NISA口座開設済でも新規購入できない?~再開設が必要の場合がある

paper

つみたてNISAと通常型NISA

今年からつみたてNISA制度が始まっており、既につみたてを開始している方も多数いることでしょう。
私はいろいろと検討した結果、今年は通常型のNISAをそのまま利用しています。

ここで制度の違いをおさらいします。

つみたてNISA

年間購入枠40万円で定期的なつみたて購入のみ。
売却益・分配金が非課税。
期間は20年。
積立対象は金融庁に認定された投信のみ(低コストのインデックス投信や一部アクティブ投信)。

通常NISA

年間購入枠は120万円、つみたてに加えてスポット的な購入も可。
売却益・分配金・配当が非課税。
期間は5年であるも、5年経過時に新枠内でそのままロールオーバーが可能。
暦年で2023年購入分まで制度存続(その後も延長されるかは不明)。
対象は上場株式・ETF、株式投資信託。

損益通算と損失の繰越、売却後の枠

いずれのNISAも課税口座(特定口座、一般口座)で発生した損益と損益通算不可
また、損失を翌年に繰り越すことも不可
売却しても、空き枠として復活することは無い

非課税期間終了時の取り扱い

いずれのNISAも非課税期間終了時は課税口座に入るも、課税口座での簿価は非課税期間終了年の年末単価となる。
その後売却する際に、NISA枠での購入時より売却時の価格が下落していても、購入時単価>売却時単価>非課税期間終了時単価のケースでは、損失となるのに売却益が発生したとして課税されてしまう。

NISA口座を開設済みでも取引できないケースがある

実は金融機関にNISA口座を開設済みでも、2018年に入りNISA口座で新規購入できないケースが発生しています。
理由は、マイナンバーを通知していないためです。

昨年金融機関各社は、NISA口座開設者に対し2017年9月末までにマイナンバーをNISA口座開設済み金融機関に通知するよう呼び掛けていましたが、その通知をしない人が多数いたのです。
そのため、NISA口座はあるものの新規購入できない状況になってしまいました。

ちなみに、新規で購入できないだけで既に購入し保有している分に関しては、購入年を含めた5年間は売却益・配当金・分配金が非課税となります。

2018年以降もNISA口座で購入するために

2018年以降もNISA口座で新規に購入するためには、本来の手続き通り2018年以降も有効なNISA口座を再開設する必要があります。
NISA口座を開設したい金融機関でNISA口座開設手続きを行いましょう。
もちろん、マイナンバーの通知(マイナンバーカードのコピー等)が必要になります。

iDeCo・NISA・年金
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
投資収益で温泉地リゾートに移住したい