移住地としての宮古島は魅力度満点

miyako

テレビ朝日系の「イチから住」で宮古島を特集

私の目下の目標は温泉地リゾートに移住することです。
先立つものはもちろんお金ですが、それは別として移住先をいろいろと調べています。

そうした中で、テレビ朝日系で放映されている「イチから住」という番組をたまに見ます。
タレントが3か月程度移り住み、現地で仕事を見つけ生活するという内容です。
番組で短期移住しているのでギャラも発生し生活の切迫感はありませんが、住宅事情や仕事事情を少しは垣間見ることが出来ます。

現在は柔道オリンピックメダリストの篠原さんが、沖縄県の宮古島に移住しています。

宮古島生活を考える

宮古島の魅力

移住ではないものの、5月にも同番組で特集をしていました。
その時も思いましたがやはり青い海と広い空は南国そのもの、且つのんびり具合は格別です。

そして、再度調べてみたところ宮古島には天然温泉があるのです。
その名も宮古島温泉。
日帰り温泉施設で何と源泉かけ流しです!

私が移住先を選ぶ際の最重要項目である温泉があるのです。
流石に自宅に引くわけにはいきませんが、南国なので毎日温泉につかることは無いでしょうし、入りたいときに入れるならば十分です。

問題が山積

但し、いくつか問題があります。
まずは、住宅です。
いきなり購入するのはリスクが高いので最初は賃貸になると思いますが、現地に知り合いがいないことに加え、移住時は定職がないので探すのに苦労しそうです。

次に、仕事です。
現在のように専業投資家生活を続けられるならば高速ネット回線さえあればいいのでクリアできますが、運用の失敗が続いた末に働く場合は主な産業が観光・建設・農業となり全て未経験です。
まあ、何とかなるとは思いますが…
但し、そういう甘い考えの人は行き詰まって結局帰ってしまうとも聞きます…

あとは、地理的条件でしょうか。
中国が近いですから…
大気汚染はもちろん力づくの脅威も…

最後に注意点として、引っ越し代がバカ高です。
首都圏からなら数十万円は当たり前で百万円超えもあり得ます。
必要最小限のモノを持っていき、残りは現地調達が吉です。

クリアすべき点はいろいろありますがかなり魅力的です。
早く移住したい…

スポンサーリンク