カテゴリースラッグが日本語だとSearch Consoleで404エラー大量発生

modify

当ブログはBloggerからワードプレスに引っ越しを経験

私は当ブログを2017年8月にグーグルのBloggerからワードプレスに引越しました。
使い勝手などを考慮しての決断でした。

2017年1月にアメブロでブログを開設し、諸般の事情ですぐにgoogleのBloggerにお引越し。 少しはブログ運営にも慣れてきたので、思い切ってBloggerからワードプレスに引っ越しま...

かなりのIT音痴の私にとってはわからないことだらけで、現在でもいろいろと試行錯誤中です。
不具合発生時や使い勝手が悪いと感じれば、すぐにネットで対策を探す毎日です。

クロールエラーだらけ

カテゴリースラッグの日本語表記

そうした中で困っていたのが頻発するクロールエラーです。

Google Search Consoleで確認し、原因のわかっているモノ以外にも頻繁に404エラーが表示されます。
とても長いURLがエラーとなります。
「何だよこれ」と思いながらもほぼ諦めけていたのですが、ひょんなことからもしやと思うことが頭に浮かびました。

それが、「カテゴリーの日本語表記」です。

カテゴリーは投稿を分類するもので、私のブログの場合は「投資一般」「スマホ証券ワンタップバイ」や「スマホ」などいくつか設定しています。
もちろん分かり易さが第一なので日本語表記です。

カテゴリーが日本語ならURLもデフォルトで日本語

私が使っているテーマのSimplicity2だけなのか、ワードプレス全般なのかはわかりませんが、カテゴリーを設定してそれぞれのカテゴリー一覧をWEBで表示させた際のURL末尾には、設定したカテゴリーが組み込まれます。
そして、設定したカテゴリーが日本語ならURL(カテゴリースラッグ)もデフォルトで日本語になります。

しかし、OSが日本語に対応していなければ日本語をアルファベットや数字「%」などの記号で表記することになり、URLが物凄く長くなります。
試しにエラーのURLをコピペしてみると、とんでもなく長くなりました。

ちなみに、スラッグの説明には、
「”スラッグ”はURLに適した形式の名前です。通常は全て半角小文字で、英数字とハイフンのみが使われます。」
とご丁寧に書いてあります。

日本語はURLに適していないということです。

対策を実施

そこで、スラッグをアルファベットに変更です。

カテゴリー内の編集をクリックすると、スラッグ欄にはカテゴリーに設定した日本語がそのまま表示されているので、アルファベットで入力し直しました。
変更後にPCで各カテゴリーを表示してチェックしてみると、URLは全てアルファベットに。
そして、数日が経過。

久し振りにGoogle Search Consoleにログインしてみると、あの長いURLでのクロールエラー発生数が更に増加していました(404エラー)。
日本語表記カテゴリーURLのページが無くなってしまったから当然です。
まだBotがうまくクロールしてくれていないようで増加していく可能性がありすが、時間の経過とともに減少していくことを期待します。

追記~プラグインを導入

Botが徐々に正しくクロールしてくれるのを待とうと思っていたのですが、手っ取り早く解決するためプラグインを利用することにしました。
「Redirecrion」
です。

設定すると、旧URL⇒新URLに自動でリダイレクトしてくれます。
「%」などを含んだ長い旧URLから、アルファベットの新URLにリダイレクトさせます。

このプラグインを使えば、現在契約しているXサーバーの「.htaccess」で別件をリダイレクト設定している分も、ワードプレス上でリダイレクトが完了するので今後修正する予定です。

やっぱりわからないこと、知らないことだらけで日々勉強です。
それも楽しい!

スポンサーリンク

シェアする