日本株が壮絶乱高下の動き

悲しみ

高値から一転し急落

ボラティリティが急速に高まっている

本日、日本株が壮絶に値動きの荒い展開になっています。
高寄りした後じり高で上げ幅を拡大し、昼休み中に日経平均先物は前日比+490円(+2.13%)の23,430円まで上昇するも、大口の利食いなどが出て急落。

その後一旦は買い戻しや拾う動きに13時頃にかけ戻すも、買いが止まると一気の下げ…
日経平均先物は14時32分に22,520円まで急落しました…
高値からの下げ幅は910円、率にして3.88%です…

ここ2か月間、押しらしい押しも無くじり高でロングポジションが貯まっていたので、梯子を外されると下げもきつくなります。
少額ながら小型株中心の私の保有株は14時40分現在前日比3%以上のマイナスです…

それにしても、現物が昼休み中に先物で一気に利食いを出すなど外資らしいやり方です…

場中にブログを更新している理由

なぜ場中に、且つ乱高下中にブログを更新しているかと言えば、あまりにも値動きが早すぎてソニーのAIツールに入力するデータの作成が間に合わず相場に参入できていないからです…
12時40分頃に参入して以降諦めました…
指を咥えて見ています…
少額保有するスイング株が下げていくのを…

今後の展開

全く分かりません…
全員参加のじり高は、2012年11月に衆議院の解散言及後から年始にかけての上げや、半年後に発生したバーナンキショックまでの円安を伴った上げのようでした。

上手な人ならじり高後に急速にボラが高まるときは大儲けのチャンスなのですけど…

スポンサーリンク