民事再生申請したフリーテルのプラスワン、今年の4月まで使ってたよ

倒産

フリーテルのプラスワンマーケティングが民事再生手続き

昨日12/4にフリーテルを運営していたプラスワンマーケティングが民事再生手続きを申請し、東京地裁に受理されました。
タレントを使った派手なテレビCMや、携帯端末事業で海外展開を展望するなど目立っていましたが行き詰まりました…

9月末にMVNO事業を楽天モバイルに譲渡契約済みでユーザーは今まで通り通話・通信が出来ますが、割賦も含めてフリーテル契約時に購入した端末のアフターサービスは、以前と同様に民事再生を申請したプラスワンが実施するので影響は大きそうです。

因みに、端末購入後に半年経てば新しい端末に無料で交換できるサービスの「とりかえ~る」は新規受付が停止されています。
既契約者に対してはスポンサー企業次第のようですが、そんなサービス元々現実離れしているのでダメでしょうね…
このサービス目当てで契約した人は、楽天との通話・通信契約はそのままで、端末は交換できないのでは?

今年の4月までフリーテルを契約していた

4/30付UQモバイルにMNPしたぞっ!で投稿した通り、私は今年の4月までフリーテルで格安simの回線契約をしていました。

契約したのは昨年夏頃で、
キャンペーン中だっとこともあり、1,000円程で通話・通信契約できたこと
各種スピードテスト記事で良好だったこと
から契約していました。

しかし、
年明け以降、目に見えて通信スピードが遅くなったこと
発売されていたフリーテル端末の評判が悪く、相次いでいた新製品のリリースも止まったこと
を受け何となく嫌な予感がしたので、1年未満で違約金は発生するものの前記UQモバイルにMNP、その後は極めて快適に通信しています。

採算厳しいMVNO事業

各種メディアで報道されているように、MVNO事業は本当に儲からないのでしょう。
そのため、ちゃんとした親会社によるサポートに乏しい独立系MVNOは、今後も多くが淘汰されていく可能性があります。

それにしても、キャンペーンとはいえ通話と高速通信で月額1,000円とか、端末購入後半年経てば新端末に交換など、あまりにもおかしいでしょ。
現在mineoがキャンペーンを実施中ですが、何と言ってもバックには関西電力がいますから大丈夫でしょうけど…

因みに、キャンペーンで加入者が急増しているからか、私の家族が使っているmineo(A)は現在劇遅です…
年明けにUQモバイルにMNPの予定です…

スポンサーリンク