堪える寒さで、普段節約のためあまり上げていない暖房温度も高めに設定して耐えています。

寒さが厳しいとエアコンが壊れやすい

幸いにして水道管の凍結やエアコンの故障はありませんでしたが、結構冷や冷やモノでした。
前回大雪が降った4年前はエアコンが壊れたからです。
朝、スイッチを入れ1分ほど経過した頃に「ヒュンッ」という音が室外機から聞こえたかと思ったら、エアコン本体の電源ランプが点灯から点滅に代わりそのまま復活することはありませんでした…

部屋備え付けのエアコンだったので不動産会社に連絡し交換してもらいましたが、寒さで故障したエアコンが多かったらしく結局交換が完了したのは4日後。
その間、規定で灯油ストーブを使えない我が家のリビングではダウンジャケットを着て毛布に包まるしかありませんでした…

布団乾燥機は快眠の最強の友

布団乾燥機で寝る前の布団を温める

そんな寒がりで冷え性の私にとって、冬の寒い時期に欠かせないのがアイリスオーヤマの布団乾燥機カラリエです。
もちろん、なかなか布団を外に干せない中でダニ退治などに使うこともありますが、メインは寝る前に数十分間布団をあたためるために使います。

小型の本体から蛇腹状のホースを伸ばし布団に入れ、ピッとスイッチを入れるだけ。
温めモードやダニ退治モードなどがあり、温度設定を変えられるうえに時間も最長120分まで選択できます。
私は毎日寝る直前に温めモードを15分か30分稼働させており、冷え性のきつい足先も布団にもぐりこんだ瞬間に暖かくなり、寝る直前に正に至福の時間に浸ることになります。

湯たんぽよりも簡単で快適

この製品を使う前は古風ながら湯たんぽを使っていましたが、当然ながら温まる箇所は湯たんぽの辺りだけ。
お湯を沸かす手間と時間もかかります。
しかし、布団乾燥機なら稼働させる時間と温度にもよりますが、軽い羽毛布団で使えば足元から腰・胸のあたりまで十分に温まります。
お湯が漏れてしまうこともありません。

布団に入りブルブルすることが無くなり寝入りも良くなりました。
羽毛布団だと、温まると同時に外に干したようにふかふかになるのも嬉しいポイントです。
冷え性に悩んでいたり、布団が冷たく寝つきが悪いなどと悩んでいるようであれば検討してみるといいかもしれません。

アイリスオーヤマがお気に入り

使い始めて1年が経過しますが、この布団乾燥機は我が家では二つ目のアイリスオーヤマ製品です。
最初に購入したのはLEDのシーリングライトです。
購入したのは3年程前でしょうか。
コスパが高く大満足です。
シャープや三洋電機・パナソニックなどの出身者たちが、白物家電の得意分野で活躍しているようでうれしく思います。

パナソニックや日立などの大手メーカー製品もいいですが、最近はアイリスオーヤマやツインバード工業などの製品も結構気に入っています(DCモーター制御の小型扇風機はツインバード工業製を使用しています)。
選択肢が広がると競争原理が働くので、一般消費者にとっては嬉しい限りです。

スポンサーリンク