日経新聞に掲載されている私の履歴書(江夏豊氏)が面白い

baseball

日経新聞最終面の私の履歴書

日経新聞の最終面には、私の履歴書というコーナーが毎日掲載されています。
経済界だけでなく、政治・文化・スポーツ・芸術など様々な分野の方達や外国の著名人などが執筆し、出生から自分の人生を振り返っていきます。
1956年からスタート。
当初は1週間交代だったようですが、現在は月替わりになっています。

取りまとめて日経文庫から出版されたり、テレビ東京・BSジャパンで放送もされています。
全て読んでいるわけではありませんが、以前から知っている方の意外な出生を知ったりするので面白いですよ。

今月は元プロ野球投手の江夏豊氏

今月は江夏豊氏です。
私は野球少年だったので知っていますが、40代前半より若い方は知らない方も多いと思います。
それでも、「オールスター戦で9者連続三振をとった男」というと聞いたことがあるかもしれません。

見た目は相当にヤバいです…
どこからどう見てもその筋のひとです…
普通にアウトレイジに出演していそうです…

私が知っている江夏氏はでっぷりとした腹を抱えた技巧派優勝請負人のイメージです。
しかし、最初に入った阪神では豪速球投手だったそうです。

私の履歴書の連載はまだ6回ほどですが既に十分面白いです。
政治家や財界人とは一味違います。
12/5だけでも、

・(高校の)監督は野球経験のない素人 中略 技術は一度も教えてくれなかった
・けん制、バント処理など投手には投げる以外にも仕事はたくさんあるのだがお構いなし
・(カーブの投げ方を教えてほしいとお願いしたら、振り向きざまにグーパンチで吹っ飛ばされ)まっすぐでストライクも放れん奴がカーブだと?
・おかげでカーブを投げられないままプロ入りすることになった

などなど。
時代は違いますが、豪快そのものです。

但し、その江夏氏には黒い噂が絶えず、引退後には薬で逮捕され服役もしています…
いろんな意味で豪快、且つ注目を集めていたひとです。
それにしても、薬で逮捕・服役歴のある人物を歴史ある目玉コラム欄に掲載するとは日経新聞は面白い(さすがテレ東の親会社)…

私の履歴書は紙面以外にも、日経オンラインの文化欄で読むことができます。
無料会員でも月に10記事まで読めます。
興味がある人物・回だけでも読んでみませんか?

日々のこと
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
投資収益で温泉地リゾートに移住したい