1万円台の激安ロボット掃除機でも超便利で好コスパ

Amazonプライム会費をクレカ無しでも登録済みギフト券で払えるようになってた

gift

アマゾンプライムは割安で魅力がいっぱい

僅かな会費で配送手数料が何度でも無料に

私はアマゾンで度々買い物をします。

しかし現在では2,000円以上の買い物でないと送料が無料にならず。
しかも、時間指定をするには2,000円以上の買い物でも追加料金が必要。
時間指定をすれば再配達になるケースが減るので配送業者の負担が減り、結果としてアマゾンが配送業者に支払う配送料負担も減ると思うのですが…

尤も、アマゾンプライムに加入すると買い物金額に関係なく送料無料、且つ時間指定の追加料金も不要。
その他にもお急ぎ便の利用、無料で映画などを楽しめるアマゾンプライムビオ、100万曲以上を無料で聞けるアマゾンプライムミュージック、など特典がいっぱい。
年会費は3,900円、もしくは月会費で400円。
⇒年会費4,900円、もしくは月会費で500円に値上げされました…

アマゾンプライム会費をアマゾンギフト券で支払うのに一苦労

クレカを登録していないと自動更新されず

無料期間が2017年1月に終了し、それから一年が経過。
2018年1月に入り更新時期を迎えました。

私はアマゾンで買い物をする際にその都度クレジットカード情報を入力し、買い物が終了すれば即座にクレジットカード情報を削除。
そのため、アマゾンプライムの期限が到来するとアマゾンからメールを受信。
クレジットカードが登録されていないため年会費の決済ができないとの内容で。
つい先ほどまで流れていたアマゾンプライムミュージックも止まりました。

年会費をアマゾンギフト券で支払う

そこでマニュアルで更新手続き。
但し、クレジットカードで決済するのではなくAmazonギフト券で支払います。

というのも、JCBの「JCBカードを使って全員Amazonプライム会員になろう!」キャンペーンに参加する際に購入したギフト券が残っていたから。

JCBでアマゾンプライム年会費1年間無料キャンペーン~2018/1/15迄
対象カードは限定されるものの、サイトにに登録の上でJCBをアマゾンで2万円以上使うと、アマゾンプライム年会費が1年無料になるキャンペーンを実施中。シークレットキャンペーンのようで、検索にもコツがいる。

登録済みAmazonギフト券で決済できないトラブル発生

アマゾンのPCサイトにログインし、アカウントサービス⇒プライムと進むとページ左側にクレジットカードが登録されていないため更新できない旨が表示されています。
そこで、ページ左側で支払方法変更をクリック。

クレジットカードの登録や携帯電話のキャリア決済、Amazonギフトカードのギフト券コード新規登録などを選べます。
私は既に登録済みのAmazonギフトカードで決済するので、クレジットカード登録欄のすぐ下にある「Amazonギフト券残高を使用」をチェックしようとしますが、どうやってもチェックできません。

ヘルプデスクに助けを求める

そこでヘルプで聞きました。
すると教えてくれた内容は、
「アマゾンプライムはクレジットカード決済を前提にしているので、クレジットカードを登録していないとギフト券支払いに変更できない」
とのことでした。

何それ!
面倒クサッ!

仕様がそうならばそうせざるを得ないので、やむを得ず一旦クレジットカードを登録。
すると、あっさりと前記「Amazonギフト券残高を使用」をチェック出来て決済も完了。

スポンサーリンク

クレカ登録なしでもギフト券で払えるようになった

2018年12月6日から、クレカ登録なしでも登録済みギフト券で支払うことが可能になりました。
PR TIMESにプレスリリースプレスリリースが掲載されています。

クレカを保有していない人なども取り込むと共に、あまりにもクレームが多かったのでしょうかね?
いずれにしても使い勝手が改善されるので良しとしましょう。

アマゾンは、ポイントサイト経由などではポイント付与が殆どされないのが悩みのタネ。
しかし、JALマイレージはゲットできます。
しかも、クレカ・代引・アマゾンギフト券などの決済方法の種類は問いません。

【AmazonでJALマイル】Amazon利用時はJALのHP経由がお得
アマゾンはポイントサイト経由では殆どポイント付与対象外。一方、JALのサイトを経由することでJALのマイルをゲット可能。表面上の還元率は0.5%であるも、特典航空券に交換すればその価値は6倍以上になることもある。ギフト券や代引決済でも可能。

アマゾンマスターカードで国民年金保険料を支払ってもポイント付与対象外

アマゾンで買い物をする際、三井住友カードが発行するアマゾンマスターカードを利用する方も多いと思います。
アマゾンプライム会員ならクラシックカードでも2%分のポイントを貰えますし、アマゾン以外の利用でも1%のポイントを貰えることから、今や高還元カードと言える水準。

しかし注意点があります。
それは、国民年金保険料をアマゾンマスターカードで支払ってもポイントを得られないこと。
三井住友カードのサイトのクレジットカードの基本情報※7に記載されています。

マジっすか?
知らないと大損…

自営業者などの1号被保険者は自分で保険料を支払う必要があります。
そして、1年や2年分を前納すると毎月支払うのに比べて割り引かれるため私も前納扱いにしています。
クレジットカードでの支払いも可能。

但し、多くのクレジットカードでポイント付与対象なのに対し、アマゾンマスターカードは付与対象外。
1年前納で約20万円、2年前納で約40万円の支払いで、1%還元のカードならそれぞれ約2,000円分、約4,000円分のポイントを付与されるはずがゼロでは泣くに泣けません…