信託報酬下げを受けeMAXIS Slim先進国株式に毎日積立を乗り換えた

fund

インデックスファンドの信託報酬水準引き下げラッシュ

2016年あたりからインデックス型投信で信託報酬の引き下げやDC(確定拠出年金)専用低コスト商品の一般向け販売開始、既存投信の信託報酬引き下げが目立ってきました。
そして、昨年も9月にみずほ系のアセットマネジメントOneがたわらノーロードシリーズの信託報酬引き下げを発表し、12月にはニッセイアセットが一部投信の引き下げを発表しています。

たわらノーロードシリーズの内で先進国株に投資する投信は、一般向けだけでなくiDeCo及びつみたてNISA向けにも販売されていることに加え、信託報酬以外にかかる諸費用も抑えられており、信託報酬水準がより低いニッセイアセットの同タイプの投信よりも合算の費用率が低く競争力があります。
ちなみに、上記信託報酬以外にかかる費用は実際に運用報告書で確認する必要がありやっかいです。
詳細は、12/19付投信で負担する費用は実際はもっと多いをご覧ください。

三菱UFJ国際投信のeMAXIS Slim先進国株式が信託報酬水準を劇的に引き下げ

eMAXIS Slimが信託報酬を驚異の値下げ

そうした中、昨年末の12/29に三菱UFJ国際投信がeMAXIS Slim先進国株式の信託報酬引き下げを発表しました。
税込0.20412%⇒税込0.11826%で税抜ベースでは一気に半分にしました。
年内最終日で動きが取れないことを狙ったのは間違いありません。
ニッセイアセットに並ばれた水準を再度一気に引き離しました。

詳細は、姉妹サイトの投稿をご覧ください。
たわらノーロードシリーズやニッセイアセット商品の信託報酬引き下げについても、姉妹サイトにてご紹介しています。

eMAXIS Slim先進国株式に乗り換え

三菱UFJ国際投信の措置を受け、私も積立中の先進国株インデックス投信を乗り換えることにしました。
実は、ニッセイアセットのニッセイ外国株式インデックスファンドは、信託報酬以外にかかるその他の費用が高く、年率0.12%(直近決算)ほどかかっています。
一方で、eMAXIS Slimはまだ本決算を通過していないものの、同じマザーファンドの商品では0.10%弱(直近決算)。

結果として、信託報酬とその他費用を合算すると商品間の差は0.12%ほどに拡大します。
まあ、その程度と言えなくもありませんが、払わなくてもいいのなら払う必要はないので乗り換えです。
eMAXIS Slimの信託報酬水準変更日は1/30ですが現在でも合算費用率がニッセイアセットの商品よりも低いので、早速新規積立分の注文を変更しました。
既に保有している分も、既発注済注文の決済が完了したら移すつもりです。
どちらもSBI証券で扱ってるので。

無印eMAXISシリーズに注意!

ここで一つ注意すべき点があります。
実は、eMAXISシリーズには低信託報酬型のSlimが発売される前から各アセットに応じた投信がラインナップされており、例えば同じ先進国株型投信でも
「eMAXIS Slim先進国株式」と「eMAXIS 先進国株式(無印)があります。

見た目の違いは僅かですが、商品性には大きな違いがあります。
Slimの信託報酬は1/30に引き下げ後は税込0.11826%ですが、併売する無印型の信託報酬は税込0.648%です。
その差は0.50%を超えます!
マザーファンドが同じなので、その差は単純に運用成績に差になります。

今後購入する際やこれまで購入してきた分に関し、今一度チェックすることをおススメします。
商品名を分かり易くした方が親切なのにそのままにしているのは、間違えて買う人がいるからかもしれません…

スポンサーリンク